パソコンで遊びたいなぁ~!

カテゴリ:歌舞伎・観劇・美術館・映画( 402 )

映画三昧

今日は朝から良い天気で新聞も休みなので
一番に接骨院へ行って来ました。
月曜日なので混んでいると思ったのですが意に反してラッキーでした。
こんな日は気分が良いです。


昨日は映画を2本見て来ました。


b0078675_11425607.jpg
十八世中村勘三郎が心血を注ぎ、江戸の芝居小屋を現代に復活させた『平成中村座』。
東京・浅草で行われた初のロングラン公演の最後を飾る2012月5月の公演で、勘三郎は初役となる、め組辰五郎に渾身の思いで挑みました。まさに「火事と喧嘩は江戸の華!」を体現するような、舞台のエネルギーと客席の興奮が一体となった芝居小屋が大スクリーンに蘇ります。

この年の12月に亡くなったのでほぼ最後の作品の様な・・・・・。
3月に平成中村座の前の神社でお逢いしたんですよね。元気に見えたのに・・・・。



b0078675_11492843.jpg
未だに残念です・・・・。



2本目の映画は上映されたばかりの鎌倉ものがたり


b0078675_11444158.jpg

大人のファンタジーの様でセント千尋の神隠しの要素も何となくあって面白かったです。
横浜の友人は満員だったと言っていましたが、私が行った所は半分くらい(?)

ここの映画館は何をやってもこんな感じで満員と言うのを経験した事がありません。
出し物も若い人向けか子供向けが多いみたいな感じがしますが
シネマ歌舞伎を上映している以上潰れて欲しくないですね。


映画の合間にランチをしました。

b0078675_11554928.jpg
妹はカキフライ定食・・・私は鶏肉の黒酢あんかけの単品。
ご飯を少し貰って分け合いました。

美味しかったです。162.png


今日は夜7時からBSで下北半島の大間を舞台にした映画「魚影の群れ」が放映されるようです。
凄く楽しみですが、この7時と言うのが曲者で何だか忘れそうな時間帯・・・・。

頑張ろう!

映画って本当に良いですね・・・。(;_;)/~~~

[PR]
by ma-kom | 2017-12-11 12:06 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

師走の国立劇場

今日明け方背中が痛くて目が覚めました。
湿布を貼ろうかと思ったのですが一人だと上手く貼れません。
我慢して寝たら少し楽になったので
12月国立劇場の初日に出かけました。

本当はすっかり忘れていたので、どうしようかと悩んだのですが、行って良かったです。


b0078675_19243206.jpg

特に長唄舞踊の今様三番三が艶やかでまるで正月公演のように美しかったです。

若手の
中 村 歌 昇・ 中 村 種 之 助・ 中 村 米  吉の活躍が何だか微笑ましくって、これから楽しみでした。

『隅田春妓女容性』は まあこれが歌舞伎なんでしょう…と言う内容。
もう少し前の中村吉右衛門だったらね・・・・。もう少し粋でいなせでセクシーだったんですけどね・・・・。
御年73歳だものね・・・・。

難しい所ですよね。この世界も・・・・。


所で楽しみにしていた髑髏城の七人上弦の月のチケットが届いたのですが・・・・。
先行予約で頑張ったのに凄い席が来てしまった。


b0078675_19502840.jpg



b0078675_19503572.jpg


さすが今や旬の福士蒼汰
妹曰く、「獲れただけでもラッキーじゃないの。」妹が行きたがっていたのでチャレンジしたのですが、同じ金額でこんなに差があるのは何でかなぁ?先行予約なのでその分の手数料も取られるのに腑に落ちない・・・・。
でも、もしかしたら一般の申し込みではもはや完売状態かもしれないですね。

恐るべきアイドルです。






[PR]
by ma-kom | 2017-12-03 20:00 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

シャガール 三次元の世界

久々の東京駅です。


b0078675_17190409.jpg
いつ来ても素敵な建物でほれぼれします。
何時かこのステーションホテルに泊まって旅を出発してみたいです。

今回のこのステーションギャラリーも初めての会場で興味津々。建物やレンガも価値がありそう。

何しろ東京駅の駅舎内にある美術館ですから。


b0078675_17232869.jpg



b0078675_17353224.jpg



でも、やっぱりシャガールは素敵でしたよ。


b0078675_17190180.jpg





ポストカードもポスターもたくさん欲しかったのですが、残す事が出来ない身なのでグーッと我慢の子で帰って来ましたが、晩年の作品も素晴らしい色遣いで、見るだけで人を幸せに出来るこれこそ偉大な芸術家なんだと改めて思いました。



風邪で辞めようかと思ったけど行って良かったです。


[PR]
by ma-kom | 2017-11-22 17:39 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

妹のお供です。

懐かしの歌謡祭と言うことですが、それ程興味があるわけでないので、今日はお付き合いです。



b0078675_16405935.jpg





[PR]
by ma-kom | 2017-11-08 16:36 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

国立劇場11月歌舞伎公演

今日は国立劇場へ行きます。

本当のことを言えばだんだんしんどくはなって来ているのですが、最後の砦のようなお出かけです。
まあ駅から近いのが取り柄でしょうか?



b0078675_09212542.jpg


尾上松緑が坂崎出羽守をやるのですけど、この人に注目をしている。
お父さんの辰之助さんが早く亡くなったので今まで役に恵まれなく・・・・
それに・・・・。


本当に申し訳ないと思いながらおじいさんやお父さんには全く似ていなくって本人も相当悩んでいるようですが。

この方のブログを読んでいて、こちらも心が痛くなりましたが、こうした継承していかなければならない家の人は本当に辛いのだろうと思いますね。

幼いころからの心の闇はトラウマとなって現在まで続いているようですが、大丈夫、末端ですがしっかり見ている人もいます。

これからも見続けますので頑張ってほしいと思います。


そして今日は、来月の予約日でもあります。


b0078675_09213683.jpg

早く繋がらないと間に合わなくなります。




[PR]
by ma-kom | 2017-11-04 09:56 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(4)

選択

今日も朝から雨です。
毎日こんな天気ではウンザリしますね。屋久島ではこんな感じなんでしょうか?
夏の太陽が恋しい174.png勝手なものです。

明日は資源ごみの日・・・またまた少しずつ重たい本を処分しようと思っていたのですが、雨だと無理・・・・???


昨日は裏の温泉施設へ行きました。
入浴料+ランチ=1,000円が妹のお気に入り。
とうとう腰痛で整形病院へ行き温泉の効用を少しは感じているのかしら。



b0078675_09045966.jpg



温泉に入ってご飯を食べてリクライニングシートでお昼寝タイムが通常なんですが
昨日は自治会の映画会が行われるようで、妹は13時少し過ぎに出かけました。
私は、帰りにセブンイレブンによって大好きなソフトクリームを買って家に帰りました。






b0078675_09085502.jpg


ランチは6種類の中から選べます。昨日は鶏のから揚げ? 1000円セットは妹だけ。
私は前売り券600円で入り、それに秋刀魚の竜田揚げをプラスして2人で仲良く分けます。お米はあまり美味しくは無いけど大盛りもOKなので充分です。ちなみにこれは普通盛りです。



映画は妹だけ。

マジソン郡の橋はリアルタイムで観ているし、そんなに好きな映画では無いので今回は行きませんでした。


b0078675_09085759.jpg


まあ、4日間の恋愛映画と言えば聞こえがいいけど今風に言えば不倫映画。
高齢者用とは思えないけど・・・・・。




イタリアからやってきて夫や子どもとともにアイオワ州マディソン郡に住んでいる女性フランチェスカ・ジョンソンが、家族の留守中にこの郡にある屋根付橋の撮影にやってきた写真家ロバート・キンケイドと出会い、恋に落ちる。4日間の情事の末、ふたりは結局別れることになる。ロバートの死後にフランチェスカは亡き恋人の遺品を受け取る。ロバートは死後、火葬にされ、屋根付橋であるローズマン・ブリッジで散骨されていた。フランチェスカは死後、火葬にして灰をローズマン・ブリッジに撒いてほしいという遺言を残して亡くなる。



ただね、この女優さんメリル・ストリープ本当に演技がお上手で
この人の映画は結構見ていますね。


1982年の『ソフィーの選択』は本当に辛い映画でしたが、これでアカデミー賞主演女優賞を獲得しています。


<あらすじ>
「ネイサン」はユダヤ人の青年。ナチの犯罪が許せずに関係する本を沢山持っていました。そんな彼が住むアパートの部屋に、ある夜ポーランドからアメリカに亡命して来た「ソフィー」がやって来ます。
ソフィーの腕には強制収容所の囚人番号の烙印。「父はポーランドの大学教授でユダヤ人を助けようとした」と語ります。

この二人と青年「スティンゴ」が親友となるのですが、スティンゴはネイサンの紹介でつきあった心に傷を持つ少女に疲れてしまいました。
そんな彼に、ソフィーが身の上を話し始めます。
病気の母のために闇市でハムを買ってアウシュヴィッツに送られたこと。
父と夫がドイツ軍に拉致されて処刑されたこと。
カソリック教徒であるが、解放後に教会で自殺を図ったこと。

ある日、スティンゴは、昔ソフィーの父の講議を受けたという教授から、彼がナチ信奉者だったと聞いてソフィーを問いつめ、ソフィーもそれを認めます。
父と、父の弟子であった夫は反ユダヤ主義者でした。しかし、ナチは構わず二人を拉致して抹殺。ソフィーも息子・娘と一緒にアウシュヴィッツに送られ子供達は抹殺、ソフィーは収容所長の秘書にされたのでした。

その後、スティンゴはネイサンが妄想性分裂症であると知ります。
そんな中でネイサンがソフィーに求婚。
幸福そうなソフィーでしたが、ある日ネイサンの感情が高ぶってスティンゴがソフィーを連れて避難。今度はスティンゴがソフィーに求婚します。
その夜、ソフィーが重い口を開きました。
アウシュヴィッツの駅で、ナチの医者が自分と子供達の前に来て、子供を1人だけ手放せと迫った。『出来ない』と言うと、医者が『では2人とも焼却炉行きだ』と冷たく言い、『娘を連れてって』と叫んでしまった。

翌日、ソフィーの姿はありませんでした。家に戻ったスティンゴは、ソフィーとネイサンが自殺したことを知るのです。


この映画はまた見たいとは思いませんが、この選択の重さは一生忘れられません。


そう言えば、ポストの中に投函したはずのはがきが

b0078675_09084889.jpg

はがきって62円では無かったのかしらと思っていたら海外で買ったポストカードだったので大きさが違っていたみたい。20円不足のお知らせが・・・・。封書扱い。

昔々にどこかの美術館で購入したものだけど、気をつけなくてわね。
こんな事もあるんだ・・・・・。135.png



[PR]
by ma-kom | 2017-10-29 09:42 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

チケット当たりましたp(*^-^*)q がんばっ♪

昨日、こんなうれしいメールが

b0078675_10290648.jpg




b0078675_10290947.jpg


14:00狙いだったので難しいかなぁ~と思っていてのですが先行予約で見事当たりました。

これで2月の楽しみが出来ましたが、先が長いですね。

<上弦の月>
捨之介(すてのすけ)/福士蒼汰
天魔王(てんまおう)/早乙女太一
無界屋蘭兵衛(むかいやらんべえ)/三浦翔平
兵庫(ひょうご)/須賀健太
霧丸(きりまる)/平間壮一
極楽太夫(ごくらくたゆう)/高田聖子
狸穴二郎衛門(まみあなじろうえもん)/渡辺いっけい

やっぱり福士蒼汰君の人気は凄いのでしょうね。前半は完敗でしたが、抽選にもかかわらずヨーイドンで頑張りました。

全然関係ないのですが元SMAPの香取 慎吾君が昔共演した子役君に楽屋のれんを贈った話を小耳にはさんだのですがそれが今回兵庫役で出演する須賀健太君でした。子役時代から顔なじみでしたが大きくなった事!

何だか一寸嬉しくなりました。110.png


b0078675_10450469.jpg



それと昨日はこんなメールも

以下の商品を発送してください。

商品: 猫の詩集 [単行本] [1978] ジャック・プレヴェール; 山城隆一
コンディション: 中古商品 - 良い
コンディション説明: 1978年初版 帯なし 経年による多少の染みはあるが中身は綺麗です。


b0078675_10474016.jpg


注文日: 2017/10/20
価格: ¥ 2200
配送料: ¥ 257
手数料: (¥ 529)
振込金額合計: ¥ 1928


凄いですね、39年前に750円で購入した物です。
色々な作家の詩に山城隆一さんがイラストを描いているものです。

ちょっと高い気もしましたが、場を開いてくだっさている方々のお値段を参考にさせていただいています。

女性の方だったので猫好きなんでしょうか?
本来この手の物は取っておきたいのですが、残しても仕方が無いので泣く泣く処分です。
おまけに同じ山城隆一さんのポストカードを一枚つけて送ります。


最近はメールで済ませてカードを送る事も無くなったので趣味で集めた海外のカードも山ほどあるのだけど・・・・・。

収集も後々の事を考えると困ったものなので、今ではぐーっと我慢の子です。



b0078675_09205348.gif




[PR]
by ma-kom | 2017-10-21 11:05 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

シネマ歌舞伎ー四谷怪談

あらら、こんな時間になってしまいました。
実は今日明日と配水管の工事で断水になるのです。
と、言うより今日はすでに終わりましたが、それで早くから出かけてさっき帰って来ました。

今日のお出かけは本当は一泊でどこかに行きたかったのですが、そうも言っていられず今日は映画を観る日、明日は裏の温泉施設へ行く日とする事にしました。

本日の映画はシネマ歌舞伎で四谷怪談なのですが、何と昨年の6月にコクーンに見に行って席の悪さに散々文句を言っているようです。


b0078675_19590541.jpg



シネマ歌舞伎で充分だったかなぁ~。

でも、去年の話なのにすっかり忘れていてその事にビックリしました。


11月のめ組の喧嘩や来年一月の京鹿子娘五人道成寺の方が断然楽しみです。




b0078675_20091549.jpg

コクーンの最低の席を思い出し、またまた腹が立ってきました(笑)


まあ、ランチを食べて映画を観て、3ケ月に一度のクリニックへ行き、その間妹はお得意のショッピングで時間をつぶし、6時に待ち合わせをして夕ご飯を食べて帰って来ました。


この断水も曲者で、あんなに念を押していても、無意識の行動って恐ろしい・・・・。

私はその事を知っているのでトイレと洗面所には赤マジックで断水と書いて貼っていたのですが、妹が良く使っているキッチンには「大丈夫!」と言っていたので貼らなかったのですが、まあ、ものの見事に手を洗っていましたね。

無意識の行動って怖いですね111.png


妹でさえこうなんですからもっともっと高齢者さんはどうなんでしょう。

転ばぬ先の杖が沢山必要になって来ますね。

お姉さんは頭が痛いです。136.png136.png136.png136.png136.png




[PR]
by ma-kom | 2017-10-17 20:28 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)

ハイツの中の映画会ーペーパー・ムーン

昨日はハイツの中の映画会に行って来ました。

妹はあまり興味が無いと一人参加でしたが、そこそこの方が見えていました。ただし・・・私が一番若いかなぁ~111.png111.png111.png

1973年作品のペーパー・ムーンです。


b0078675_12010345.jpg



聖書を売り付けて小金を稼ぐ詐欺師のモーゼが、亡くなった知り合いの娘アディと出会う。彼は嫌々ながら彼女を親戚の家まで送り届ける事になったが、ペテンの相棒としてアディと旅を続けるうち、モーゼは父親めいた愛情を感じていく……。モノクロの映像が30年代の雰囲気を巧みに伝える、心温まるロード・ムービー。大人を手玉にとるT・オニールの演技が楽しい




b0078675_12004660.jpg


b0078675_12003715.jpg



ある愛の詩で有名になったライアン・オニールと娘のティタム・オニールの共演作品ですが


b0078675_12005030.jpg



9歳の時に父親と共に映画『ペーパー・ムーン』に出演、最年少(10歳)でアカデミー助演女優賞を受賞。シャーリー・テンプルの再来かと騒がれる。1976年の『がんばれ!ベアーズ』の頃は最も稼ぐ子役スターだったが、以後は役に恵まれず次第にスクリーンから遠ざかってゆく。



b0078675_12005715.jpg





1986年にテニス選手のジョン・マッケンローと結婚して一時引退。3人の子供に恵まれるが1992年に離婚して復帰。離婚時にはテータムがヘロイン中毒だったので、3人の子供の養育権は父親が持った。



b0078675_12004411.jpg


2005年に長女テータムが自叙伝を出版し、父親であるライアンによる虐待を告白した。ライアンは否定したが、他の子供たちも証言した。テータムもグリフィンも父親の影響から幼少期にドラッグに手を出し、薬物中毒になった。



この親子の40数年間の出来事は想像に絶しますが。それを踏まえて過去の作品を見るのは何となく辛いものがありますね。


b0078675_12004111.jpg


2008年の記事によると、マリブを巡回中の保安官は、執行猶予中であるライアン・オニールの息子、レッドモンド(母親ファラ・フォーセット)について観察のために自宅を訪問した際、ふたりはそれぞれ寝室に、麻酔剤とメタンフェミンと思われる薬物の入った小瓶を隠し持っていたという。



b0078675_12274668.jpg


お金があり、豪邸があり、でも子供たちは仲たがいばかりして出て行った。最後の恋人が残していったまだ若い息子とともに、破滅と知りながらも薬物が欠かせない人生を歩んでいた病身の俳優。『ある愛の詩』のあの名曲のように、あまりにも哀しく寂しい



人生いろいろです。

[PR]
by ma-kom | 2017-10-15 12:37 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)

何だかとっても忙しい(笑)

最低2回は来てくださいと言われていたので接骨院へ行って来ましたが、10時から来月の国立の予約が始まります。
それが終わってからでないといけません。
国立劇場も安い席から売れてしまうので、結構真剣。それに一階狙いなので更に真剣。
それが終わり、整骨院へ行ったら今日はこの時間えらい混んでいました。

ついでにいつものクリニックを廻ったら12時過ぎてしまい、スーパーでリンゴと小松菜とバナナと2リットルのお水を買って帰って来ました。




b0078675_13120232.jpg
毎日飲むスムージの原料です。これに豆乳が加わります。



お水は来週から始まる工事の為に少しずつ集めています。断水日が2日はある様なので・・・・。
これでも結構重たいです。近いから助かりますが、これ以上遠いと無理ですね。


昨日はえきネットで予約した特急券を券売機で受け取ろうとしたら、乗車券と全く同じ(●●で乗車●●で下車、その間の特急券と乗車券)でないと大人の休日倶楽部の割引が効かないと言う事で窓口に並びましたが、これって面倒ですよね。

最初から窓口や券売機では大丈夫みたいですが、えきネットだけがダメと言う事みたいです。

えきネットって一か月前から予約が出来て席指定が出来るので便利なんですよ。

今回の松本行きは高速バスでは無くあずさで向います。

急だったのとキャンセルする場合は窓口へ行けば話は分かりやすいかなぁ~と思ったりして・・・・。キャンセル料はバスより高かったような・・・・。

この辺もちゃんと調べておかねば・・・・。




そう言えば11月に行く予定の


シャガール 三次元の世界


b0078675_14034570.jpg

会期:2017年9月16日(土)-12月3日(日)

画家、版画家として著名なマルク・シャガールは、晩年に多くの彫刻を制作していました。シャガールの彫刻作品を、日本で初めて本格的に紹介する本展では、平面作品と深い関わりをもつシャガール彫刻の特徴を踏まえ、関連のある素描や絵画、同主題の絵画などとともに展示し、シャガールの三次元世界を巡ります。日本初公開作品を多数含む、彫刻・陶器60点、油彩・水彩70点、素描・版画等40点で構成される本展は、新しいシャガール像に触れる貴重な機会となることでしょう。



b0078675_14035245.jpg
ヤオオクでこんなものを見つけてしまった。
結構お得だけど本当に大丈夫だろうか・・・・。



[PR]
by ma-kom | 2017-10-04 14:10 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳