パソコンで遊びたいなぁ~!

カテゴリ:旅・お出かけ・ランチ( 818 )

嬉野の温泉の朝

う~ん………!
期待が大きかった分、ちょっとがっかりかな。

地方の温泉は海外組が減ると大変みたいです。

その分ゆったり温泉には入れましたが、つるつる感が今一つ。


b0078675_06342872.jpg




b0078675_06350370.jpg


今日は、長崎に向かいます。

蝉の声で、めがさめました。
暑くなりそうですね!




[PR]
by ma-kom | 2017-07-25 06:27 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)

嬉野温泉

いよいよ出発です。観光と違って、印鑑証明を提出すると言うまだ良く理解出来ていない打ち合わせがありちょっと緊張しています。

父の古い年賀状から父のいとこにあたる人の娘婿さんが嬉野市で郵便局と司法書士をなさっていると言うので、ダメもとでお手紙を書きました。
勿論、父の従妹さんは亡くなっていて、その娘さんも高齢ですが、先祖のお墓の場所を尋ねたところ、当日案内してくださると言うちょっと私としたらラッキーなお返事。
そうでも無かったら単身むやみに実印は押せません。

一応、市役所にも問い合わせでそう言う物件もあると言う事でしたがこれは全く理解できない田舎の土地問題なのです。
土地と言うよりけもの道とでも言うのでしょうか?でもその為に開発が進まない・・・・。
先方も必死なんでしょうね。

取りあえず往復のチケットと
佐世保のホテル・長崎のホテルを予約してくれました。

嬉野の親族の方が「この日のお泊りはどうなっているのですか?嬉野温泉にでも一泊なさったら?」
と電話口で丁寧なお申し出があったのですが、

とにかく一日の行動を考えたらホテルへバタンキューだと思っていたのです・・・・・。


でもでもよくよく考えたら、嬉野市からわざわざ来てくださる方のお礼はこちらでしなければならず、商用だけでさようならと言う訳にも行かずどうしたものかと悩みました。佐世保で会食?と言ってもよく分からないし・・・・。


結果、嬉野温泉で夕食抜きのホテルを見つけ夕食だけどこかでご一緒にする事にしようかと考えていました。


何せ不便な所です。長崎まで出るJRの駅まではバスしかないし、そのJRも一時間に一本位しかないのです。


だけど、一度は行ってみたかった美人の湯=嬉野温泉  この機会を逃したらもう来れないかもしれない・・。


b0078675_09263371.jpg
佐賀・嬉野温泉は、島根県の斐乃上温泉、栃木県の喜連川温泉と並んで『日本三大美肌の湯』と呼ばれています。嬉野温泉のぬめりのあるお湯は、ナトリウムを多く含む重曹泉。皮脂や分泌物を乳化して洗い流し、湯上りはまるで一皮むけたようなつるつるスベスベの肌に!



妹は「ホテルを予約してくれた不動産会社に悪いじゃない。」とあまり気が進まない様でしたが、ここは自分の思いを大切にする事を最優先にして嬉野温泉行を決断しました。

親族の方も喜んでくれて「旅館はこちらで手配します。」と言ってくれました。

本当は物が食べられないので、ホテルでベッドが一番楽なんですが・・・ここは恩義に報いて我慢×我慢

妹は昨日から「熱中症かもしれない」と言いだし、頼りにしているのだから頑張ってくれなくっちゃ~。


b0078675_09481504.gif


夕べも松本の友人からTELが入り、無理しないで、月末の松本行きをキャンセルする事が無いようにと念を押されてしまった。

松本で行われる観劇へのご招待の代わりに近くの温泉宿を予約してくれたみたい。

体力温存に我慢をせず無理をしない様に自我を通すことにします。111.png




[PR]
by ma-kom | 2017-07-24 07:12 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)

一夜明けて

梅雨は空けたのかしら?
暑いですね。

あちらも暑かったですが、流石に高原ですからじとじとする暑さは無かったですね。


今回も美術館ありきで出かけたのですが一番安く行く方法が裏磐梯レイクリゾートの東京駅から往復バスで行く方法です。

2014年8月のブログに

東京駅よりJR 東北新幹線(約1時間25分) → 郡山駅よりJR 磐越西線(約40分) → 
猪苗代駅より磐梯東都バス(約25分) 【五色沼・磐梯高原行き『諸橋近代美術館前』下車】
このバスが曲者で情報が良く取れません。
五色沼の近くらしいので面白そうなのですが情報がないとえらい目に遭います。042.gif
こういう場所は車が便利なのですがそうも言っていられない。
考えてしまいますね。


その後に当時は星野リゾートに行くバスツアーの情報を知って渡りに船・・・・安く行けますね。
それからは新幹線を使ったツアーにも行ったのですが、神秘的な青沼にも近いのでこのレイクリゾートが多いいです。

2時前には到着するのでその足で美術館へ向かうのですが、今回は朝ハスの花が咲くのでそれを見たいと思い翌日にしました。

それですぐさま桧原湖の見える露天風呂を楽しみ、日が陰った所で桧原湖と青沼まで歩きました。

b0078675_11384130.jpg

私の足では精一杯で、何度も見ているので妹は別にいいのではないかと言っていましたがどうしてもあの青さが見たかったのです。



b0078675_10481131.jpg







b0078675_10514065.jpg



毘沙門沼には例のハートの鯉がいるはずですが元気にしているかしら?



b0078675_10583816.jpg


2015年6月でした。この時は美術館の隣にある裏磐梯ロイヤルホテルに宿泊し、ここからはハートの鯉のいる毘沙門沼は近いのです。

元気だったら頑張って一気に五色沼を堪能したかった所ですが2014年に来た時から弁天沼止まりだったので青沼までは精一杯。
我ながらこの執念には感心しています(笑)






b0078675_10484190.jpg


五色沼は実にさまざまな青色を見せてくれます。その中の一つの沼はアシの根元に、酸化鉄の沈殿物が付着し赤みがかってるものもあり、赤沼と呼ばれます。 五色沼の水の色は、水中の微粒子の大きさによります。例えば、大きな微粒子ですと、光のスペクトルが含まれています。アロフェンは主としてアルミニウムや珪酸などからできています。アロフェンは強酸性の水では形成されません。磐梯山の噴火口から五色沼へ流れ出る酸性の水は温泉のアルカリ成分によって中和されます。青沼、瑠璃沼、弁天沼、竜沼、みどろ沼や毘沙門沼はアロフェンのために青白色しています。




今回はホテル直接の予約から急きょ旅行会社への乗り換えだったので電話で慌ただしく行ったため、不手際があってどういう訳か和室になっていました。同じ日にちだったのに少し安かったのですが、確認しなかったのかなぁ~。和室はいろいろな意味で無理なんですよ。
それと、安くなった分で夕食をバイキングから和食へレベルアップしたのですが、これが間違い・・・・。



b0078675_10505552.jpg



b0078675_10492171.jpg

美味しかったのですが・・・・・。
朝からお腹の調子が悪かったのでほとんど食べられず、頼みの妹は上品すぎて口に合わないと言っていました。
鍋はポン酢で食べたかったと言っていましたよ(笑)


次回はまたバイキングにしようと言う事になりました。その方が安いしねσ(^-^〃)



翌朝は頑張って露天風呂に出向きました。ちょっと足場が悪いので夜は怖かったのですが・・・・。ここは秋の紅葉は綺麗ですよ。




美術館は蓮の情報を得ていたので楽しみにして出かけましたが、この時期でもバスは一時間に一本あれば良いくらいのローカルです。
b0078675_10500884.jpg



b0078675_10500481.jpg



b0078675_10501280.jpg








b0078675_10495984.jpg





この美術館も昔は写真OKの所が多かったのですが今では全面禁止になりました。

残念な事に2014年の年末にパソコンの故障でその年の写真がすべてパアになったのでこのブログに掲載した分しか残っていませんが残念な事をしました。



b0078675_10512531.jpg





b0078675_10513563.jpg










b0078675_10512821.jpg




b0078675_10493077.jpg
今ではここ止まりです。時代と逆行していますよね。ウィーンでは写真OKだったし、日本でもフラッシュ以外はOKと言うのもありました。でも、本当に人がいない。土曜日だったのでいた方かしら・・・・。東京では信じられない。
大きな声でしゃべった妹は注意をされていました127.png


今回はピエール=オーギュスト・ルノワールのモーリス・ドゥニ夫人(※6月27日から展示。)が展示されていましたがシャガールの黄色と赤の花束は展示されていませんでした。


年2回の展示企画を維持するのは大変な事なんでしょうね。



b0078675_11483375.jpg




b0078675_11484976.jpg



今の所年一回行くのが精一杯でそれ以上は難しいのですが、大好きな美術館であることは間違いない所です。
とにかく、ダリの彫刻と言うかオブジェが特に好きなんです。


秋にまた行けたらうれしいなぁ~・・・・。
毎回、もう無理・・・と言いながらまたまた妄想をしてしまいます。
後は頑張って体調を維持し、佐世保行きに切り替えて・・・これは旅行と言うよりはお仕事に近いので緊張感を持って臨みます。









[PR]
by ma-kom | 2017-07-16 12:20 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(0)

諸橋近代美術館

ダリが好きでも有るのですが、この美術館がとっても好きです。

朝は蓮の花が見られると頑張って朝早く出かけました。


b0078675_13095039.jpg


穏やかな空間は、日本では無いみたいですよ。
4回目の訪問ですが、飽きないのです。


隣接してホテルも有るのですが、リゾートホテルの露天風呂も捨て難いですね!


b0078675_13150253.jpg


今回は、ホテルから近い青沼まで行きましたが、精一杯で我ながら褒めてあげました。


ハ-トの鯉まではいけませんでした!


次回は秋の紅葉の時期か、美術館で秘蔵のシャガールを公開する時かしら(-^〇^-)



[PR]
by ma-kom | 2017-07-15 13:06 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)

裏磐梯にある諸橋近代美術館に行って来ます。

今を生きると言う訳で大好きな諸橋近代美術館へ行って来ます。

朝早いので予約投稿をしています。



b0078675_11310888.jpg


大好きなダリに逢えるのは嬉しいですね。



b0078675_11303672.jpg



暑さだけが心配ですが、五色沼も綺麗でしょう・・・・・。

どこまで歩けるか分かりませんが、制覇は毛頭無理です。145.png


桧原湖を見渡せる露天風呂も楽しみです。



b0078675_11384130.jpg



好きなものに対するワクワク感がたまりませんね!

今月は佐世保・松本と2つのイベントが控えているので無理は出来ないのですが、どうなる事やら・・・・。



それでは行って来ます。


[PR]
by ma-kom | 2017-07-14 07:05 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)

今日の思い出

朝起きた時から174.png174.png174.png174.png174.pngだったので治療院へも行きたくは無かったのだけど、一週間は経ってしまったので恐る恐る行って来ました。治療をした後も額に汗が・・・・119.png
この暑さ、熱中症には気を付けないと・・・・。




b0078675_13153912.jpg



5年前の今日は尾瀬に行っていたみたいです。


今思えば、この辺はこの時期でも大分涼しいみたい。
今日のピーカンでは予想もしないけど・・・。



b0078675_13154671.jpg



この時は今よりは大分元気だったけど、かなり心臓がパクパクで元気組と別行動で早々と引き揚げてきた記憶があります。



b0078675_13155121.jpg


肉体は元気では無いけど脳はパワフルなのでその辺が自分でも訳が分からない・・・・。

松居 一代さんにならない様に気を付けないと(笑)



[PR]
by ma-kom | 2017-07-11 13:30 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(0)

瀬波温泉から新潟上越新幹線で東京へ

今日から7月です。一年も半分が過ぎてしまいました。
どういう訳か夜中に急にまるで腸の内視鏡検査の様な状態になり、痛みはそれほどないのですが、ビックリしました。
何なんでしょうね。何かに当たった? しばらくは絶食で様子を見よう・・・・。
内蔵も疲労していたのかもしれません137.png
物が食べられないと言うのは本当に不便で哀しいものです。



早く切り上げないと頭の中が前に進みません。
月末前の九州行きも飛行機のチケットが届き、現実味を帯びて来ました。これも旅行中に名前や生年月日・住所をスマホで打ち込み、先方とのやり取りをしたので、ちょっと忙しかったです。


さてさて、瀬波温泉の夕べはと言うと
お腹がいっぱいと言う事と疲れ果てて20時には布団に入り、テレビを見ていたのですがいつの間にか寝ていました。
温泉にも食事前に一度しか行けなくて夜の露天風呂を堪能できず勿体なかったです。
波の音がかすかに聞こえて凄く癒されました。
ただねぇ~ベッドで無く布団なので腰痛の身にはとても辛い・・・・。

翌朝はチェックアウトを11:00にしたので朝食もギリギリにのんびり出来ました。


4日目です

あまり良いお天気なので、食事前にお散歩をしました。





b0078675_20115638.jpg





昨日の日没をこの場所で眺めれば良かったと思いました。
暑くも無く、寒くも無く・・・何と気持ちの良い事でしょう。波の音が優しく聞こえるだけです。本当にのどか・・・。日本海の優しさなんでしょうか?



b0078675_20151429.jpg

この街は鮭が有名なんですって・・・・。



b0078675_20123794.jpg


朝食はいつも食べないのでついついパン食になってしまったけど郷土の料理が小皿で並んでいたので和食にすれば良かったと後悔しました。


b0078675_20120080.jpg


この日は帰るだけなのでのんびりしていましたが雨でも降ったらこの街の印象もまた違ったものになっていたでしょうね。

車で送っていただいたのですが、本当に海だけなんですよ。町までは車で無いといけないし、連泊は難しいかも・…と密かに思ったりして。でも夕陽は素晴らしかった。もう何度でも眺めていたい・・・・。


b0078675_20122320.jpg


新潟までは羽越本線いなほ号で向います。



b0078675_20122784.jpg



途中駅で新発田と言う駅がありました。


列車の中にもお城の写真が・・・。沿線なので降りる事も可能ですが・・・。



b0078675_20123085.jpg



この地名しばたと言うらしいです。


私は初めてだったので凄く面白かったです。



新潟から上越新幹線で無事帰って来ましたが、こんな贅沢な旅は
大人の休日パスでもない限りは絶対に行けません。


ローカル線の青い森鉄道は八戸から青森まで片道2280円もします。
大湊線も1140円します。


今回も6回の指定席を全部使いきっての旅でした。

そうでなければ青森から一気に新潟までは行けないでしょう。


今の体力ではこれが精一杯で、新潟で遊ぶ事も出来たのですが
無理をしない事にしました。おかげで未だに体が痛いのですが(笑)今回も楽しい旅をすることが出来ました。



今回のメインは下北半島巡りと瀬波温泉の夕陽。

浅虫温泉はちょっと付け足しになってしまいましたが、次回は又ゆっくりと温泉三昧をしたいと思っています。







[PR]
by ma-kom | 2017-07-01 08:58 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(0)

浅虫温泉から瀬波温泉へ

さて、浅虫温泉に着いたのですが、本当はもう少し早く着いて温泉に浸かり、ゆっくり夕食を取りたかったのですが、そうはさせてくれませんでした。

そこで最初から夕食抜きのコースを選びました。最近は旅館でもこういうコースがあって便利ですね。

ヘロヘロになったので取りあえず、温泉へ・・・・・。

温泉は大浴場(それほど大きくも無く)以外にも各階に貸切風呂があって凄く便利でした。

b0078675_11083184.jpg




大浴場には妹と一緒に行ったのですが、このお風呂には一人でゆったり浸かっていたらあんまり長かったのか妹が心配して外から声をかけていましたね。ここのお湯は凄く良かったです。


昔は東北の熱海と呼ばれていたようですが、今ではちょっと哀しい!




b0078675_11202024.jpg



三日目

流石に朝ごはんは美味しかったです。素朴なんだけどね、昆布の煮物とか・・・。お土産にしたかったほど。手作りなのでお土産用には無いと・・・。残念。


b0078675_11230050.jpg



さて、ここから青い森鉄道に乗って青森→新青森→盛岡→新幹線こまちで秋田まで


b0078675_11232237.jpg



更に生まれて初めての羽越本線特急いなほに乗りました。


b0078675_11242034.jpg



まあ、恐ろしい鉄道の旅です。乗り鉄が好きでないとこうは行かないでしょうね129.png


そして、村上に着いたのは15:46分


b0078675_11242538.jpg


憧れの瀬波温泉まで向かいます。お天気だけが心配でしたが日ごろの行いのせいか?可哀想に思ってくれたのか凄く良いお天気でラッキーでした。
日没は19:10頃と言う事でしたが、お腹が空いたので夕食を18:30分に設定し、お食事場からも見えますよと言われたので安心していたのですが、これはちょっと失敗しましたね。


b0078675_11462430.jpg




b0078675_11455676.jpg



お食事処はガラス越しだったし、目の前は大海原なので下に降りてゆっくり大パノラマを眺めれば良かったと後から後悔しました。
食事も豪華だったのですが、窓の外ばかりに気が散って・・・・。



b0078675_11460318.jpg


b0078675_11243249.jpg


お風呂は海際の露天風呂がありローケーションは最高だったのですが、疲れ果てて早寝をしてしまい夜の闇を堪能する事は出来ませんでした。


この大パノラマは一見の価値ありですが、お天気次第でしょうね。













[PR]
by ma-kom | 2017-06-30 12:00 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(0)

ぐるりん下北

あ~あ・・・
こんな時間になってしまいました。

今日はIHI STAGE AROUND TOKYOで2017/6/27〜9/1公演の劇団新感線の『髑髏城の七人 Season』を観に行って来ました。


b0078675_20343690.jpg




第三希望日だったのですが、この日が獲れたので、獲れただけでもラッキーな公演なので、少々お疲れなのですが文句は言えません。
座席も前から4番目と言う良い席だったので、本当についていました。先行予約は13000円もするのに席を選べないと言う何だか割り切れないのですが、今の芝居は殆どそんな感じで、10000円以上で大した席でないとガッカリしてしまいます。
その点今日の舞台は、最高の環境で堪能出来て大満足でした。110.png



こんな日が続くと旅の感慨も薄れてしまうので記憶にあるうちに書き進めないと・・・・。



二日目 ぐるりん下北で下北半島を廻ります。
季節限定で毎日運行している訳では無く、昨年から頭に入れて計画を立てていました。
大人の休日パスの日以外は土日が中心で、温泉旅館はその辺はお値段が上がるのでビジネスホテルにしたので食事がちょっとね!残念でした。


7:55分にホテルにお迎えが来ました。
ぐるりん下北はまず、本州最北端の地大間から


b0078675_20530160.jpg


今でこそ大間のマグロで有名になり、マグロ御殿が沢山ありました。。。。。。。。妹がビックリしていましたが、御殿はあっても街は無い・・・・。



市場では大間のマグロといえば超一級品の名を受け、高値で取引されるほどの活況を見せていたが、昭和50年(1975年)前後を境に魚影が薄くなり、つい最近まで大間沖からの水揚げはほとんどなかった。その原因については、海流や水温の変化などさまざま言われている。漁師の一部には青函トンネル工事が原因ではないのかと指摘する者もいたが、県の調査で「影響はない」とされ、最近になっての好漁と併せ、生態系にはまだ不明な点が多い。
魚影が消えておよそ10年ぶりに「マグロが来た!」と浜が活気づいたのが平成5年(1993年)10月のことである。平成6年には440キログラムの超大物が捕れた(※1)。以来、毎年100~300キログラムクラスのマグロが水揚げされるようになり、平成7年には22トン・1億7650万円、平成9年は12月末までで前年を大きく上回り、170トン・4億7800万円に上っている。このうち1本30キロ以上のものが615本、100キロを超える大物が213本水揚げされた。



(※1)この440キロのマグロは、大間崎のモニュメントのモデルとなりました。



私が知っている大間は下北半島のマグロ漁をテーマにした吉村昭作品の映画化
魚影の群れの大間なのです。
b0078675_21033501.jpg


今から34年も前の映画で、それは凄まじいものがありましたね。

本作のロケ地は、言うまでもなく、マグロの一本釣り漁で名高い、本州最北端の青森県大間の町。

大間・マグロの一本釣り
今や、「大間マグロ」がブランド視されるようになって、つとに商品価値が上がったが、物語の舞台では、そんな世俗の臭気と切れて、一本釣りに命を懸ける男たちの生態がリアルに活写されていた。

役者さんたちが素晴らしい・・・男たちが素晴らしい・・・・でも・・・私には無縁の地。

そんな地に今やっと行けて嬉しかったです。


巡回バスを降りて、フェリーに乗り佐井港から仏ヶ浦まで行きました。




b0078675_20530732.jpg



仏ヶ浦の原型は、約2000万年前の海底火山活動によって形作られたといわれています。 神秘的に並ぶ巨岩・奇岩の中には、岩に名前や言い伝えがあったり、源義経の伝説にまつわる岩も存在しています。 仏ヶ浦の凝灰岩はもろく崩れやすく、表面が常に浸食されているので植物が根付きにくくなっています。 海岸を歩いてみると岩が崩れ落ちる音が時折聞こえ、実際に小さな岩が斜面に沿って大量に堆積しているのがわかります。

長い年月をかけ自然が作り上げた
その光景には、自然の偉大さを感じますね。



その後には有名な恐山

日本三大霊山の一つに数えられ(滋賀県の比叡山と和歌山県の高野山)
立ちこめる硫黄臭
荒涼とした風景は、その名に恥じない


 


b0078675_20532128.jpg


ここには温泉があり、入浴が出来ますが、結構広くて決められた時間には無理でしたね。

口寄せで有名なイタコさんは年数回のイベントしか来ないのでいつもいる訳では無いのですが

ある50代のご婦人が売店の人に「今日はイチコさんはこないの?」と尋ねていたので知り合いかと思っていたら
ビックリした事にイタコさんの事でした。
「あら、イチコさんじゃないの?」
これってビックリしませんか?




大間のマグロは7月中旬からなので今は冷凍ものです。

ツアーではお弁当付で食事をする時間は無かったのですが、
特別に赤身、中トロ、大トロの三切れを1000円で手配してもらい食しました。


b0078675_20531269.jpg

正直、少なすぎてゆっくり味わうと言う間がありませんでした。



b0078675_21382741.jpg


出来れば直接行って食べたい所ですが・・・・・・・・その遠さに考えてしまいますね。



巡回バスはその後尻屋崎を廻って、各出発点へ戻って来るのですが、そうすると
ちょっと面倒な青い森鉄道に乗って浅虫温泉まで行くことが出来ないので途中で降ろしてもらいました。



b0078675_21434784.jpg
17:05分の電車に乗って浅虫温泉に着いたのは18:31分


結構ハードな一日でした。










[PR]
by ma-kom | 2017-06-29 21:55 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)

下北半島の旅一日目

帰ってきた途端、こちらは雨・・・何と言うラッキーな4日間だったのでしょう。

戻って、まず行ったことは、旅行の初日に舞い込んだメールの処理

以下の商品を発送してください。


b0078675_08485819.jpg
商品: 東京オリンピック記念 1000円 硬貨
コンディション: 中古商品 - 可
コンディション説明: 購入後、自宅で保管していたのですが、経年劣化あります。
数量: 1
注文日: 2017/06/24
価格: ¥ 2000
配送料: ¥ 514
手数料: (¥ 379)
振込金額合計: ¥ 2135


こう言う事はすぐやらないと忘れてしまうから・・・。とにかく何でも手元の物が減るのは嬉しい162.png

それから、写真の整理・・・何時までもかかわっていられない位今月はスケジュールが立て込んでいるのです。


下北旅行一日目
9:08発はやぶさ9号で八戸まで向かいます。
東京駅は旅立の人で賑わっていました。皆さん元気に動いているのに妹は感心していましたよ。
b0078675_08531752.jpg





b0078675_08532154.jpg



新幹線は指定席が一か月前から予約が出来るので頑張って出入り口から近い席を選びました。出来れば一番後ろがベストなのですが、今回は行きと帰りに一番後ろの席をゲット。
えきネットは席を選択できるので便利ですが、ブラブラ旅行には無理ですね。

八戸までは早いです。そこから青い森鉄道で野辺地まで行き大湊線で下北まで行くつもりでしたが
どういう訳かそのまま乗り換えなしで下北まで行けました。この辺のローカル線の事はよく分かりません。
b0078675_08532749.jpg




2両列車なので油断をしていたら席が無い・・・・。慌てて優先席を見つけましたが一時間半はかかるので汗汗でした。
着物を着たご婦人たちがたくさんいたのでイベントでもあったのでしょうが、普段はどうなんでしょう。
それにこのローカル線、結構なお値段です。こんな時しか来られないです・・・・。



b0078675_08533914.jpg


この大湊線が何とも恐ろしい(笑)

b0078675_10541891.jpg

これぞ、ローカル線と言うか、青い森鉄道もそうだけど想像を絶しますね。

b0078675_08534373.jpg

ちょっと早めについて付近を探索しようかと思ったけど、喫茶店一つも無く14時にチェックインしました。
ここのホテルは駅前と言う事で選んだので温泉では無く、お風呂の楽しみもあまりなく、せいぜい青森ヒバを使った湯船&ビューバスルームを選んだのですが大したことは無かったです。

夕食も「味噌貝焼き御膳」か「漁火御膳」とか言っていたので期待したのですが、美味しかったのはお刺身位。ちょっとガッカリ。
朝食は更に最悪!私としても食べるものが無かったです。

b0078675_11051888.jpg

b0078675_11054761.jpg

この日は寝るだけだから翌日の7:55のぐるりん下北のために英気を養わなければ・・・・。
wi-fiは使えましたが、スマホからの入力は本当に苦手です。

今日は早速接骨院へ飛び込みました。
大して歩いていないのですが、列車の移動が長かったので腰が・・・・・。149.png





[PR]
by ma-kom | 2017-06-28 11:23 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
kyonchan54さ..
by ma-kom at 19:48
凄いお友達ですね。元気で..
by kyonchan54 at 15:14
☆銀河☆さん 同じ..
by ma-kom at 12:14
こんにちは。夏風邪で苦し..
by ☆銀河☆ at 11:33
yamamoto-45..
by ma-kom at 19:21
メモ帳