パソコンで遊びたいなぁ~!

カテゴリ:歌舞伎・観劇・美術館・映画( 374 )

舞台を観るのも体力がいる

こんなニュースが

気象庁によると、9日午前9時29分、北朝鮮付近を震源とする地震波を観測した。自然地震ではない可能性があるという。震源の深さは0キロで地震の規模を示すマグニチュード(M)は5・3と推定される。


本当に国のトップによってすべてが決まってしまうのは恐ろしい071.gif071.gif071.gif


アメリカでも互角の指示率だとか・・・・。

物事の善悪が判らなくなって来る。


10月からの国立劇場は3か月続けて忠臣蔵が上演されます。


b0078675_10432397.jpg



いろいろな角度から取り上げているみたいですが、実際の所松の廊下と討ち入りぐらいしか記憶にないものね。

本当は、毎年年末に上演されるこの芝居が嫌いなのです。だからあまり観ません。

私としてはどうも、この浅野内匠頭が好きになれないのは、やはりトップとしての自覚が薄いせいだと思うから。

刃傷事件の起こった日は、勅使(天皇の使者)が江戸城内に入って将軍と面談し、天皇のお言葉(勅語)を受けた将軍が挨拶を返す(勅語奉答)という最大の儀式が行われる日であり、浅野内匠頭は勅使御馳走役という勅使接待の直接担当者で、接待総責任者の吉良に対して刃傷事件を起こしたということなのだ。
浅野内匠頭はこの重要な儀式をぶち壊してしまった。


いろいろな事があったとは言え、この事実を許せないと思うのは私だけ・・・・・。???????


今年の年末は凄い芝居がやって来るけど

多分行けない。


b0078675_10554018.jpg





b0078675_1056477.jpg



四谷シモンさんが久々に舞台に立つと言う。舞台上のシモンさんは伝説の人だったので見てみたい気がするけど、多分行かない・・・・・。普段のシモンさんはとてもシャイで物静かな人ですが、秘めたエネルギーは凄まじいものがあったけど、あれから半世紀。赤テントと天井桟敷の乱闘シーンは今でも覚えていますけどね。


「漱石の道草」に続く第23回公演の予定はすでに2年ほど前からあった。四谷シモンさんに「哲ちゃんの芝居なら出たい」と耳元で囁かれたからである。と言ってもシモンさん、私に直接囁かずに私の周りの者に囁いていたのだ(笑) それ以前から実は私も「ねえ、シモンさん」とシモンさんの耳元にこっそり囁き続けていた訳だが、若松孝二監督の死、安保由夫の死、扇田昭彦の死、金子國義の死、そして合田佐和子さんの死と続いてなかなか腰を上げられなかった。その間クマさん(篠原勝之)の連作小説集『骨風』が上梓され、こうしたかたちで実現したいと思い始めた次第である。(山崎哲)




凄いなぁ~とは思うけど、アングラ劇はあの頃の若い肉体に宿っていたので、その老いを見届ける勇気が無いのです。多分チケットも取れないと思うけど054.gif054.gif054.gif


寺山修司の舞台は若い役者が演じるので良いのですが全席自由席で、整理番号付きと言うのはおばさんとしてはちょっと無理です。残念だけどね・・・・・・。
[PR]
by ma-kom | 2016-09-09 11:18 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

後妻業の女

昨日、今話題の映画を見に行って来ました。

b0078675_1313268.jpg



b0078675_1314576.jpg



『破門』で『第151回直木三十五賞』を受賞した黒川博行の同名小説をもとにした同作。年老いた男たちの後妻に収まり、資産を奪い取る犯罪「後妻業」を題材に、結婚相談所所長の柏木と、柏木の入れ知恵によって孤独な男たちを手玉に取る小夜子の2人を取り巻く物語を描く。

主人公の小夜子を演じるのは大竹しのぶ。小夜子と共に独り身の老人たちを騙していく柏木役を豊川悦司が演じる。さらに、2人を追い詰める探偵の本多役に永瀬正敏、小夜子と再婚した後に死亡した耕造の娘で、本多に小夜子の調査を依頼する朋美役に尾野真千子、小夜子が次第に惹かれていくターゲットの男・舟山喜春役に笑福亭鶴瓶、小夜子の息子・博司役に風間俊介、朋美の父・耕造役に津川雅彦、朋美の姉・西木尚子役に長谷川京子、柏木の愛人・三好繭美役に水川あさみ、小夜子と柏木の協力者・瀬川英子役に余貴美子がキャスティングされているほか、小夜子と結婚した後に行方不明となった元夫たちを森本レオ、六平直政、伊武雅刀が演じる。

メガホンをとるのは、『愛の流刑地』『源氏物語 千年の謎』などの鶴橋康夫。



まあ、豪華キャストのオンパレードだけど
この映画の魅力は何と言っても大竹しのぶと言う女優さんに尽きると思う。


良く映画は監督の物と言うけど、この映画に関しては大竹しのぶの陰に鶴橋監督も隠れてしまって・・・・仕方が無いのでしょうね。


この女優は一体いくつの顔があるのかと思うほど多重人格と言う引き出しを幾つも持っていてそれに憑依してしまう凄さがある。


いつもは閑散としているローカルの映画館だけど、それなりにシニアのお客が入っていたのにはビックリしたけど1800円を出してまで観たいと思うかは疑問。

それはすべての映画に言える事かしらね~。

シニア料金があって本当に良かった。053.gif
[PR]
by ma-kom | 2016-09-08 13:31 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

いざ、宝塚劇場へ

どうしたものか、朝から腹痛が・・・・。
夕べも夕食を抜いたのに・・・・・。

台風も心配だけど、私の体の中の台風も心配。暴れまくらない様にお願いするしかない・・・。007.gif


今日は宝塚を観に日比谷に行きます。
妹はルンルンで一足お先にと銀ブラをするらしく出かけてしまいました。


b0078675_11115388.jpg



月組トップの龍 真咲さんの最後の舞台です。
最近はこの、引退が大はやりと言うか、続いていますね。
何だかじっくり応援する暇が無いくらい・・・・・。

この人の舞台は何本かは見ているので、やっぱり最後位は見ておきたいと思ったけど・・・・・。
体調も悪い。


困ったものだ。
でも・・・・一応出かけましょう。071.gif071.gif071.gif
[PR]
by ma-kom | 2016-08-30 11:16 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

金曜日はレディース・ディ

金曜日はレディース・ディで女性は950円になります。

b0078675_11582661.jpg



はるばる銀座まで行って来ました。

b0078675_11591439.jpg


まあ、ビックリ!小さな映画館だったのですが、会場が満杯になる光景はここ何年間で初めて見ました。
また、映画にちなんで花柄の模様を身に着けていれば3Dの眼鏡をプレゼントしてくれると言うので素敵なご婦人たちが沢山見えていました。016.gif


フィレンツェには行けてないのですが大塚美術館で見たばかりなので凄く良かったです。
やっぱり、シモネッタさんは美しかった016.gif


b0078675_1210248.jpg



せっかくの銀座なので盛岡で食べたぴょんぴょん舎の冷麺を食べたかったので寄って来ましたが、妹が予約をしてくれたのが大正解!凄い人気でした。

ただ、お値段は銀座価格で少々お高かったです。盛岡では830円+税だったのが1000円+税

b0078675_12124631.jpg


仕方が無いのかなぁ~

妹は同じくハーフ&ハーフスペシャルランチ

b0078675_12153722.jpg


こちらも少し高かったです。

場所は西銀座デパートの前なので凄く分かりやすい所だし丸ノ内線銀座C8出口の真ん前なので迷子になりようがなく良いですね。


銀座の街は平日だと言うのに夏休みに入ったせいか結構な人気で、ソニービルの前には涼しげな水槽が出ていました。

b0078675_121983.jpg



さて、ここまで出て来たついでに前売りを購入していたルノワール展へ行って来ました。
これも金曜日なので閉館が延長されてゆっくり鑑賞が出来ました。
と、言え、予想以上の人出でビックリはしたのですが
それでも立ち止まることはなかったので満足です。


b0078675_12214173.jpg



お目当てのダンス三部作ですが今回展示されているのは都会のダンスと田舎のダンス。
《都会のダンス》
1883年 油彩/カンヴァス オルセー美術館
女性のモデルはシュザンヌ・ヴァラドン
(モーリス・ユトリロの母)です。

《田舎のダンス》
1883年 油彩/カンヴァス オルセー美術館
田舎のダンスは上記の作品と女性のモデルが違います
(アリーヌ・シャリゴ)後にルノアールの妻となる女性です。


どういう訳か同じ時期に
会期:2016年3月19日(土)~8月21日(日)
名古屋ボストン美術館で《ブージヴァルのダンス》鑑賞が出来るようです。

《ブージヴァルのダンス》
1883年 ボストン美術館「ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影」展
モデルは都会のダンスシュザンヌ・ヴァラドンです


凄いですね。

b0078675_12304581.jpg



こうして夏日の一日が過ぎて8500歩と言う数字で私の腰は悲鳴をあげていますが、これで一安心。
前売りを無駄にすることなく出かけることが出来ました。
これから先は夏バテでどんな毎日になるか想像もつきませんから・・・・037.gif
[PR]
by ma-kom | 2016-07-30 12:41 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

ポンピドゥー・センター傑作展

美術館の前売りチケットが2枚ありました。
ルノワール展とポンピドゥー・センター傑作展
早々に安く購入したのは良いのですが、何時でもOKだと思うとなかなか腰が上がりませんでした。
でも、混雑は嫌なので金曜日の夕方狙いとか夏の暑い盛りは嫌だとか言っていたら、突然の雨で涼しい057.gif

思い切って新宿経由で上野まで行って来ました。
新宿経由と言うのは例の果実園でランチをしたかったからです。

13:30過ぎに行ったのに意外とお客さんがいたので一安心。それでも広い分半分のスペース・・・・。

混んで入れなくなっては困るけど営業不振で閉店も困ってしまう。

b0078675_10344021.jpg



ランチにはフルーツサンドイッチを食べたかったのに、妹が嫌いだと言うのでドリアと雲丹の濃厚パスタを注文し味見。サラダと果物とコーヒー付。


b0078675_10365268.jpg



まあ、まあだけど、ここはやっぱり、フルーツサンドかパフェですね。

b0078675_1044177.jpg



b0078675_104428100.jpg



そうしてゆっくり鑑賞できる時間帯を見計らって上野まで出かけました。
でも、でも、平日なのにそれなりに賑わっていましたよ。

国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」が、世界遺産に登録されることが決定したのでいつもはそれほどの人出では無いのに結構な人が出ていましたね。037.gif


b0078675_1050553.jpg



雨は完全に上がっていたけど涼しくって、ゆっくり鑑賞出来て、思い切って出かけて良かったと思いました。


b0078675_10515823.jpg



パリの中心部に位置するポンピドゥー・センター。その珠玉の近現代美術コレクションから一年ごとに一作家一作品を厳選し、1906年から1977年のタイムラインをたどる展覧会。マティスの油絵の到達点《大きな赤い室内》をはじめ、多彩なラインナップでフランス20世紀美術を一望します。


一作家一作品なので物足りない部分もありましたが、美術館のコンセプトがはっきりしてそれはそれで仕方がない事なのでしょう・・・・。

1945年の壁には暗幕が貼られ作品は展示されていなく、耳を傾ければエディット・ピアフの「バラ色の人生」が流れてました。

金曜日は20時までなので閉店時間を気にせず、公園内をゆっくり歩きながら新宿経由で電車を2台乗り過ごして座って帰って来ました。

妹は相変わらず、新宿の街に消えて行きましたが、本当に都会が好きなようです。016.gif

後はルノワール展ですが、暑くなる前に今月中に行きたいと思っています。
[PR]
by ma-kom | 2016-07-23 11:13 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback(1) | Comments(0)

歌舞伎鑑賞教室「卅三間堂棟由来」

今、ネットニュースで大橋巨泉さんが12日に亡くなっていたと号外が出ていました。
永六輔さんが7日だったので本当に一週間も経っていないそれぞれの旅立ちでしたが
2月の徹子の部屋での共演が映像として甦って来ますね。

何だか私たちの青春が消えていくような・・・・・。寂しいなぁ~・・・。007.gif


b0078675_1042544.gif



昨日は国立劇場に7月歌舞伎鑑賞教室「卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)」を見に行って来ました。「親子で楽しむ歌舞伎教室」期間中だったのでいつもの学生の集団はいなく、席はガラガラでどうなるかと心配してしまいました。

開演10分前の写真です。実際にはもう少し埋まりましたが、それでも先行き不安な状態でした。

b0078675_1012737.jpg



前回も言ったように、企画が悪い!これでは若い人に喜ばれないし、歌舞伎に興味が持てないと思う。

配役も、もう少し若い人達を登場させた方が良かったと思うけど、若手は稼げるところで稼がせないと歌舞伎そのものもなかなか大変なんでしょうね。

国立劇場も次回から値上がりするみたいですが、その分内容を吟味して短くていいので面白いものをやってほしいですね。歌舞伎教室はとても大事なイベントだと思うので、その辺をもう少し考えて企画をして欲しいと思います。



新宿経由で帰るので帰りに南口にオープンしたと言う果実園に寄って来ました。
日曜日には混んでいたと言うけど、これまたガラガラで大丈夫かしらと心配したほど。
目黒には行ったことが無いけど、東京駅のお店とは若干メニューが違っていました。


b0078675_10283662.jpg



b0078675_10285622.jpg



ケーキも大きくて私には食べきれませんでした。
お陰で2人共夕食は無し・・・・。
次回はランチに挑戦したいです。
果物は特別大好きと言う訳では無いので家ではあまり食べません。

スィーツ大好きなので果物を食べたくなった時には良いかもしれませんね。016.gif
[PR]
by ma-kom | 2016-07-20 10:44 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

シネマ歌舞伎

昨年舞台で感動した芝居をシネマ歌舞伎で観て来ました。

b0078675_17501362.jpg



平日の早い時間の映画館は思ったより混んでいました。
昨年の舞台だものね。ビックリしますが、ワンピースも早々に10月公開されるので、値段の差を考えると良いような悪いような・・・・・・023.gif


体調が今一歩なのに・・・・と思われるかもしれませんが、映画館へ行くのに電車に乗ります。
その駅のすぐ側にちょっと行ってみたい専門医があるので、思い切って出かけました。


いつものクリニックは内科なので、扱うお薬も専門知識も違います。
身体の臓器もそれぞれの専門家でないと今では対処しきれないくらい複雑化しています。

そのクリニックも予約制なので映画が終わった後に電話をしたらキャンセルが出たので3時半だったらOKですと言われたので、食事をして・・・063.gifして時間をつぶしました。

ドクターはその道の大ベテランで凄く感じが良かったです。これって大事ですよね。

「心の変化が要因になることがある」ともおっしゃっていましたが、なかなか難しいものがありますね。

取りあえず、ちょっと安心しましたが、映画行きが無かったら歩いて行きたくなかった距離なのでこれは一石二鳥だったかなぁ~。


旅行中に悪化したら困ると思ったので一週間分のお薬を貰って来ました。


最近は掛け声を張り上げて叱咤激励をしないと動けませんが=体重が重すぎて=健康優良児体型になってしまいました011.gif011.gif011.gif
どうしたものかのう??????


b0078675_18294744.jpg

[PR]
by ma-kom | 2016-06-27 18:38 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

6月歌舞伎鑑賞教室「新皿屋舗月雨暈―魚屋宗五郎

遅くなってしまった・・・・。

今日は国立劇場で平成28年6月歌舞伎鑑賞教室「新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)―魚屋宗五郎(さかなやそうごろう)―」を見て来ました。


b0078675_215620.jpg



本来は中高校生がほとんどなのに今日はどこかの企業さん貸切の様な、よく分からないけどお土産付きの中高年が多かったです。

まあ、演目も短いし解説もあるので歌舞伎に馴染みのない人でも我慢できる時間でしょうね(笑)

ただ、こう言った世話物は全体の絵柄が地味なので馴染みのない人たちにはあまり向いていないと思う。
もう少し派手なのが良いと思うけどね~011.gif


いつもの公演より遅い時間だったのでみんなでランチをしました。

KKRホテル東京にあるランチはどこも手頃のお値段でお得です。
相変わらず、食欲が余りないのでそこそこでないと・・・・・。

と、言う事で本日はカレーバイキング。三種類のカレーの食べ比べが出来るようでしたが、そこまでは回復していない・・・・。

b0078675_2113669.jpg



b0078675_21132818.jpg



お昼の時間帯は近くのサラリーマンで一杯でした。

食べ放題と言うのは男性にとってはお得ですものね。


ご飯を少なめと言うのを忘れてしまって大幅に残してしまってちょっと申し訳なかったです。
[PR]
by ma-kom | 2016-06-22 21:24 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

コクーン歌舞伎ー四谷怪談

今日はこちらも057.gifです。

死亡者も出てしまった自然災害・・・・次々と起こりますね。


昨日久しぶりに渋谷の街に行って来ました。


b0078675_10445891.jpg



この街とはゆうに半世紀以上の付き合いがあり、今では駅前に飾ってある玉電で渋谷まで来ていました。
仕事場が渋谷だった時期もあり懐かしい場所ではあるのですが、すっかり変わり果てていそいそと帰って来ました。この街は今後も変化し続けていくのでしょうね。


Bunkamura コクーン歌舞伎を観て来ました。

b0078675_1054865.jpg


演出・美術
串田和美
<コメント>
『四谷怪談』はお岩一人の恨みを描いた物語ではない。世の中全部が怪談だよと南北がささやいている。現代も気が付けば、亡霊ばかりが街を行きかう。無数の怨念がなだれ込む『四谷怪談』は、あの世もこの世もひっくるめて、怪なる世界へ変貌する。南北はあの世で高笑いするだろうか。



実はチケットが届いた時にD席だったの歓喜したのですが、当日よく確かめると何と2階と書いてある・・・。

b0078675_10563525.jpg


2階のD席ってなんと、2等席の前列。
殆ど2等席・・・・。それで5500円の差って信じられない・・・・。
こんな事なら最初から2等席にすれば良かった・・・・・。
と、言っても安い席から完売していくのですよね。

運よくとれたと思ったら、一階席との格差は運の悪さだけかしら・・・・・。


そんな事を思ったら、「ブラボー」と叫ぶ所もあんまり感じず、それはダンサーの首藤康之さんが出演されていても、それほど効果があったのか?

奇をてらっていたけどその驚きが私にはあんまり感じられなかった・・・・。前列だったら判らない・・・。
席の悪さのショックがずーっと引きずってしまって楽しめなかったのが事実。031.gif
同じ値段だったら裏磐梯の温泉付きダリの作品+五色沼のブルーの方が私には良かったなぁ~と思ってしまいました。016.gif


これからは値段を吟味しながら作品選びを慎重にし、せっかくの観劇にケチをつけない様に気をつけよう。

それでも、古典に新たな風を吹き込むコクーン歌舞伎はこれからも頑張ってもらいたいし、若い人たちには刺激的だったかもしれないと、ここでも時の流れを感じてしまった。


それにしても夕方5時ごろの渋谷はますます混雑して、観光客もたくさんいたし、若い若い街になっていました。
[PR]
by ma-kom | 2016-06-21 11:27 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

目的は諸橋近代美術館

と、言うほど素晴らしい美術館です。

まるで日本ではないみたい!


b0078675_1131181.jpg



そして、ここの特徴は諸橋さんが集めたダリの傑作の数々。とくにオブジェは見ごたえがあります。
2014年の時は撮影OKでしたが昨年はNGでした。
その貴重な写真を2014年の末にパソコンが壊れたためすべてパアになりましたが唯一、ここのブログ投稿写真のみが残りました。今となればそれはラッキーです。

今回のパメーラ・ジューン・クルックさんの作品は好きな部類に入ります。この作品も諸橋さんが彼女の個展で全部買い占めたそうです。凄い方だったのですね。


b0078675_12135472.jpg




b0078675_111065.jpg



私はダリのこのオブジェが大好きで何度見ても飽きないので、年2回のテーマごとに訪問したいのですが。お供の妹が「もう良い」と言いだし、ちょっと困った・・・・。013.gif


と、言うのもここに来るのには東京駅からバスつきのホテルのツアーが一番安いのです。

2014年は星野リゾート裏磐梯として、今回は裏磐梯レイクリゾートとしての参加でしたが今回はどういう訳か超お得な金額でした。
9時に東京駅を出発するとホテルには13時ちょっと過ぎに着きます。
14:15のバスで美術館に向います。10分くらいで着きますので、帰りのバス16:28分までゆっくり鑑賞できます。ただ、美術館のカフェが16時までなのでちょっと今回も無理でした。

美術館にいちばん近いホテルは歩いて行ける裏磐梯ロイヤルホテルなんですが、昨年来た時にはツアーだったため、ゆっくりする時間が余りなくホテルの食事がツアー食(?)なのか口に合いませんでした。

今回利用したレイクリゾートホテルは前回と比べ料理のバリエーションが少なくなった様な気がしますが、どれも美味しく十分でした。

b0078675_11372641.jpg



思ったより食が進み自分でもびっくりしましたが、お昼抜きでしたからね012.gif


前回はこんな感じでしたが、この他に牛タンや喜多方ラーメン・きりたんぽ・馬刺しなど美味しそうなお料理が沢山あったみたいです。

b0078675_11385283.jpg


これ全部食べたのかしら?


5階にあった無料休憩所から綺麗な桧原湖が見えたのですが、そこはレストランに変わっていました。ちょっと残念!

ここの売りはやっぱり桧原湖を眺めながら入る露天風呂でしょう。
秋の紅葉は素晴らしかったです。

b0078675_11443040.jpg



ただ、大きな内風呂の奥から下に降りるので、私の足ではちょっと危ない・・・・。転ばない様に気をつけて入りました。妹も頑張って2回入りました。041.gif


翌朝は14:30分のバスで東京へ向かいますので、朝もゆったり過ごせて、弁天沼までお散歩に行きました。

多量のカルシウムと硫酸イオンとで美しいブルーは圧巻です。

途中で雨が降ってきたりもしましたが予定通りのお散歩が出来ました。

足が丈夫だったらハートの鯉がいる毘沙門沼まで行きたかったのですが、半分手前で引き返してきました。
安全第一!
それでも一時間の石ころだらけの道は結構な運動量・・・・足がガタガタになりました。勿論今回もステッキ持参。
今後どうなるのか・・・・様子がわかりません。007.gif

b0078675_11562562.jpg


また行きたいのですが・・・・・016.gif
[PR]
by ma-kom | 2016-06-10 12:20 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)



今年はどんな一年になるのかな?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ありがとうございます。 ..
by ma-kom at 19:39
はじめまして  突然の..
by 森のたぬき at 17:48
新しい事にチャレンジする..
by ma-kom at 09:19
U。・ェ・。Uノ~コンハ..
by risu777771 at 20:05
☆銀河☆さん 銀座..
by ma-kom at 09:29
メモ帳