パソコンで遊びたいなぁ~!

今年のバラ園はここで終わりです

正に、今が旬のガーデンでしたが、小田原に近いのではないかと思うローカルの町から更にバスに乗って田園風景の真ん中にある施設でした。
都会の名勝と違ってそこそこの人が出ていたのに人にぶつかりはしなかったし、トイレも全然問題は無かったです(笑)
新宿御苑のお花見シーズンはトイレの列も半端では無くビックリしますが、至る所にベンチや椅子がありとってもありがたかったです。


b0078675_13060520.jpg



b0078675_13060915.jpg



b0078675_13061182.jpg



b0078675_13061451.jpg



薔薇以外にもクレマチスとかポピーが綺麗でした。
とにかく、今が一番の見頃でしょうね。



b0078675_13063850.jpg





季節外れになったら何だか寂しい風景が想像できますけどね。


県の運営も大変だと思います。

本来ならば、ハウステンボスのバラ祭りに行っている時期なのですが、取りあえず満足できる風景でしたので良しとしましょう113.png


[PR]
# by ma-kom | 2018-05-16 13:19 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)

花菜ガ―デン

花菜ガ―デンと言う所に来ています。
ハイツのお仲間とのお出かけです。

秦野からバスで2~30分の所にあるガ―デンですが初めて来ました。

b0078675_11462101.jpg



今日は気持ちの良いお天気ですが、ちよっと風が強いのが残念でした!


b0078675_11490863.jpg




b0078675_11495566.jpg



クレマチスの花が凄く可愛い113.png


お弁当を食べて帰ります。




[PR]
# by ma-kom | 2018-05-15 11:39 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)

今日と言う日

良いお天気です。

梅雨までの束の間の幸せなひと時。
また夏日になりそうですが、接骨院の帰りに散歩をしました。

頸椎の痛みから頭もフラフラ、足の筋肉もヨタヨタでなかなか上手く歩けないのですが、ハイツの中は唯一杖が無くでも大丈夫です。




本当に新緑が美しく(*^^)v
寄り道ばかり・・・ウォーキングには程遠いかも111.png


b0078675_12400619.jpg



「この季節が一番美しい」と言っていたやすべいさんは今年のこの季節を感じる前にあちらに行ってしまわれました。




b0078675_12400999.jpg



梅雨が始まる前のこの瞬間を堪能しないと損ですよね。



多分10数年前に描かれた水彩画だとは思うのですが、お人柄が出ていて優しいですね。
今年100歳で亡くなられたので、80代の作品だと思うのですが、ご自分の絵にフレームを付けて遊んでいました。


b0078675_12491424.gif





[PR]
# by ma-kom | 2018-05-14 13:00 | 思い出 | Trackback | Comments(0)

日曜でありがとう!

b0078675_11175357.jpg



気が付いたら今日は母の日ですね。白いカーネーションを飾るのでしょうが、出来れば青い=紫の花が好きでしたのでそうしたい所ですが・・・・・・。(;_;)/~~~


b0078675_10374083.jpg






b0078675_10374599.jpg




もはや、生花を購入する事は夢のまた夢・・・・。16,200円あったら温泉に行きたい113.png
価値観が少しずつ変わって来たのですね。



母は78歳で倒れてから懸命な介護のお陰で(笑)で81歳の時にはこんなに元気になりました。


b0078675_10531312.jpg


でも多分、私の方はこの時には発病していたかも・・・・。
2年間は家での療養生活をしていましたね。でも、母にとってはそれはいつも一緒に居られて幸せだったかもしれません。


日曜日になると「ママ、日曜でありがとう!」と言う俵萌子さんを題材にした日曜劇場を思い出します。
2人の生活のために子供を作らなかった共稼ぎの新聞記者夫婦の出産までの努力と、その後、仕事と育児に奮闘する姿を前後編で描いたホームドラマ。

今朝も、妹とこの話になって俵萌子さんの名前が出て来なくてイライラしていました。(笑)

1965年の作品だそうです。凄いですね・・・・ビックリしますね。



今では毎日日曜だし、昔からも日曜日の恩恵は無いのですが、どうした訳か日曜日はみんなが休みだと思うと安心して

「日曜でありがとう!幸せ微笑んで!いつも一緒に居られるからね!」そんな歌が思い出されるのです。





[PR]
# by ma-kom | 2018-05-13 11:26 | 思い出 | Trackback | Comments(0)

温泉と猫

階下のご夫婦と棟の入り口で会いました。
ご主人のギックリ腰はもうだいぶ良いそうですが、奥様の圧迫骨折は重症の様です。

車で病院へ行ってこられたようでたくさんのお薬を抱えていました。
落ち着くまでコルセットをして耐え忍ぶしか方法は無いようですが、これから暑くなると大変ですね。

ほぼ同じ年齢だと思うのですが、私の方がまだマシ?

そう思うと病院のドクターが「年相応ですよ」と言った理由が分かります。病院にはこんな重症者ばかりだからね。



b0078675_10061201.jpg



父も70代後半の時に激しい腰痛に見舞われ原因が判らず痛みどめの処置だけをしていたのだけれど、結局圧迫骨折と言う事で入院した事があります。別に転倒したわけでもないので判らなかったのですが、その時の総合病院での差額ベッド代が一日20,000円と言われビックリした記憶がありますね。

安いお部屋が空いていなかったようですが、こういう時は頻繁に顔を出して様子を見ないとそのままにされてしまいます。
我が家は高齢になってからの両親の入院で正に入院貧乏になってしまったので、だんだん賢くなって来ました。^_^;

今ではどうでしょうか?この時は一ヶ月くらいかかりました。
骨折はお金がかかります。

3か月に一度の骨粗鬆症のお薬通いはそれを考えたら致し方のない事なのかもしれません。103.png


一人暮らしの友人は足を骨折したのに、無理やり入院をせず松葉つえの生活を選択しました。娘さんに迷惑をかけたくないと日頃から自立している女性です。

所が、慣れない松葉つえの生活で、更に転倒して、今度は顔を打撲・・・・。


形成外科ではここまでが限度と言う事で整形外科を紹介されて、顔の傷は判らなくなりましたが結構な費用が掛かりました。耳の後ろの傷は保険で治したのではっきり残りましたね。


彼女は自立しているので熱海に介護付きのマンションを購入済みでしばらくはそこで養生したみたいですが、そこまでの準備はなかなか出来ません。経済力も必要だし、なかなか勇気のいる事ですよね。


ここまで来たら新聞を読んでいた妹が「趣味が温泉ていう人がいるものね」と声をかけて来ました。
いっぱいいると思うけどね・・・・。

「makoちゃんにぴったりよ」って(笑)


(新トップ2018)マツダ社長・丸本明氏 技術者出身、変革期に挑む
趣味は温泉。3人の子が独立したいまは、妻と2匹の猫と暮らす。


何がピッタリか分かりませんが(笑)
確かに
温泉たまりませんね。113.png


b0078675_10484899.jpg



[PR]
# by ma-kom | 2018-05-12 10:58 | 日常 | Trackback | Comments(0)

もはや別世界の思い出

今朝の朝刊から わがまちお宝館に青森・三沢市の寺山修司記念館の記事が出ていました。


b0078675_10143406.jpg


3月の投稿に楽しかった思い出と言う記事を書いていますが、この記念館が一番心に残っています。


b0078675_10232250.jpg


b0078675_10233143.jpg



b0078675_10264133.jpg


私の10代は寺山修司から始まりました。



最初は何と言ってもメルヘンチックな詩集からでしたが、天井桟敷からはかなり過激になりました。


b0078675_10453850.jpg


横尾忠則さんや宇野亜喜良さんとのコラボのポスターはその時代の象徴でした。何と言ってもアート的には凄い時代でしたから。

状況劇場と天井桟敷の乱闘事件とか、みんな元気な時代でした。


私は状況劇場の土着性には付いて行けなかったのですが、その後の猫友達は状況の劇団員でした。不思議な縁です。






b0078675_10455090.jpg



お二人ともまだ現役と言うのが凄いですよね。

本当にこの記事の様に若い時に引きつけられ、青春を懐かしむ年頃になって戻ってくる。言い当てていますね。

訪れた時も同じ年頃の男性が一人で熱心に鑑賞していた姿がありました。

思わず、声をかけたい衝動に駆られましたが、辞めました。こんな事は初めてでしたが、何となく同じ時代を生き同じ様に感動した同志と言う感覚だったんでしょうね。



数年前にはこんな本も3,000円で売れました。


b0078675_11083394.jpg


でも、寺山修司は憧れで、天井桟敷の舞台もその時は恐れ多くて、先輩たちについて行って覗いたくらいで、近くの喫茶店で当の寺山修司さんがいて、あの上目づかいで睨まれた(?)記憶が忘れられません。

天井桟敷には魔胡ちゃんと言う女の子がいて耳たぶにサソリのタトウをしていた記憶があります。

その子が後に愛のコリーダ―で阿部定役をやった女優さんとはビックリしましたが、1911年に脳腫瘍で亡くなったそうです。


当時
よく観に行ったのは東京キッドブラザースの小屋だったんですけど。
先輩が仲良くしていたので・・・。

確かイラストレーターのペーター・佐藤さんも関係していたような・・・・。
ポスターを描いていたのかしら。画集を一冊貸してあるのを忘れていませんが、1994年に49歳の若さで亡くなってしまいました。


今朝の新聞から随分いろいろな事を思い出してしまいましたが、何だかもはや別世界のような気がします。


[PR]
# by ma-kom | 2018-05-11 12:04 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

とにかく寒い!

涙が出るほど寒いです。

朝一番でコーヒーだけ飲んで接骨院へ行って来ました。


b0078675_11210552.gif



うつぶせになって背中をぐいぐい押されると胃の中のコーヒーがタプタプ揺れてまるでゴム風船みたい。
萎縮性胃炎なので胃が大分薄くなっているせいだと思うけど、これで腹筋などをすると気分が悪くなります。

妹は3か月検診で総合病院まで出かけましたが、帰りは7時ごろになるとの事。

どうしたらそんなに時間を潰せるのやら・・・・。

これも病気かもしれませんね127.png127.png127.png127.png127.png

本当はその総合病院の眼科に行ってランチを一緒にしようと言っていたのですが、余りにも寒く、体中の筋肉が痛いのでパスしました。
接骨院の院長は「裏の温泉でも如何ですか?」と勧めてくれますが、どうせだったら昨日の漢方薬湯の時に行きたかったです。


帰りに集会所の前を通ったら母がコーラスでお世話になった先生が亡くなったとの告知。

母の入院中もお庭に咲いたお花をたくさん持って来て下さった。

順番だから仕方が無いけど・・・・寂しいです・・・・。
ハイツの中にも思い出はたくさんありますね。



b0078675_11384882.jpg




[PR]
# by ma-kom | 2018-05-10 11:47 | 日常 | Trackback | Comments(0)

引き際の美学

急に寒くなって、ご近所の方は軽めのダウンジャケットをお召しになっていました。

おかげで眠たくて、更に寝すぎで目が痛い。
次は眼科?
これが老化と言うものなんですね。103.png

先日テレビで驚いた事が2つ。


ある若手の俳優さんがジュリー=沢田研二さんの事を知らなかった。さらにグループサウンズの事を知らなかった。
沢田研二さんって今でも現役なのにね。

2つ目、30代の音楽グループが滝廉太郎の荒城の月を知らなかった。

小学校の教科書から抜けてしまったのかしら。

『荒城の月』 (こうじょう/くわうじやう・の・つき) は、土井晩翠作詞・瀧廉太郎作曲による歌曲。哀調をおびたメロディと歌詞が特徴。七五調の歌詞(今様形式)と西洋音楽のメロディが融合した楽曲


そう言えば、こんな事件もありました。

東大生協、画家の大作を廃棄「重大さに思い至らず反省」


東京大学(東京都文京区)安田講堂前の地下食堂に飾られていた著名画家の大作が、施設改修で行方不明になっていた問題で、食堂を管理する東大生協が8日、正式に廃棄を認めた。ホームページに「貴重な文化資産である作品を失うことの重大さに思いが至らなかったことを深く反省する」などとした「お詫(わ)びと経緯」を載せた。


時代と共に認識が薄くなるのは仕方が無いと分かっていてもビックリする事件でしたね。



今年も御年94歳となるシャルル・アズナヴールの来日公演が決定しました。
最後の公演と言って11年前に大枚20,000円を払って聞きに行った妹は憤慨しています。

高校生の時からの大ファンで初来日には母を連れて聴きに行ったそうですが、流石に11年前には声量が落ちて哀しかったみたいです。

それから2度も来日して、94歳の歌声はどうなんでしょうね。


b0078675_11103298.jpg










この曲はイザベルという女性に対する思いを妄想的、詩的かつ情熱的に歌い上げられるのですが、語りが大半で曲の中盤でいきなり「イザベル・・・ウヒョヒョ」と狂ったように笑い始めるシャルル・アズナブール



高校生の時に好きなレコードを持ち合う授業があったそうです。
この狂ったような笑いの時にみんなが笑っていたと妹が言っていました。

私は反戦フォークソングにはまっていたのに我が妹は何と情熱な事か!
これではいつまでたっても夢子さんのままであるのは仕方が無いかなぁ~122.png


でも、流石に
長年のファンである妹も、「引き際の美学と言うものもあると」と言っていますが・・・・。


[PR]
# by ma-kom | 2018-05-09 11:28 | YOUTUBE | Trackback | Comments(2)

今日はまた何と寒い事か!こんな日は温泉が恋しい。

今日は朝から寒いです。
身体が痛いけど、今日は接骨院へは行かず、歯の3ヶ月検診日。



b0078675_11231917.jpg

これも問題アリなんですけど、どうしても近場でなくては難しい。
検診だけなので良いかしらとハイツ内の医院に変えたけど、これが問題。
いつの間にスタッフはいなくなり、いつ行っても患者さんもいない。

まさか、アル中でもないだろうとは思うけど、その内手が震えだしたらと妄想しだしたら、歯の治療程恐ろしいものは無い。137.png

決して安くは無いと思うし=3,030円=本格的な治療であれば他に変えたいのだけど、次の予約を要求された。

帰ってきたら、「約束の1分前に電話があったわよ」との事。

向こうも必死なんでしょうね145.png


医院を出た所でギックリ腰になられた階下のご主人に出くわし「接骨院は満員なので一時間後に出直しします。」とのこと。

こちらは毎回超満員で、院長一人での治療なので、その辺も不安。

ギックリ腰のご主人はもう2~3日で大丈夫だと思うけど・・・とおっしゃっていたけど
私は何時まで通ったら良いのかしら?



b0078675_11442101.gif



こんな時には昔から気になっている温泉があります。


b0078675_12042060.jpg


=====【!】お客様へご注意【!】===================
・立地上、館内は階段が多くございます。その為、館内では車椅子のご利用が困難であることを予めご承知おきください。
・空気中の硫黄成分が多く、館内設備の腐食が進みやすいため、館内にエレベーターはございません。
・旅館部から大浴場までは少々距離がございます。
・大浴場および旅館部専用浴室ともに「温泉成分の関係」上、シャワー設備がございません(設置できません)。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
・客室にエアコンは設置しておりません。


*―+*゜。後生掛(ごしょうがけ)温泉。゜*+―*
「馬で来て足駄で帰る」と言われている効能豊かで
秘湯、レトロな情緒を感じる温泉です。
神経痛などに良く効くと高齢のリピーターさんに大人気です。

後生掛の「温泉保養館」と呼ばれる大浴場は、男湯、女湯ともに
「箱蒸し」、「泥湯」、「打たせ湯」、「火山風呂」など
7つのお風呂が楽しめます。

泉質:単純硫黄泉
効能:胃腸病、神経痛、腰痛、リュウマチ、ぜんそく、婦人病、更年期障害、
冷え症など


だけど本当に遠いし、不便ではあるけど一度は行ってみたい湯治場です。



[PR]
# by ma-kom | 2018-05-08 12:16 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(0)

転ばぬ先の杖

とにかく眠たくて眠たくて・・・・。


b0078675_12261642.jpg



それだけ身体が疲れているのか?
毎日何もしていないのに。維持そのものが疲れるのか・・・????


今朝も2度寝をして凄く悩んだのだけど、しぶしぶGW明けの接骨院へ行って来ました。
とにかく身体中が筋肉痛と言うか・・・・。


所が休み明けの接骨院へはもっと重症の人がたくさん。150.png150.png150.png150.png150.png

先日会ったばかりの階下のご主人は「もう通っていないのですよ」と嬉しそうに言っていたのに突然ぎっくり腰になってしまったとか。
同じくらいかしらと思っていたら70歳は越えていらしてそれが無いと元気そうに見えるのですけどね。
奥様は圧迫骨折を3度もなさっていて整形外科に通っているとか・・・・。
ちょっと前まで近くのスーパーでパートをしていて、元気そうに見えたのに。
ご夫婦揃っての不調は大変だと思いますが、他人ごとでは無いですね。
最近は元気な妹も腰だけは痛い痛いと言っているので、これが使い物にならなくなったら我が家も大変。


そのご主人の話では仲良し3人で年に数回は旅行にも行っていたのに、そのご主人の腰痛で行けなくなって他の人にバカにされたのに、その後の飲み会で一人が杖をついて来てビックリ!お互いそう言う年だと再確認されたそうです。

80歳くらいだと判るのに70歳早々では早いですよね。
そう言う私も60代でお出かけには杖をついて出かけます。


b0078675_12480786.jpg


転ばぬ先の杖

仕方が無いですよね。




[PR]
# by ma-kom | 2018-05-07 12:52 | 日常 | Trackback | Comments(0)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
☆銀河☆さん ふるさと..
by ma-kom at 10:17
「ふるさと」makoさん..
by ☆銀河☆ at 23:31
kyonchan54さ..
by ma-kom at 20:13
コンサート・観劇・美術館..
by kyonchan54 at 11:41
この季節は本当に綺麗です..
by ma-kom at 11:45
メモ帳








ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル