パソコンで遊びたいなぁ~!

カテゴリ:歌舞伎・観劇・美術館・映画( 419 )

久々の銀座

相変わらず、混んでいます。


b0078675_14552696.jpg


シネスイッチで、もりのいる場所をみましたが、こちらも満員でびっくりしました。


b0078675_14592609.jpg



別に銀座でなくても良かったのですが、このあとにもう一本見たい映画が銀座でしか上映していないのです。


b0078675_15035322.jpg


スマホから

[PR]
by ma-kom | 2018-05-22 14:52 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

もはや別世界の思い出

今朝の朝刊から わがまちお宝館に青森・三沢市の寺山修司記念館の記事が出ていました。


b0078675_10143406.jpg


3月の投稿に楽しかった思い出と言う記事を書いていますが、この記念館が一番心に残っています。


b0078675_10232250.jpg


b0078675_10233143.jpg



b0078675_10264133.jpg


私の10代は寺山修司から始まりました。



最初は何と言ってもメルヘンチックな詩集からでしたが、天井桟敷からはかなり過激になりました。


b0078675_10453850.jpg


横尾忠則さんや宇野亜喜良さんとのコラボのポスターはその時代の象徴でした。何と言ってもアート的には凄い時代でしたから。

状況劇場と天井桟敷の乱闘事件とか、みんな元気な時代でした。


私は状況劇場の土着性には付いて行けなかったのですが、その後の猫友達は状況の劇団員でした。不思議な縁です。






b0078675_10455090.jpg



お二人ともまだ現役と言うのが凄いですよね。

本当にこの記事の様に若い時に引きつけられ、青春を懐かしむ年頃になって戻ってくる。言い当てていますね。

訪れた時も同じ年頃の男性が一人で熱心に鑑賞していた姿がありました。

思わず、声をかけたい衝動に駆られましたが、辞めました。こんな事は初めてでしたが、何となく同じ時代を生き同じ様に感動した同志と言う感覚だったんでしょうね。



数年前にはこんな本も3,000円で売れました。


b0078675_11083394.jpg


でも、寺山修司は憧れで、天井桟敷の舞台もその時は恐れ多くて、先輩たちについて行って覗いたくらいで、近くの喫茶店で当の寺山修司さんがいて、あの上目づかいで睨まれた(?)記憶が忘れられません。

天井桟敷には魔胡ちゃんと言う女の子がいて耳たぶにサソリのタトウをしていた記憶があります。

その子が後に愛のコリーダ―で阿部定役をやった女優さんとはビックリしましたが、1911年に脳腫瘍で亡くなったそうです。


当時
よく観に行ったのは東京キッドブラザースの小屋だったんですけど。
先輩が仲良くしていたので・・・。

確かイラストレーターのペーター・佐藤さんも関係していたような・・・・。
ポスターを描いていたのかしら。画集を一冊貸してあるのを忘れていませんが、1994年に49歳の若さで亡くなってしまいました。


今朝の新聞から随分いろいろな事を思い出してしまいましたが、何だかもはや別世界のような気がします。


[PR]
by ma-kom | 2018-05-11 12:04 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

東銀座まで

今日はお天気が悪いですね。

朝起きたら空咳が・・・・。またまた風邪?
汗をかいたからね。


今日は出かけますが現地で妹と待ち合わせ。
早めに行って銀ブラするんですって110.png

本当に銀座が大好きなんですね。


久しぶりに銀座で映画を観ますが、ここでしかやっていないのでわざわざ出かけます。
実は今日も腰痛が・・・・・。
映画は3時間・・・・・。

痛み止めを飲んで行こう。

これでゲキ×シネは全制覇となります。




b0078675_09512187.jpg

2004年の公演ですが、髑髏城の7人は舞台を含め何回見たでしょうか?


好きな物にはしつこいですね。111.png


これがあるうちはと思っているのですが、結構ギリギリで



   \(*⌒0⌒)bがんばっ♪

細胞一つ一つに言い聞かせています。

[PR]
by ma-kom | 2018-04-24 10:07 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

名作ーライムライト

昨日の自治会の映画はチャップリンのライムライトでした。

チャップリンの映画を大きな画面で見た事も無く凄く楽しみに出かけましたが、古すぎたのか観客は80歳代(?)の人ばかり10人くらい。
「この世の片隅に」の時は40代・50代もたくさんいたのに・・・。その数にビックリした位だったのに・・・。勿体ない気がします。


b0078675_10312273.jpg


『ライムライト』は、1952年製作のアメリカ映画。チャールズ・チャップリン監督。上映時間137分。 日本では1953年に公開。1973年にリバイバル上映された。 チャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品で、同時にアメリカでの最後の作品となった。
上映時間137分。




b0078675_10312484.jpg





年老いて観客に忘れられた老芸人の悲劇と、その老芸人を愛し支える年若いバレリーナ、しかし老芸人は自分が彼女の青春を犠牲にしているのではないかと悩む。そして老芸人は最後に舞台で一花咲かせようとする。



当時チャップリン63歳。『街の灯』(1931)、『モダン・タイムズ』(1936)、『チャップリンの独裁者』(1940)はもう十年以上前の話。まさに老芸人をチャップリン自身と重ねずには見る事が出来ない。アメリカで作った最後の作品(赤狩りによってアメリカから追放されたので)ということからも、最後に一花というチャップリンの思いがひしひしと伝わる。



最後まで戦うこと、生きることを謳う、『独裁者』以上にヒューマニズム・人間讃歌にあふれた映画。チャップリンが「人生を恐れてはいけない。人生に必要なのは勇気想像力と…そして少しのお金だ」と言葉に出してしまうくらい。そのような意味ではチャプリンの集大成といえる。



盟友キートンが登場するシーンもまた自己言及的なギャグがちりばめられている。
楽屋で舞台の準備をする二人に、ボーイが「二人がそろうと昔みたいですね。」と声をかける。古き良きサイレント時代を思い起こさない観客は誰一人としていない。ボーイが出てった後、あのキートンが話す。「今度、『昔みたい』と言う奴が来たら窓から飛び降りてやる」という。案の定、次にプロデューサーが入ってきて「二人がそろうと昔みたいだな。」という、というギャグである。なんとも、自己言及的/自虐的ギャグである。



b0078675_10313262.jpg





人生は願望だ。意味じゃない。人生はすべて願望だ。バラはバラになろうと望んでいる。岩は岩になろうとしている。何を笑う?
『ライムライト』(1952年)の中のセリフです。自殺しようとしていたバレリーナのテリーを助けた時に言うセリフです。姉が娼婦となって自分を金銭的に助けてくれたことを知り、ショックで足が麻痺して死のうとしたのでした。落ちぶれていた道化師のカルヴェロ(チャップリン)は彼女を力付けようとします。

瞬間の命を生きればいいんだよ。すばらしい瞬間がいくらでもある
カルヴェロはテリーを励ましますが、テリーは自分の思いに固執しています。死ぬということにこだわるテリーに対してカルヴェロは言うのです。素晴らしい瞬間のために生きろ、と年老いたカルヴェロが若いテリーに言い聞かせます。

人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
勇気と想像力さえあれば人生は素晴らしいものに変わる、と力強いメッセージを残しています。チャップリン自身が様々な経験を積み、そこから出てきた言葉なのではないかと思います。

人生は美しく、高貴なものだ、たとえクラゲであってもね
生きる気力を失くしているテリーに対して人生は素晴らしいと伝えようとします。クラゲであっても、その人生は高貴なもの、それは人間と比べてなのか、人間もクラゲも等しく高貴な存在と言っているのか判断できませんが、勇気の出る言葉のひとつだと思います。



チャップリンはやはり天才だと思ったら、奇しくも1889年4月16日がお誕生日だそうです。
まあ、誕生日に合わせて上映したのではないと思うけど、母の時代のスターだったんでしょうね。


それと関連しているかどうか、私の潜在意識はこの主人公と同じ年頃の母の夢を見させてくれました。
老いを感じ始めて元気のない母に「何か欲しいものは無い?」と電話をかけています。
母の大好きな「モンブランを買って帰るわ」と言っていましたが

この年齢の母はこの世の春で元気はつらつ113.png人生で一番幸せな時と言っていたのに・・・不思議ですね。(笑)

そんな元気のない母の夢で目覚めました。

今朝の私は、この長い映画のせいで腰痛悪化・・・・。

でも、名作は何年経っても素晴らしい!(*^^)v




[PR]
by ma-kom | 2018-04-15 11:10 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

観劇はしばらくお休み?

今日は朝から気持ちが良いです。
朝一番で接骨院へ行ったら待ち時間無くスムーズに終わりました。
あんまり気持ちが良いのでちょっと遠回りをして桜見物をしてついでに日向ぼっこもして帰って来ました。
背中にはじんわり汗が・・・。


市場前は移転が始まらないと劇場関係者だけの駅の様ですが秋からはどうなるのでしょうね。


劇場から駅までの流れ
b0078675_10501701.jpg


でも、もう行かないかもしれないです。ちょっと遠いのと、帰りがちょうどラッシュに遭遇するので身の危険を感じます111.png

東京のラッシュって相当にすごいですよ。

夜桜見物でもと思ったのですが、舞台のエネルギーが凄すぎてぐったり、疲れてしまいました。

天海祐希さんの宝塚時代は知らないのだけど、本当に舞台映えする容姿は美しかったですね。


b0078675_11065064.jpg
今回は主役の捨之介が出ないのだけど彼女だけで極楽太夫と捨之介の両方の魅力を出していましたね。

平日なのに劇場内は満員で凄い熱気でした。流石に古田さんが出るので中高年の男女の姿もちらほら。
前回の福士蒼太君の舞台は若いファンが多かったような気が・・・・。

車椅子の方も何人か!
バリアフリーには優しくないような気がしましたが、それでも来たい、見たいと思わせるのは凄いと思います。
それでも一人では無理だものね。

妹は、当分舞台はお休みと言っていますが・・・・・。

このエネルギーは映画では無理なんですよね。160.png


でも、ハラハラドキドキはこの先北朝鮮問題で味わえそう。

日本政府も森友問題でごたごたしている間に想定外の正恩氏訪中 焦る日本

取り残されるのでは…

真価が試されるときかもしれないですね。

事実は小説より奇なりなので4月・5月の舞台の予約は今の所入れていません。


ただ、少し調子が良くなったのでしょうか?温泉の予定を入れてしまいました。
ちょっとした秘湯なので楽しみです。
一応一か月前から取れる高速バスの予約だけは取ったのですが、
\(*⌒0⌒)bがんばっ♪




[PR]
by ma-kom | 2018-03-29 11:36 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

髑髏城の七人ー修羅天魔

今日出かけます。


b0078675_09593221.jpg

芝居はキャンセルできないのでドキドキですが丁度都会の桜も満開なので凄く楽しみです。

今日の様子で九州行きを決めたいと思っていますが、どうなる事か?129.png




昨日ANAからのメールで淡路島の案内が来ていました。


b0078675_09594224.jpg






b0078675_09593965.jpg





「ここだとちょっと近いので個人でも行けるしお花も綺麗じゃない?」
と言ったら、妹曰く「ホテルヨーロッパに泊まりたいの!」と却下されました。





b0078675_10140168.jpg



最後の妹孝行も大事かなぁ~・・・。これからお世話になりそうだしね151.png151.png151.png151.png151.png
更に、これからは超節約人生が始まりそうだし・・・・。(笑)


とにかく最後の髑髏城の七人楽しんで来ます。




[PR]
by ma-kom | 2018-03-28 10:23 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

今日は映画の日

何だか妹が張りきって映画を2本見るはめになってしまった。

雨の中のお出かけは、とても嫌なのですが、気力を振り絞って映画館に来ています。

春休みのせいか子供達の歓声で賑やか、久しぶりの体験です。(*^-^*)


b0078675_11452611.jpg



モスバーガーも2度目かなぁ………。

若いお母さん達は大変ですね。


[PR]
by ma-kom | 2018-03-20 11:36 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

久々の宝塚ーポーの一族

朝一番で接骨院へ行きましたが、そんなに混んでいなかったのにもかかわらずこんな時間になってしまいました。

院長が凄い花粉症で苦しそうでしたが、今年は大変だそうです。

まだ花粉症では無いと思うので本当に良かった!110.png


昨日は久しぶりに宝塚を観に行きました。

早めに行き日比谷公園でお弁当を・・・と思っていたんですが、12時過ぎの日比谷公園は凄い人出。
お天気も良かったのでみんな日向ぼっこよろしく昼食を取っていました。

でも、何やら工事をしていて美観的にはちょっとガッカリ・・・・。

宝塚は貸切公演だったので相変わらず超満員。


b0078675_11341919.jpg





出し物もちょっと懐かしい・・・・。

そろそろ宝塚も最後にしようかと思っていたのですが、この煌びやかさは他には無いので悩んでしまいます。
妹は、年に3回は観たいと言っていますが・・・・。

メトロから長い長い階段を上がるのが苦痛だったのですが、近くに大きなビルが出来てエスカレーターで地上に出ることが出来るようになりました。

都会もどんどんどんどん進化しているようです。


今日はこれから雨が降るようですが176.pngすっかり暖かくなってタイツがいらなくなりました。




開花が宣言された高知城にある標本木の桜=15日午後、高知市

b0078675_11495308.jpg


2週間も早いそうです。
桜見物の予定は全くたてられません。127.png


b0078675_11544775.gif


[PR]
by ma-kom | 2018-03-16 11:58 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

今日は映画の日

昨年から楽しみにしていた映画を観に行って来ました。
体調が今一つなので朝一番でいつものクリニックへ行ってみたら、凄い混みようなので恐れをなして帰って来ました。

とにかく脈拍が軽く100超えで心臓が苦しい。
でも、静かにしていたら少しは戻ったし、お出かけ大好きな妹が楽しみにしていたのでちょっと無理をして出かけました。

映画も昨年から楽しみにしていたのですが、これがビックリ!

想像とは全く別物で、娯楽映画としてはまあまあでしたが、どうしても空海さんのイメージが強すぎて
仏教色を期待していたのですが、
楊貴妃の死の真相がテーマでした。


b0078675_17374980.jpg



余りにも早く情報を仕入れたので空海だけが目立って美しき王妃の謎がこちらの頭にインプットされていなかったのですね。


b0078675_18175943.jpg

シニア料金なのでまあ、いいかですが、これがアダルト料金だと映画も度々は行けませんね。
でも、映画は映画館でがモットーなので、毎日テレビで上映されているのですが、それはそれ、これはこれです。

超豪華絢爛だったのでファンタジーとしてはそこそこかなぁ~。


半ば過ぎにもう2本くらい足を運ぼうと思っているのですが、今月は超久しぶりの宝塚があり、お愉しみの


b0078675_18081635.jpg

もあります。


体力付けて頑張らなくては・・・・。


b0078675_18082222.jpg








[PR]
by ma-kom | 2018-03-07 18:28 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

今月の国立劇場

15日振りに外出します。
その間ハイツ内のクリニックと接骨院だけ。
足がだいぶ萎えてしまって不安大・・・・。

こうして何処にも行きたくなくなるんですね。


b0078675_09512389.jpg


でも、こうして出かけるとまた楽しみが出て来て命が躍動するかしら。

そう言えば、本当に不思議なんだけど、血圧が下がってその分脈拍が上がって来て、身体って不思議不思議・・・・。

さあ、頑張って行って来ます。

今月は菊之助の長男さんが出演していますが、お父さんがかなり緊張しているみたいです。


[PR]
by ma-kom | 2018-03-04 09:59 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
この季節は本当に綺麗です..
by ma-kom at 11:45
おはようございます。 ..
by risu777771 at 07:13
kyonchan54さ..
by ma-kom at 12:56
東京近郊は良いガーデンが..
by kyonchan54 at 19:49
☆銀河☆ さん 凄..
by ma-kom at 11:19
メモ帳








ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル