人気ブログランキング |

パソコンで遊びたいなぁ~!

カテゴリ:歌舞伎・観劇・美術館・映画( 461 )

梅雨明け

朝一番で接骨院へ行って来ました。

暑い、暑い174.png174.png174.png174.png174.png174.png

たった数分で気分が悪くなりました。後から来た人が言うのには34℃とか・・・・。

まぎれもなく熱中症になりそう。



b0078675_11312765.gif



梅雨明けしたのでこれから一気に夏モードになりそうですが、3か月に一度のクリニックへ行く元気がありません。

バスに乗って、JRに乗って、横浜市営メトロに乗って・・・・。

しっかり準備をしていかねば途中でDOWNしそう。


今日は13時からトム・ハンクスのビッグと言う映画がありますが、先日も めぐり逢えたらと言う映画を見ました。


b0078675_11385574.jpg

1993年製作のアメリカ映画。

本作は1957年の映画『めぐり逢い』にヒントを得ており、重要なシーンとそのテーマ曲が引用されている。


たまたま前日にそのめぐり逢いを見たので、何度か見ているのにもかかわらずその関係性が初めて分かって面白かったです。


めぐり逢いの方は古い映画なので初めてでしたが、昔懐かしいメロドラマと言うか、古き良き時代の大人の恋愛で楽しかったです。


b0078675_11390190.jpg



最近はこんな素敵なロマンス映画は無いですね。


夏の間はエアコンをつけて映画三昧が良いかもしれません。

by ma-kom | 2019-07-29 11:50 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

新聞記者

最近娯楽映画ばかりだったので久々にシビアな話題作を見てきました。


b0078675_16323737.jpg


あまり宣伝もしていなかった割にはこんなローカルな映画館でもそこそこ入っていてビックリしました。



東京新聞記者・望月衣塑子の同名ノンフィクションを原案に、若き女性新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派ポリティカル・サスペンス。藤井道人監督。


普段知らない巨大な闇の世界を見せられて、官僚や政治家は普通の感性ではやっていけないものだと感じました。




ジャーナリストの父親が誤報のために自殺した東都新聞社会部の若手女性記者・吉岡エリカは、総理大臣官邸における記者会見でただ1人鋭い質問を繰り返し、官邸への遠慮が蔓延する記者クラブの中で厄介者扱いされ、社内でも異端視されていた。

そんなある日、吉岡は上司の陣野から大学新設計画に関する調査を任される。極秘情報が記された匿名のファックスが社会部に届いたためだ。彼女が調査を進めた結果、内閣府の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、神崎は自殺してしまう。

神崎の死に疑問を抱いた吉岡はその調査の過程で、内閣情報調査室の若手エリート官僚・杉原拓海と巡り会うが、彼は現政権に不都合なニュースをコントロールする立場でありながら、神崎の死に疑問を持っていた。神崎は彼の元上司だったのだ。立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになる。


普通男女が主役を張る場合は多少の恋愛感情が見えるものですが、主役のシム・ウンギョンさんにはそんなが全く見えず新鮮な感じがしました。


映画を見終わった妹は黒沢監督の「悪い奴ほどよく眠る」を思い出しちゃった。と言っていましたが、暗い闇は昔からあったようです。

どちらも出口が見えない所が深い闇なんでしょうね。


by ma-kom | 2019-07-09 16:53 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

お出かけ

雨だったらいやだと思っていたのですが、今日は国立劇場まで出かけます。

湿気のせいか?歩いていないせいか?足の調子も今一つですが、楽しみにしていた公演です。



b0078675_10430534.jpg

歌舞伎座の方では海老蔵父子で話題を呼んでいますが、チケットはまず取り難いし、最近は混雑する場所にはあまり行きたくはありません。

妹は銀座大好きなんですが、最近な海外の方が多くて、いろいろ不都合な事もありちょっと遠慮したいです。

来年のオリンピックのチケットも応募していないのですが、記念に行きたいという友人もいて悩んでいます。

年齢のせいか?カルチャショックはもうイイヤと言う心境なんです。


その割には1964年の東京オリンピックの事は今でも鮮明に覚えていて、選手村に何度も遊びに行きました。
水泳の練習プールにも問題なく入れて当時のアメリカ人スターを追いかけたりして・・・・。

今では考えられないくらい鷹揚な時代だったのですね。


だから、わざわざ人混みの中には行きたくないし、体力的にどうかと言うと・・・・・分からないです・・・・・。


b0078675_10595965.gif

by ma-kom | 2019-07-06 11:01 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

雨の日のお出かけは無理。

今朝のわが町でも凄い雨が・・・。

思わず予定していた外出を中止してしまったけど、少し小降りになったので出かければ良かったかと少し後悔しています。
月一の集まりなので貴重なのですが、杖を頼りにしているので雨が降ると左手で傘をささなくてはならず、この左腕が未だに50肩の影響か?骨折の影響か?で筋肉が痛いのです。

基本、雨降りのお出かけはちょっと無理。まして今日の様な雨風には足元も救われる。



b0078675_10582967.gif




それにしても,凄いことになっていますね。

何だか国内も海外も想像さえ出来ない出来事が目まぐるしく起こってビックリしますが、自分だけは大丈夫と思っている人多いでしょうけど他人ごとではないです。心が痛みます。



幸せな私は昨日も家で映画を見る事が出来ました。


b0078675_11043421.jpg
『アラバマ物語』は、1962年製作のアメリカ映画。グレゴリー・ペック主演。人種的偏見が根強く残るアメリカ南部で、白人女性への暴行容疑で逮捕された黒人青年の事件を担当する弁護士アティカス・フィンチの物語。当時の出来事を、後に成長した娘のスカウトが回想するという形式をとっている。



心温まる家族の、良い映画でした。

最近はあまり見た事が無いけど、やっぱり57年前の映画だからでしょうか?


先日、ちょっとスカッとしたいと思い、岡田君のアクションが凄いと評判の映画を見ました。


b0078675_11092996.jpg

おばさんとしては確かにアクションは凄かったけど、それだけ・・・・・。



むしろ今見たい映画はこちら。。。。あんまり宣伝はしていなかったけど評判は良いみたいです。


b0078675_11093338.jpg



とにかくお天気にならないとお出かけは難しいのでお天気次第ですが、ローカル駅までは歩きなのでその辺も難しい。

でも、知らなかったけど、続々と楽しみな映画が公開されそうですよ。



b0078675_11172483.jpg



by ma-kom | 2019-07-04 11:25 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

平日午後のコンサート

今朝は湿度が高いです。

昔はこの湿度の高さが好きだったのですが、年々辛くなり、それこそ年相応に苦手になりました。

何があるか分からないのでお出かけには十分注意をしなければなりません。

今日は平日の午後のコンサート に出かけます。


b0078675_10230309.jpg




大袈裟だけど半分命がけの様な心持で出かけます。
とにかく人混みは危ない・・・・。バランスが悪いので転ばないよう・・・・。

でも、まだ大丈夫111.png


先日信州の川沿いを夜歩いていたらカエルの合唱に出会いました。本当にあの唄通り!おばさん一人で大感激!


b0078675_10204620.gif

もしかしたら、初めてかもしれません。

この年齢になっても初体験ってあるものですね127.png


まだまだ知らない日本がたくさんあるようで嬉しくなりました。


今日のニュース記事から

この貧困、自己責任だもの 格差認め自民支える若者たち。

先日の新聞記事も高齢の親が投資で損失を出した時に娘曰く「お母さん、私たちに残す分を減らさないで」

こういう発想が無かったのでビックリしましたが、最近妹が親からの遺産相続をした人の話を聞き羨ましがっています。

でも、何と言っても自由に生きられるのが一番だと思うので今が一番!124.png124.png124.png124.png124.png124.png



by ma-kom | 2019-07-02 11:10 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

今日の出来事

月イチ歌舞伎に歌舞伎の先生がやってくると言うので
行って来ました。

イヤホンガイド解説員の方で上映の前に解説をしてもらえたのでただ単に見るのとは大違い。


b0078675_17150228.jpg

イヤホンガイドは利用したことが無いのですが、こうしてみると奥が深いです。

今回は特に両方とも舞踊なのでその裏にある出来事は見えません。

この演目は何度か見た事があるのですが、何度見ても見飽きないしその都度発見があります。


特に今日は講師の方の説明があると言うので早々に満席になっていました。


地元のローカルの映画館で こんなに混んだのは初めて見ましたし、まあ、おしゃれな高齢者がたくさん111.png

特に例のホテル経営者の女社長のような帽子をかぶり、お洒落をしているグループには、何だか・・・反省を込めてみたり・・・。



確かに銀座通りは似合わない・・・。

お洒落なんだけど、その姿で歌舞伎座には行ってほしくないとか。。。

嫌味ですよね。122.png122.png122.png122.png122.png


年相応のおしゃれって本当に難しいですね。



by ma-kom | 2019-06-27 17:42 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

BSシネマ

最近BSプレミアムの映画に嵌まって13:00からの開始に焦点を合わせての生活をしています。

お昼の時間はついつい忘れがちで裏の温泉も終わった頃の17:00頃から出かける始末。

知らない名作が上映される場合があって楽しみの一つです。

昨日見た映画は題名も存在も全く知らなかった映画でしたが、これが面白かったのです。

久々に涙を流してしまいました。145.png




b0078675_17004757.jpg



サンフランシスコ。4人の女性がマージャン卓を囲み、喜びと運を分かち合う「ジョイ・ラック・クラブ」は、もう30年も続いていた。それぞれに故郷、中国での辛く悲しい過去を背負い、新天地アメリカへと渡ってきた女性達だった。4人には同世代の娘がいるという共通点もあった。娘達は母親の過去や中国を知らないまま、アメリカ人として育った。いま、それぞれが母娘の間に横たわる深い溝に苦しんでいる。それよりも深い愛情の絆で結ばれていることにはまだ、気付かずに……。

エイミ・タンの全米ベストセラー小説の映画化。だそうだが面白かったです。
果たして映画館では出かけたかどうか?は疑問ですがこうした映画をテレビで流すのは貴重な事ですよね。


近々では7/3放送のアラバマ物語です。


b0078675_17110457.jpg


『アラバマ物語』は、1962年製作のアメリカ映画。グレゴリー・ペック主演。人種的偏見が根強く残るアメリカ南部で、白人女性への暴行容疑で逮捕された黒人青年の事件を担当する弁護士アティカス・フィンチの物語。当時の出来事を、後に成長した娘のスカウトが回想するという形式をとっている。


古い古い映画ですが今から楽しみです。
2日と4日に予定が入っていたのでラッキーでしたが、ついつい忘れそうな時間帯ですよね。


後は11日の「日の名残り」

『日の名残り』は、1993年のイギリスの映画。カズオ・イシグロの同名の小説を映画化したものである。アカデミー賞では、主演男優賞、主演女優賞、美術賞、衣装デザイン賞、監督賞、作曲賞、作品賞、脚本賞の8部門にノミネートされた。

b0078675_17292437.jpg



A・ポプキンスは『羊たちの沈黙』(1991年)で演じた精神病質のハンニバル・レクター博士の役が有名ですが今回の抑制された演技も絶賛されたようです。

楽しみですね。これでますます運動不足になりそう・・・・。




by ma-kom | 2019-06-20 09:56 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

男と女

懐かしい懐かしい映画をBSシネマで見ました。

映画を知らない人でも、あの“ダバダバダ~♪”というスキャットは、きっと誰もが一度は耳にしたことがあるはずです。

1966年制作のフランス映画。

カンヌ国際映画祭でグランプリ(当時)を受賞し、クロード・ルルーシュの名を世界に知らしめた。

クロード・ルルーシュの盟友である、フランシス・レイが担当している。「ダバダバダ」のスキャットが全編に流れる主題歌は非常に有名で、後に様々なアーティストにカバーされている。



揺れ動く男と女の心情を巧みに描いた、あまりにも美しい愛の物語。


b0078675_10580270.jpg



確かに私は10代でこの映画を見て大人の恋愛に複雑な感情を持ったことを覚えています。

その後20歳を過ぎ、この映画を見た事が友人として深くつながった事も覚えています。


でも、流石に月日がたちすぎて映像的には忘れている部分もあり、ビックリしましたが、今見ても名作だと思います。

それにしても、その頃の映画は国外問わず、みんなスパスパやっていて喫煙の時代だったのですね。

アヌーク・エーメの美しい事!今年87歳でまだご存命らしい。

ジャン=ルイ・トランティニャンは大好きな俳優さん。こちらも今年88歳で、2017年のハッピーエンドと言う映画に出演しているみたいだけど・・・・すでに哀しいかな、おじいさん!

2012年の映画は日本でも上映されたけど・・・・私としてはやっぱり悲しい。


b0078675_11175182.jpg

最近フランスから名優が生まれていないような気がしますが気のせいかしら・・・。

そう言えば最近の人はアランドロンも知らないとか・・・135.png

ヒント「太陽がいっぱい!」

「太陽は一つでしょう。。。。」


何というか、その時に遭遇した縁によって人生って変わるものですね。
良き時代で良かった事!



by ma-kom | 2019-06-18 11:29 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

年相応のお楽しみー午後の名作

今日は晴天、どこのお宅も洗濯ものが・・・。


b0078675_11253344.gif




私は一足早くしてしまったのだけど、たくさんの洗濯物の上げ下げで腕の筋肉が痛い・・・。
昨日は裏の温泉でマッサージをしたけど、お肉がはち切れそうな感じ(笑)

朝一番でいつもの接骨院へ行った来ました。
木曜日は比較的空いていてスムーズに終わりましたが、何と!「筋炎」で腫れているそうです。

骨折とは関係ないそうですが、いろいろ出てきますね・・・・。153.png153.png153.png153.png153.png


それでもこの季節はすべてが美しい!


b0078675_11312038.jpg


b0078675_11312452.jpg

ハイツの中のお散歩も楽しいです。


13時からはBSシネマでj・ディップ主演の映画があります。


b0078675_11415797.jpg

『エド・ウッド』は、「史上最低の映画監督」と言われた映画監督エド・ウッドを題材にした1994年の白黒映画。監督はエド・ウッドのファンであるというティム・バートン。


エド・ウッド。史上最低の映画監督として知られる一方で、クエンティン・タランティーノやティム・バートンなど熱狂的なファンがいるカルト監督です。ティム・バートンはエドの伝記映画『エド・ウッド』を監督し、映画がヒットしたことでエドの知名度が飛躍的に向上しました。


こんな映画を見るチャンスはなかなかないので楽しみです。

それこそ、年相応の楽しみをしても良いのだけど何となく・・・申し訳ないような・・・・。157.png



by ma-kom | 2019-06-13 11:49 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

老後の蓄え・・・・。

b0078675_11142653.jpg

今日は家にいるので洗濯をしてしまいました。
妹は月一ヨガに行っているので、恐る恐るベランダに出て気を付けながら干しましたが、足のバランスが悪いのは勿論ですが、腕を上げると骨折の影響か?腕の筋肉がまだまだ痛いのです。

困ったおばさんならぬおばあさんです。

先日も国立劇場の舞台にお客様が2人参加をして舞台を走るシーンがあったのですが、見事に走っていましたが私が「凄い、すごい」と言ったら横で妹があの程度は誰でも出来るよ。と言っていました。

哀しいかな・・・私は走れないのです。143.png
舞台の上のご婦人は75歳と言っておられましたが、ドクターの言う年相応とは一体何なのでしょうね。


さて、昨日の映画は面白かったです。でもお値段が100円値上がりしていました。それでも、シニア料金なので大助かりですが、趣味の世界も大変です。


21日から始まるシネマ
歌舞伎の前売りを買うためが最大の目的だったのですが、大雨が降らなくてよかった事。


b0078675_11144796.jpg


2100円の所3枚セットで1枚1800円になります。


b0078675_11143352.jpg

今年も3公演は見るつもりなのでバカにはなりません。同じものでもスクリーンで見るとまた違った感動があるのです。

年金生活は大変・・・・・。


老後の蓄え、地方は2500万円必要?



こんなに急に長生きになってしまったものね。長生きの恐怖が一番かもしれませんね。

100歳まで一人暮らしは無理でしょう・・・。

何だか怖ろしい世の中になってきたような・・・・・。


映画を鑑賞すると定食組はフリードリンクが無料になるので、仲良く分け合って食事を楽しんで来ました。


b0078675_11143925.jpg


ご飯は分け合っても十分なのです。


夕べの番組で国立新美術館で
日本・オーストリア外交樹立150周年記念
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

としてクリムトの作品も来ているようです。

この美術館はシニア料金が無いので1600円はちょっとお高い感じがしますし、素敵なカフェも無いのであまりお気に入りではなかったのでチェックしていませんでしたがムムムムムと言う感じですね。

少しセーブしないとpoor老人になってしまいそうです149.png149.png149.png149.png149.png

by ma-kom | 2019-06-12 11:58 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳








ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル