パソコンで遊びたいなぁ~!

<   2014年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2014年10月31日

それにしても

寒いですね008.gif

お天気のせいか、インフルエンザの予防注射のせいか014.gif014.gif014.gif014.gif

妹は朝起きてからまたまた眠ってしまいました。

b0078675_11382492.gif


ここの所睡眠障害が起こっているみたいです。

これも季節のせいと、長い長い生活習慣の糸が切れた後遺症だと思うのですが・・・・・。

我が家には魔の時間と言うのがあって、長い事母の介助に行っていたので、その時間をうまく過ごすことが出来ないようです。

時間が無い時にはその中でやりくりをして遊んでいたのですが、こう時間があるとどうもうまく使えません。
返って緊張感が無くって眠たくなるみたい・・・・。

まだまだ切り替えが出来ません。071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif


だからたくさんのイベントが必要なんですけど・・・・・・。

b0078675_11462598.gif


b0078675_11464541.gif


b0078675_1147463.gif



ハロウィンを楽しむ程ではないしね・・・・・054.gif
b0078675_1149449.gif



b0078675_11533322.jpg

                   054.gif054.gif054.gif054.gif
[PR]
by ma-kom | 2014-10-31 11:57 | 日常 | Trackback | Comments(2)

嬉しい便り

先日メル友から久しぶりにメールを頂きました。

皆さん、おはようございます。

秋もいよいよ本番ですが、気温の方も次第に
さがり、寒くなってきます。気候の変わり目
には体調をくずし易いので、くれぐれもお体
お大切にして下さい。

私も、90歳半ばをすぎると、さすがに足腰も
弱くなり、 外出も医者通いが精いっぱいで、
あとは、家の中に閉じこもり勝ちになりました。

もてあます時間の活用と、老化防止に、
パソコンも大いに活用しています。今日はその
一つとして、パソコンを使ってできる面白い
画像、一つは、万華鏡風アニメ画像、もう
一つは、パッチワーク風の連結画像を添付
してお送りしますので、ご覧頂ければ幸いです。



一緒に添えられた画像が余りにも素晴らしいのとお元気な声をブログで公開して良いかとお尋ねしたら
次のようなお返事が

ご無沙汰しています。お元気ですか。

早速メールをいただき、有難うございました。
添付画像は、あまりいいできではありませんが、
ご自由にご利用いただけたら光栄です。

まこさんから教えて頂いた、PCを利用しての
色々の画像作りは、最近もう一度トライして、
どの程度おぼえているか、ためしているところですが、
やっと、何とか形になるところまでできることが
分り、ほっとしているところです。

今、こういうことが、私のボケ防止に大変役立って
いることを痛感し、マコさんには本当に感謝して
います。



このブログの出発はみんなでパソコンでの遊びを楽しむためだったのですが、
遊ぶと言う事も知性が必要でその辺が見事に枯渇してしまった今日この頃です。

yasubeiさんが作った万華鏡も今ではすっかり忘れてしまって・・・・。
今ではyasubeiさんしか作れないのでは066.gif

見事な出来栄えです。


b0078675_10173386.jpg



b0078675_102719100.gif



yasubeiさん・・・・97歳です


他にもシニアのメル友がいますが、今でもパソコンを使っていらして脳の活性化を果たしています。
励みになりますね016.gif016.gif016.gif016.gif


b0078675_10312595.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-30 10:34 | メル友 | Trackback | Comments(2)

やっと直った!

朝からネットが繋がらなくって大変でした。

やっとネットが繋がったと思ったら
開けないサイトが出て来て、ここのサイトも開けなかったのでどうなる事かと思ったのですが一瞬開いたのでここでたわいもない今日の日課を済ませようと思っています。021.gif

レンジフードのお掃除が大変になったので我が家で揚げ物をしなくなりました。

久しぶりに美味しいカキフライを食べたいねと町へ出たついでにご飯屋さんによって
カキフライ定食と秋鮭のクリームコロッケ定食を注文しました。ご飯は五穀野菜米ととろろご飯。

b0078675_12311719.jpg


見るからに美味しそうだったので思わずパッチリ!
だったんですが・・・・・。

帰り際、妹と2人して
「どうだった?」
「B」
「だよね~」

なかなかAにはお目にかかりません。

ご飯屋さんでAと太鼓判を押せるのは間違いなく魚久の「銀だら定食」と2人して意見が一致しました。016.gif


b0078675_12374524.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-29 12:38 | パソコン・ネット | Trackback | Comments(4)

五色沼の紅葉

山形の方が「紅葉も終わり・・・・」と言っていらしたのですが
私の紅葉はこれから始まります。

所が裏磐梯の五色沼あたりでは今がだそうです。

今週は全くあいていたのにどうした事か?
と、考えてみると

伊香保の予定を今週に入れていて裏磐梯は当初、紅葉よりも諸橋近代美術館がメインだったので11月にしてしまったのでした。
伊香保のライトアップが10月28日から11月16日までだったので
現地の人に聞いたら10月より11月071.gif071.gif071.gif071.gif071.gifと言う事で第2週に変更したのをすっかり忘れていましたね。

これってどうなのよ!


b0078675_1155040.jpg



うぅ~ん、五色沼・・・綺麗ですね!016.gif016.gif016.gif016.gif016.gif


難しいなぁ~・・・・・・。

b0078675_123252.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-28 12:03 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(4)

 なつかしい風景

なつかしい人々  なつかしい風景


その総てと離れても あなたと歩きたい
嵐吹く大地も 嵐吹く時代も
陽射しを見上げるように あなたを見つめたい
麦に翼はなくても  歌に翼があるのなら
伝えておくれ故郷へ ここで生きてゆくと
麦は泣き 麦は咲き 明日へ育ってゆく


これは今放送されている朝のテレビ小説マッサンの主題歌で中島みゆきさんが唄っている麦の歌です。

私はこの歌が本当に好きで、これを聴くために毎朝早起きをしています。006.gif昔の人はこうやって故郷を離れて生きて来たのですね。東京生れの私にはこの辺の覚悟は実感できないかも・・・・。


なつかしい風景と言えば・・・・・。050.gif
今朝クリニックで大門坊さんとお逢いしました。
その時の話でお仲間のブログに投稿されていた奈良ホテルの写真がとても懐かしかったそうです。
今は亡き奥様との新婚旅行での思い出のホテルだそうです。

私の母はロサンゼルスのディズニーランドの印象がとても強く、晩年千葉の方はすっかり忘れていましたがこちらの風景はありありと覚えていましたね。

この曲を毎朝聴くたびに母の事を思い出します。
と、共に体の自由が無くなった時には良い思い出が財産になるような気がします。
その為にもたくさんの懐かしい風景を見届けて行きたいと思うのは調子が良い話でしょうか(笑)


b0078675_13383235.jpg



b0078675_13544115.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-27 13:54 | 日常 | Trackback | Comments(4)

ジャン=ピエール・レオが初来日

「大人は判ってくれない」撮影秘話語る

b0078675_10402069.jpg


「没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭」開催を記念し、1959年公開の「大人は判ってくれない」で主演を務めたジャン=ピエール・レオが初来日し、撮影当時の思い出を語った。

ヌーベルバーグの代表作として知られる「大人は判ってくれない」は、トリュフォーの長編初監督作で、監督自身の少年時代を色濃く反映させた自伝的作品。レオは13歳のときにオーディションで主役のアントワーヌ・ドワネル役を射止めた。その後もトリュフォーの「二十歳の恋」「夜霧の恋人たち」など4作で成人したドワネル役を演じたほか、「恋のエチュード」「アメリカの夜」に出演した。

トリュフォーとともにヌーベルバーグをけん引したジャン=リュック・ゴダールの作品にも数多く出演した。盟友同士だった両監督は68年の5月革命後から、作品の方向性の違いにより仲違いしたが、近年のゴダールの作品について意見を求められたレオは「答えは簡単です。生きているからといって勝利者となれるわけではありません」ときっぱりと言い放ち、会場の笑いを誘った。



トリュフォーの死の前から、ゴダールとトリュフォーの板挟みに苦しみ精神的に不安定な時期が続いたようです。

ジャン=ピエール・レオが特に好きと言う訳では無く、この両監督の作品に一時はまった時期があって
当然、見た回数が多かったと言う訳で、この変貌にちょっと驚いてしまった。

b0078675_1103332.jpg



ヨーロッパ映画の一番素敵な時期だったんでしょう。
ヌーベルバーグが青春時代と重なってこの時期が人生で一番映画を見た時期だと思います。

トリュフォー作品では
突然炎のごとく Jules et Jim(1961年)に衝撃を受け(ジャンヌ・モロー主演)

ゴダール作品には気狂いピエロに衝撃を受けた思い出があります(アンナ・カリーナ、ジャン=ポール・ベルモンド主演)

この映画、見終わった後はどちらも・・・・・・・・・。007.gif
幸せかどうかは別問題だけど、こう言った時代の環境がそれぞれの人生に大きく影響してくるものだとつくづく思いますね。

さて、十分大人になった今、もう一度これらの映画を見てみたい気がしますけど・・・・。053.gif


b0078675_11211860.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-26 11:23 | Trackback | Comments(0)

私は誰でしょう?

b0078675_10445667.jpg


さて!

初来日らしいですよ。

「へぇ~珍しいね!ヨーロッパ人は日本に偏見があるんじゃないの?」と言ったら
映画オタクの妹が
「そんな事は無いんじゃないの。1959年のカンヌ映画祭の時に野添ひとみに恋をして053.gif毎晩ホテルに056.gif花を届けたみたいよ。彼は当時15歳。お母さんが素敵な初恋を経験させてくれてありがとうと言ったかどうだからしいけど(笑)」



b0078675_10571332.jpg




まあ、流石に映画オタク061.gif061.gif061.gif

でも、残念な事に1960年、大映で共演の多かった川口浩と結婚し、その後1995年に亡くなっています。
今回の再会は適わなかったですが・・・・・・。



さて、この人は誰でしょう?
私、この人の映画、結構見ているのですが・・・・・。054.gif全然判らなかった。


b0078675_1165483.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-25 11:12 | お気に入り | Trackback | Comments(0)

ジャージー・ボーイズ

せっかく映画館まで行ったので時間が合えばもう一作品を見て来たいと思い、選んだ作品がこれ050.gif いやはや偶然にも60年台のアメリカです。

b0078675_10392445.jpg


解説
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、そのリードボーカルを務めたフランキー・バリの代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕生秘話を描いたドラマ。2006年トニー賞でミュージカル作品賞を含む4部門を受賞した、人気ブロードウェイミュージカルを映画化した。アメリカ東部ニュージャージー州の貧しい町に生まれた4人の若者たち。金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかったが、彼らには類まれな美声と曲作りの才能があった。4人は息の合った完璧なハーモニーを武器に、スターダムを駆けあがっていく。ミュージカル版にも主演し、トニー賞でミュージカル男優賞を受賞したジョン・ロイド・ヤングが、映画版でも主演を務めた。


実を言うと全然知らないグループだったけど1962年にヒットしたシェリー Sherryだけは凄く良く覚えていて日本でも唄われていましたね。



まあ、音楽性の実話と言う事を考えなければ青春群像映画の傑作「アメリカングラフティ」
(監督は、ジョージ・ルーカス。制作はフランシス・フォード・コッポラ。)
の方が断然感激した記憶があります。
奇しくも
「ベトナム戦争」が始まる前の、1962年の時代を描いているところが同じ。
いわゆる「古き良き時代のアメリカ」がまだ残っていた頃ですよね。
日本だとちょうど、「東京オリンピック」の前あたり。
私が続けて観つづけた邦画とほぼ同じ時代・・・・。

b0078675_1195662.jpg

舞台はカリフォルニアの小都市。高校を卒業し明日には東部の大学へ旅立つ予定のカート(リチャード・ドレイファス)、とスティーヴ(ロン・ハワード)。そして、まだ高校に在学中のテリー(チャールズ・マーティン・スミス)、そして高校を卒業したものの町でくすぶっているミルナー(ポール・ル・マット)らの、一晩を描いた人間ドラマです。

それぞれに、せつないエピソードが散りばめられており、往年のオールディーズ(ラジオのDJ付)のBGMが時代背景を良く表現しており、映画を盛り上げます。


私が鑑賞したのが若かりし頃なので今とは感じ方が違うかもしれませんが、これは映画館で観たい映画だと思います。
そう言う意味では今回の映画はお茶の間でも良かったかなぁ~。ただ音楽は楽しかった060.gif
クリント・イーストウッド監督にしては珍しい気もするけど・・・・。

メインでは無かったのでそれなりに045.gifかもしれないけど何とも複雑。

映画は映画館でがモットなのですが、映画館で見る映画が少なすぎる気がしますね009.gif
それともお茶の間が主流になってしまったのでそちらに合わせて作られているのかしら。

最後のエンディングが「舞妓はレディ」にそっくりだったのには笑えました。010.gif


b0078675_10571444.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-24 11:26 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

シネマ歌舞伎ー法界坊

今年最後のシネマ歌舞伎です。

勘三郎さんの作品は見ないと損をするような気がして・・・面白かったですよ。
平成中村座の小屋なので隠れた仕掛けや遊び心が沢山あるのですが、映像は映像の楽しみ方が有ります。
まず驚かせてくれるのが、水とか泥とかが舞台上に飛び散ったり、圧巻は後ろの壁が開き、外の景色がそのままリアルに登場することです。とにかくこれは他の舞台では無い趣向なのでビックリさせられます。

b0078675_19475449.jpg

『法界坊』作品紹介
金と女が大好きな法界坊(勘三郎)は、どこか憎めない愛嬌あふれる乞食坊主。永楽屋娘お組(扇雀)に恋い焦がれる法界坊は、盗まれた吉田家お家の重宝"鯉魚の一軸(りぎょのいちじく)"をお組と恋仲である手代の要助(実は、吉田宿位之助松若(よしだとのいのすけまつわか)・勘太郎)が探し求めていると知ります。いい金蔓(かねづる)を見つけた欲深い法界坊に、永楽屋番頭の正八(亀蔵)や山崎屋勘十郎(笹野高史)らも加わり、鯉魚の一軸を巡る悪巧みが繰り広げられます。一度は道具屋甚三郎(実は吉田家の忠臣・橋之助)にやり込められ散々な目に遭った法界坊でしたが、お組の父永楽屋権左衛門(彌十郎)と松若の許婚の野分姫(七之助)らも巻き込み、さらに数々の悪行を行うのでした。


b0078675_19493711.jpg

今作の大きな見どころのひとつ大切所作事「双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)」では、法界坊と野分姫の霊が合体したお組そっくりな葱(しのぶ)売りの女(勘三郎)が、徐々に本性を現しながら変化に富んだ舞踊劇を魅せます。


b0078675_20134043.jpg


演出が串田和美さんなので一般の歌舞伎とは趣が違い若い人でも入りやすいと思います。
最後は観客が総立ちで、拍手喝采。勘三郎+串田ワールドのその中にいたいと思いましたが、今は適わないですね。

尚、好評につき、上映延長が、全国8館で決定したそうです。

勘三郎さんの粋でこじゃれた芸を引き継ぐ人は今の所いないですね。025.gif025.gif025.gifこれは本当に残念です。
踊りも凄く上手ですよ。この舞台、機会があればお薦めです。

さて、早々に来年のラインナップが出揃いました。

b0078675_19595652.jpg


この中でまだ観ていないのは2作品だけなのでちょっとガッカリ・・・・。
舞台は勿論良いのですが、映像は舞台中継とは違ってシネマになっているので、これはこれで凄く面白いのですが・・・・。シネマ歌舞伎でも5作品は観ているので、やっぱりちょっと寂しいかなぁ~。
東銀座の東劇まで行くといろいろやっているのですけどね!039.gif


b0078675_20221985.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-23 20:26 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

張り込み

昨日に引き続きまたまた市民ホールへ行って来ました。

b0078675_19311692.jpg
b0078675_1931338.jpg


川本三郎氏の「日本映画を歩く」の中では、「…映画の冒頭、二人の刑事は横浜駅を二十三時六分に出る鹿児島行きの夜行列車「薩摩」に乗り、佐賀に向かう。岐阜あたりで夜が明け、その日の夜に佐賀に着く。えんえん一泊二日の旅である。(ちなみに、当時は、東海道本線は電気機関車。山陽本線に入ってからは蒸気機関車)


とあるように最初のタイトルが出るまで延々12分くらいこの当時の満員列車風景が流される。
これを見て列車に乗って映画の街を歩く人がいたみたいですが、それもロマンですね。053.gif

昔懐かしい昭和の話題作ですが、特に私は主役を演じた大木実さんが大好きだったのです。これは大したわけがあったのではなく子供の頃に見た松竹の青春映画に出ていたからです。でも残念な事に2009年に亡くなっていました。86歳でした。
まあ、ものの見事に出演者のほとんどが故人です。

存命と言えば高千穂ひづるさんと菅井きんさんくらいしか思い浮かびません。
56年前の作品なので当然の事なのですが映画の中で美空ひばりさんの港町十三番地が流れていてそれがとっても古く感じなかったのは不思議です。

何だか、今回の映画鑑賞は作品を見ると言うよりも亡き名優たちの若かりし頃の名演技を改めて見ると言う楽しみもあって凄くお得感が強かったですが、2日間の鑑賞ですっかり昭和に浸り少しセンチになりました。

本当に長い間、映画に関わって来てくださった方々に感謝をしたいと思っています。

でも・・・映像ってある意味残酷ですね。002.gif002.gif002.gif002.gif



この方々と同じ世代を生きて来たメル友が最近亡くなったと言う連絡を頂きました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。



b0078675_755170.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-22 07:55 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
kyonchan54さ..
by ma-kom at 19:48
凄いお友達ですね。元気で..
by kyonchan54 at 15:14
☆銀河☆さん 同じ..
by ma-kom at 12:14
こんにちは。夏風邪で苦し..
by ☆銀河☆ at 11:33
yamamoto-45..
by ma-kom at 19:21
メモ帳