パソコンで遊びたいなぁ~!

カテゴリ:歌舞伎・観劇・美術館・映画( 402 )

平成23年初春歌舞伎公演

行ってきました国立劇場。
お正月公演とあって華やかで良かったです。

b0078675_20314718.jpg
b0078675_20315523.jpg


初演以来二百年ぶりの復活だそうですが、今までなかったのが不思議ですね。
スペクタルな部分も織り込んでの作品は本当にお正月らしく、何といっても私はあのくもの糸が大好きなので面白かったです。菊之助さんは遠めにはだんだんお母さんに似てきて、やっぱり若い分肌のつやが綺麗!
親子で同じ仕事を持ち、競演できるのは素晴らしい事だと改めて感じたり、伝統芸能の継承の仕方や新しいものへの挑戦の仕方など若手に期待したいところです。

そんなこんなで今年の観劇もスタートしたし、後は精密検査の予定を組んでその段取りに着手しなくては・・・・。

b0078675_20431567.jpg

[PR]
by ma-kom | 2011-01-08 20:47 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

今年の観劇は国立から

ナンだナンダ、折角書き上げて投稿をしようと思っていたら、エラーが発生。全て消えてしまいました。
(≧σ≦)しょっく!!

あちこち立ち上げて同時進行でやっているのでエラーが起きやすいのか?これはかなりショックです。

お天気が素晴らしく良いとか、丹沢が綺麗に見えるとか、何だか時間がずれてしまってはその感激もずれてしまうものです。。・゜・(>_<;)・゜・。 ウエ~ンッ

と言うわけですが気分を取り直して進めていきますね。

昨日・一昨日と三谷作品の映画を見てしまいましたが、昨日会員登録をした舞台も三谷作品のものです。
国民の映画

b0078675_1154692.jpg


ここのシステムは初めてですが、取り合えず先行予約は申し込めるのですが、抽選になるようです。
後はクレジット扱いでコンビニでの発券手数料が105円かかるとか・・・・。
ちょっと面倒ですね。ぴあとかの方が分かりやすいのですが、コンビニには余り行かないので近くにあるのかしら?

国立のように劇場で発券が一番簡単で良いのにね~~~
明日は今年初めての観劇で国立に行きます。
尾上菊五郎家の芸である巨大な土蜘蛛にAKB48の歌も登場するみたい。
ちょっと楽しみ。
そう言えば、昨年の一月公演は菊五郎さんから始まったのよね。一年が早いです。

またエラーが起こる前に投稿しますね(笑)
[PR]
by ma-kom | 2011-01-07 11:11 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

風間杜夫の一人芝居

紫綬褒章受章も華を添えて補助椅子まででる盛況さ。
5部作は今回最後になると言う体力勝負の5時間半一挙上演。
これが、本当に素晴らしかったの。

061.gif061.gif061.gif061.gif061.gif

演劇界 驚愕!!
前人未到!ひとり芝居五本立て!
一日通して一挙に演じきる!
上演時間は5時間半!?
チケットも通し券のみ販売!
演劇史に残る偉業!歴史を刻む!
主人公「牛山明」の人生ここにあり!
団塊の世代を代表して
万感の想いを込めて
演じます! 歌います! ハジケます!

情けないけど情に厚く、前向きだけど上手くいかない、
ちょっぴり切ないオジサンが繰り広げる人生の哀歓喜劇。

060.gif060.gif060.gif
初めて演じたのは13年前、「団塊の世代の自分と等身大の男を演じ、『もう一花咲かせるぞ』
と思っていた同世代にエールを送るつもりが強かったそうです。彼の演じる牛山明もそろそろリタイアの年齢になり風間杜夫さんも還暦に。ここらで牛山明の人生も終わりだそうですが、5時間半の長い舞台でしたが、まるで宝くじにあったようなハッピーなひと時でした。興奮冷めやらぬとはこのことでしょう。

今回は早めの予約で2列目の特等席。牛山明の人生と風間杜夫さんの汗と涙をしっかりと見せていただきました。

ブラボーでした!

b0078675_20452658.gif


b0078675_20354380.jpg


残念ながら明日(10日)までなのよね。
[PR]
by ma-kom | 2010-11-09 20:51 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

貞子より風間杜夫

昨日も残業で遅かったです。私の仕事は3人の社員が訂正したデーターを打ち直しするので、どうしても他力本願になってしまいます。
昨日はその社員達が上の一声で帰りが遅くなり、結局ずれ込んだ時間がそのまま残業の時間になってしまうのですが、これってなにか変。
家に帰ったのが21時過ぎ。社員ではなく、それこそパートのオバサンの時間帯では無いですよね。

そんな忙しい毎日に毎週下北沢に出かける用事まで作ってしまい、益々首が回らなくなりました。(笑)

時間が無いのを良いことに気になっていた髪の毛は伸び放題でとうとう貞子になってしまったのには困惑気味・・・。
後姿を見ては( ̄□ ̄;)ギョッ!005.gif005.gif005.gif 何とかせねば。008.gif008.gif

b0078675_8325123.jpg


と、言いながらもこれから下北沢に出かけ、午後からは本多劇場で風間杜夫の一人芝居を見てきます。

そんな時間があったら美容院へ行け!ですが・・・・面倒なんですよね。
[PR]
by ma-kom | 2010-11-09 08:44 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

大衆演劇を見てみたけれど・・・。

凄く期待して出かけた劇団朱雀特別公演極付早乙女太一

見終わった後なんとも言いようが無い複雑な気持ち・・・・。

公演は一部・明朗時代劇→芝居、二部絢爛豪華→歌謡ショーの2本立て。

最初の芝居は全くつまらなかった。というより太一君、ヘタッピー!
大衆演劇ってこんなもの・・・?????
休憩を挟んでの第2部は見ごたえあり。
ただし、男の子での登場はジャニーズみたい。
やっぱり、圧巻は女形。これは見事!歌舞伎役者のどのタイプにも比較できない魅力がありました。

最後には花魁の衣装でお客様をお見送りするんだけど、厳重なるガードの元、その人が微笑む姿はまるで機械仕掛けのお人形さんのようで魅了が無かったです。

それはそうだと思いますよ。若干19歳になったばかりの少年が、オバサン相手に愛想笑をし続ける方が気持ちが悪い・・・・。
やっぱり、早乙女太一は舞台の上で演じている時が一番妖艶で、それだけで良かったみたい。

所で、太一君、お父さんがマネージメントをやると言い出し、所属事務所ともめた事があったけど、その後はうまく行っているのかしら・・・・。応援していたビートたけしも応援しにくくなったとか。

劇団朱雀には若いジャニーズ系の男の子達もいて、何だか大衆演劇とは違う方向へ行こうとしているみたいだけど、確かに太一君は数年に一人でるか出無いかの逸材なので、大事に育てて欲しいと思います。

今回の公演、劇場のスタッフも若い男の子を配して、これもおばさんを意識して?

撮影禁止だと注意されたけど????撮っちゃったものね。こんな男の子達が何人もいたの。劇団員?太一ファンから写真を外して欲しいと言われたので外しますね。幕間の写真くらい良いと思うのだけれどね・・・そのかわりこれは劇場外なので良いんじゃないの。
b0078675_1732110.jpg


とにかく、大衆演劇とは言っても、もはやその域を超えて違う所に行っちゃったみたい。
今後太一君が自分の意思を持つ年代になったらもう一度見に行くかもしれないけど
暫くはもういいやって感じでした。
[PR]
by ma-kom | 2010-10-26 08:45 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

薩長同盟裏書

昨日、あれから半蔵門にある国立劇場へ出かけるはずでしたが

どうせ行くなら皇居で開催されている特別展も見てみたい・・・・・。

これは絶対見てみたい。龍馬直筆の薩長同盟裏書

なになに・・・舞台の終了が15:50分。こちらの終了時間は16:00。
そんな~、ならば開幕前に・・・・。
と言うわけで、あれからすっ飛んで三の丸尚蔵館へ出向きました。

皇居で行われている「皇室の文庫」展。
目玉はたくさんありますが、私が見たかったのは龍馬の自筆裏書です・・・。

b0078675_10375560.jpg

こんなものも・・・・。
b0078675_10383581.jpg


雨の中沢山の人がいて、ゆっくり見物する事が出来ませんでしたが、取り合えず目的の物だけはしっかり目に焼き付けてきました。
b0078675_1013529.jpg


密約の為文書化されていなかったのを桂小五郎の求めに応じて「薩長同盟」の六か条を保証する為に書いた裏書です。
龍馬30歳(?)西郷隆盛39歳(?)桂小五郎(33歳)
凄い時代だったなぁ~とつくづく感じましたね。

その後は走る・走る、雨の中急ぎ足で半蔵門まで歩いていって、実は疲労困憊・・・。
劇場が見えて来た時はほっとしました。
b0078675_1024934.jpg

雨でしたが土曜日だったので満席でした。写真は3階の一番末席から撮った物ですが、しっかり花道まで見えるでしょう。ここで1500円は絶対お得です。(笑)
昨日のお芝居は幕末の江戸の話で、特に将軍江戸を去るは大政奉還のお話で、時代はまさに
リアルタイムでした。
徳川慶喜は、幕府が自ら進んで朝廷に政権を奉還すれば、薩長の討幕の大義名分を無くすことが出来ると考え大政奉還を実行するのですが、この時慶喜(31歳?)
お芝居の第一幕目は西郷と勝海舟の会見場面です。
江戸城総攻撃の一日前のお話です。お芝居ですから実際とは違うでしょうが、この時江戸城無血開城が決まりました。
凄い時代でしたね。
それにみんな若い!
でも、未だに「龍馬・龍馬」では成熟していない証拠と言われた方がいました。その事をあるコメントでちょっと書いたら龍馬ファンの男性から「違いますよ。成熟したのです。」とお返事を頂きました。

そうでは無くって成熟していないのは後世の私達です。
そろそろ、龍馬さん達を超えるリーダーが現われても良いのではないでしょうか・・・・。ッ!
[PR]
by ma-kom | 2010-10-10 10:53 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

国立劇場へgo~!

今日は朝から天気が優れません。
朝の弱い私は、気分が優れず、出かける前まで「行きたくない」を繰り返しています(笑)

今日は国立劇場まで出かけます。前売りを予約しているので出かけますが、これがフリーだったら行かないかもしれませんね。
このところお疲れで、来月の国立はパスをする事にしました。

b0078675_8454496.jpg


本来は家でごろ寝が大好きなので、自分で自分のお尻を叩かないとうんともすんとも動かない生活になりそうです。

そうでなくても病気のせいで代謝異常があるので間違いなく成人病へまっしぐら。

周りを見回すとみんな元気で、もしかして、一番自由で元気の良い年代かもしれませんね。

取り合えず行ってまいります・・・・ヾ(@^▽^@)ノ~~~~~~~~~マタネー
[PR]
by ma-kom | 2010-10-09 08:57 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

渡辺えり JAZZコンサート

久々のお出かけは高円寺で行われている渡辺えりさんのルールコンサート-4
「黄色い部屋の秘密」
なにせ、今回はJAZZに挑戦。
更に、更にゲストが吉田日出子さん
もう、大ファンなのです。
上海バンスキングの歌はみんな素敵でLPを何度もかけて聴いていました。

b0078675_1011232.jpg


えりさんはあの体格ですから迫力があり、何しろ舞台人なので全てが楽しいです。
前から2列目の席だったので表情が丸見えで面白かったですが、音はマイクがいらないと思うほどでしたね。
全部で20曲+αを熱唱し、幕は閉じましたが、次回は何に挑戦するのかしら?
歌詞は殆どを日本語にして歌っていましたけど、偶然に前の日にTVで見たビリーホリディの奇妙な果実があり、何だか複雑な気分。これ、強烈な歌詞なんですよ。それを日本語にしてあるのはかなり(≧σ≦)しょっく!!

吉田日出子さんは、これまた問題のあるダミア「暗い日曜日」を歌い、流石にお上手・・・・!!
更に上海バンスキングから「貴方とならば」を熱唱。
最近再演されましたが、私の思い出は30年(?)前の自由劇場での舞台。
俳優人がみんな若かった・・・・・。再演は少し・・・・悲しかった・・・・・。
20曲目にウエルカム上海を出演者全員で歌いお開き・・・・・
にはならず、当然アンコール。
えりさんはここでもしっかり見せる事に執念を燃やしてくれているので、その派手な衣装も楽しみの一つです。
最後はやっぱり花笠音頭で景気良く、でしたね。
55歳とは思えない、パワーとTVでは見えない舞台人の魅力満載のひと時でした。

そして、その公演が行われた座・高円寺はかの有名な建築家伊東豊雄さんの設計なのです。
昔、昔勤めていた所と伊東さんが仕事をしていた関係で何度か事務所まで設計書を取りに伺った記憶があります。伊東さんご自身とお逢いしたのかは記憶にはありませんが、懐かしいお名前でした。
こんな機会でしか行くことのない小屋ですが、何か良い出し物があったらまた行って見たい場所です。
b0078675_10294845.jpg

ただ、お休みを替って貰ってのお出かけは少々疲れました。
休息日が欲しいなぁ~~~。
今日は午後からお仕事ですが、世の中は3連休?
すっかり、忘れていました・・・・・・。ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。
[PR]
by ma-kom | 2010-09-18 10:48 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

懐かしさと寂しさと・・・。

061.gif 渡辺えりさんの一人芝居は下北沢のザ・スズナリで行われました。

ここは結構古く本多劇場オーナーの本多さんが、主催していた俳優養成所「本多スタジオ」の稽古場として、
当時アパートだった建物を改築。
1981年の同養成所卒業公演を機に、劇場としてオープン。
まだ工事中だった本多劇場に先駆けるスタートとなった所だそうです。

まあ、下北沢の小劇場の代表みたいな所なんですが、2階にある劇場までの階段が狭い。
ほら、アパートの狭い階段を想像してみて・・・・・。全てが狭い。
小屋は200人弱がぎっしりと入り、一体感はあるのだけれど、前の3列は自由席でベンチ椅子。
AからJまで×14人がパイプ椅子。
昔のままで懐かしかったですが、何せ、寄る年波には勝てず、腰痛持ちにはきつかった・・・・・。

観客はえりさんと同年齢も多く、年月を感じたけど、えりさんは元気いっぱい!
想像以上のビッグボディは圧巻で昔を彷彿(ほうふつ)とさせてくれました。
そう言えば、歌舞伎俳優の中村福助さんもご覧になったようです。
私の席の隣も役者さんでしたよ。

b0078675_92441100.gif


出し物は若手の作品を何本かだったみたいですが、これ続けていくのは結構きつくないですか?
一人芝居は続けて欲しいから、本はしっかり吟味してえりさんらしい作品を完成させて欲しいです。
来年、再演が決まったそうですが、体力的に大丈夫かなぁ~。

私が最初に見た300は「花咲く頃の憂鬱」で 1983年 PARCO SPACE PART3 でした。ここでもベンチ?座布団?席だったような記憶が・・・・・。
凄く、面白かったです。後から聞いたのですが新人の豊川悦司さんがちょい役で出ていたそうです。

その記憶が一部甦ったのですが、何せ、30年近くの歳月は、こちら側の肉体の衰えを様々と認識させてくれて多分に寂しかったです・・・・(苦笑)


久しぶりの下北沢でしたが、どこにも寄らず、早々に夕暮れの我が街へ帰って来ました。

b0078675_96494.jpg

[PR]
by ma-kom | 2010-08-17 09:26 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

乙女の祈り

今日は久々の猛暑の朝を迎え、流石の私も寝ていられませんでした。

早々にシャワーを浴び、首に保冷剤を巻き、パソコンに向かっています。
朝の運動は脳の活性に役立つそうなので、これは素直に実行しているのです。(笑)049.gif049.gif049.gif

今日は午後からお出かけです。
歌舞伎以外では本当に久しぶりの観劇なのです。
それも、懐かしい懐かしい劇団300の公演。と言っても、今は劇団300は解散して無くなっているので主催者の渡辺えり子さん(現在はえりさん)の初めての1人芝居です。

b0078675_8312298.gif
5人の若手作者による5体の役どころを演じる「乙女の祈り」は期待大ですが、どんなものでしょうね。

b0078675_8213771.jpg


最近はテレビにも出て、資金稼ぎをしていますが、劇団を維持していくのは大変な事だと思いますね。
昔は、みんな若かったので、それでも何とかワイワイ言いながら楽しかったのですが、観客も年を重ね、遊んでいられなくなった時期もありました。

それだけに今日は楽しみです。
結果は明日報告しますね。
[PR]
by ma-kom | 2010-08-16 08:33 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳