パソコンで遊びたいなぁ~!

2017年 03月 21日 ( 1 )

映画鑑賞

今日は久々の057.gifで気温も低くなっています。

妹は風邪?かしらと言っているので気をつけねば・・・・。
そう言えば、この冬一度も風邪を引いていない様な気がします。

どうかどうかみんなでお出かけの時に風邪を引かない様に祈るだけです。花粉も酷いようです。こればかりはどう気を付ける???


b0078675_11453722.gif




有楽町の映画館で上映される作品は気を付けていないと見過ごしてしまう。

b0078675_11515068.jpg


世界最大級の美術館の250年
世界三大美術館といわれるのが、フランスのルーヴル(1793年設立)、米国のメトロポリタン(1870年設立)、そしてロシアのエルミタージュである。なかでも1764年創立のエルミタージュ美術館は最も古い(当時の日本は江戸時代第10代将軍、徳川家治の頃)。絵画、彫像、宝飾品、陶磁器、武具など膨大な所蔵品は世界一と言われ、300万点の至宝に、2,000の部屋、他のどの美術館よりも多い学芸員を有し、年間366万人以上(2015年)の入場者が訪れる世界最大級の美術館である。本作はそんなエルミタージュ美術館の真の姿に迫り、その誇りと250年もの時を超えて今なお特別な存在であり続ける理由を明らかにする。


行ってみたいなぁ~と思っていたけど、会場が広すぎて今の足の状態だと多分無理なので、この際映画で充分です。
先日ルーヴル美術館を効率よく廻る方法をテレビでやっていたけど、あらかじめのレクチャがあると成程と感心する事も多々あり、素晴らしいと感心しつつ、出来れば映画でで見てみたかったです。

映画は映画館で観た方が断然良い作品とテレビでも良いと思える作品があるけど、私はなるべく映画館へ足を運びたい方なのです。

4月は結構見たい映画が目白押しで、まず書き出しては選択をするのですが、そう言った意味でも都会は凄いと思いますね。

今や格差社会と言われていますが、こうした目に見えない文化の格差も間違いなくあるのです。


おとなの恋の測り方
UN HOMME A LA HAUTEUR
99分
フランス
公開予定日6/17(土)~
監督
: ローラン・ティラール
出演者
: ジャン・デュジャルダン、ヴィルジニー・エフィラ
南仏マルセイユから届いた粋でハートウォーミングな極上のラヴ・ストーリー
主人公は美人で仕事も出来るけど恋に奥手な女性ディアーヌと、建築家のアレクサンドル。彼は知的で優しくユーモアにあふれた、ほとんどパーフェクトなナイスガイだが、たったひとつだけ弱点が…。

アレクサンドルを演じるのは、映画『アーティスト』でフランス人俳優として初めてアカデミー賞主演男優賞を受賞した演技派、ジャン・デュジャルダン。ディアーヌ役には、フランスでロマコメの女王として人気急上昇中のヴィルジニー・エフィラ。本国フランスで、「ときめきのコンビ」と称された彼らが、ちょっぴり辛口のユーモアも含め、絶妙のコメディ・センスをスクリーンに開花させる!さまざまな困難に出会う彼らに共感しつつ、可笑しくてチャーミングで、最後にはほろりとさせられる、大人の恋の物語。




もう少し若かったら見に行きたいと思ったかも・・・。フランス映画はハリウッドと違って心の機微を扱うのがうまい。
でもね~・・・・今や、少し疲れているから、こう言った心の変動はちょっと厳しいかも。


そう言った意味では、岸恵子さんは「わりなき恋」を良く書いたと思う。011.gif


まあ、とにかく有楽町の映画館には人知れず名作が来るみたいなので、要注意。

芝居鑑賞一本で10本は堪能出来るかもしれないしね071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif
[PR]
by ma-kom | 2017-03-21 12:34 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳