パソコンで遊びたいなぁ~!

2018年 04月 15日 ( 1 )

名作ーライムライト

昨日の自治会の映画はチャップリンのライムライトでした。

チャップリンの映画を大きな画面で見た事も無く凄く楽しみに出かけましたが、古すぎたのか観客は80歳代(?)の人ばかり10人くらい。
「この世の片隅に」の時は40代・50代もたくさんいたのに・・・。その数にビックリした位だったのに・・・。勿体ない気がします。


b0078675_10312273.jpg


『ライムライト』は、1952年製作のアメリカ映画。チャールズ・チャップリン監督。上映時間137分。 日本では1953年に公開。1973年にリバイバル上映された。 チャップリンが長編映画で初めて素顔を出した作品で、同時にアメリカでの最後の作品となった。
上映時間137分。




b0078675_10312484.jpg





年老いて観客に忘れられた老芸人の悲劇と、その老芸人を愛し支える年若いバレリーナ、しかし老芸人は自分が彼女の青春を犠牲にしているのではないかと悩む。そして老芸人は最後に舞台で一花咲かせようとする。



当時チャップリン63歳。『街の灯』(1931)、『モダン・タイムズ』(1936)、『チャップリンの独裁者』(1940)はもう十年以上前の話。まさに老芸人をチャップリン自身と重ねずには見る事が出来ない。アメリカで作った最後の作品(赤狩りによってアメリカから追放されたので)ということからも、最後に一花というチャップリンの思いがひしひしと伝わる。



最後まで戦うこと、生きることを謳う、『独裁者』以上にヒューマニズム・人間讃歌にあふれた映画。チャップリンが「人生を恐れてはいけない。人生に必要なのは勇気想像力と…そして少しのお金だ」と言葉に出してしまうくらい。そのような意味ではチャプリンの集大成といえる。



盟友キートンが登場するシーンもまた自己言及的なギャグがちりばめられている。
楽屋で舞台の準備をする二人に、ボーイが「二人がそろうと昔みたいですね。」と声をかける。古き良きサイレント時代を思い起こさない観客は誰一人としていない。ボーイが出てった後、あのキートンが話す。「今度、『昔みたい』と言う奴が来たら窓から飛び降りてやる」という。案の定、次にプロデューサーが入ってきて「二人がそろうと昔みたいだな。」という、というギャグである。なんとも、自己言及的/自虐的ギャグである。



b0078675_10313262.jpg





人生は願望だ。意味じゃない。人生はすべて願望だ。バラはバラになろうと望んでいる。岩は岩になろうとしている。何を笑う?
『ライムライト』(1952年)の中のセリフです。自殺しようとしていたバレリーナのテリーを助けた時に言うセリフです。姉が娼婦となって自分を金銭的に助けてくれたことを知り、ショックで足が麻痺して死のうとしたのでした。落ちぶれていた道化師のカルヴェロ(チャップリン)は彼女を力付けようとします。

瞬間の命を生きればいいんだよ。すばらしい瞬間がいくらでもある
カルヴェロはテリーを励ましますが、テリーは自分の思いに固執しています。死ぬということにこだわるテリーに対してカルヴェロは言うのです。素晴らしい瞬間のために生きろ、と年老いたカルヴェロが若いテリーに言い聞かせます。

人生は恐れなければ、とても素晴らしいものなんだよ。人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
勇気と想像力さえあれば人生は素晴らしいものに変わる、と力強いメッセージを残しています。チャップリン自身が様々な経験を積み、そこから出てきた言葉なのではないかと思います。

人生は美しく、高貴なものだ、たとえクラゲであってもね
生きる気力を失くしているテリーに対して人生は素晴らしいと伝えようとします。クラゲであっても、その人生は高貴なもの、それは人間と比べてなのか、人間もクラゲも等しく高貴な存在と言っているのか判断できませんが、勇気の出る言葉のひとつだと思います。



チャップリンはやはり天才だと思ったら、奇しくも1889年4月16日がお誕生日だそうです。
まあ、誕生日に合わせて上映したのではないと思うけど、母の時代のスターだったんでしょうね。


それと関連しているかどうか、私の潜在意識はこの主人公と同じ年頃の母の夢を見させてくれました。
老いを感じ始めて元気のない母に「何か欲しいものは無い?」と電話をかけています。
母の大好きな「モンブランを買って帰るわ」と言っていましたが

この年齢の母はこの世の春で元気はつらつ113.png人生で一番幸せな時と言っていたのに・・・不思議ですね。(笑)

そんな元気のない母の夢で目覚めました。

今朝の私は、この長い映画のせいで腰痛悪化・・・・。

でも、名作は何年経っても素晴らしい!(*^^)v




[PR]
by ma-kom | 2018-04-15 11:10 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
はじめまして・・ これか..
by megumin559 at 11:13
☆銀河☆さん 有..
by ma-kom at 10:53
 左手を骨折とは!! ..
by ☆銀河☆ at 00:47
kyonchan54さ..
by ma-kom at 10:42
無理をされませんよう気長..
by kyonchan54 at 10:34
メモ帳








ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル