パソコンで遊びたいなぁ~!

四国の旅ー四万十川

明治末期から昭和30年代まで、関西や関東へ木炭を供給する為に上流から河口の間を舟母船が一日に百隻以上真っ白な帆をかけて上がり下りしていた時期が四万十川歴史の中で一番元気で輝いていた時代だったようです。
今ではその雄大な静けさが何だか物悲しくさえ感じられます。
総延長196キロメートルの四万十川の、海水と淡水が交差する「汽水域」は河口より約9キロメートルとなっています。海の魚、川の魚で溢れ、その種類は約183種類にも上るそうです。
伝統の猟師が生きているーと言う事で今回も柴漬漁と投網漁のパフォーマンスがありましたが遊覧時間に合わせてのパフォーマンスでちょっと寂しかったです。
054.gif054.gif054.gif054.gif054.gif


今回私は初めて(実は2度目)デジカメで動画に挑戦しました。
川の流れに合わせての挑戦はやり直しが効かず難しいものがありましたが、9枚のコマと2枚の画像とをつないだものです。かなりぶっつけ本番なのでちょっといい加減な所もありますがこれは性格なのでご勘弁を。
動画はかなりのメモリーを食うのと、慣れないために気がついたら静止画面が見当たりませんでした。四万十川の記録はこの動画だけとなりました。



Windowsムービーメーカーで編集しました。これはmmiさんに教えてもらったのでラッキーでした。実はアニメの会のシニアグループがYOUTUBEから動画に目覚めて是非是非挑戦したいとの申し出があり、しゃないと重い腰を持ち上げたのですが、元来めんどくさがり屋の私なのでぶっつけ本番なのですが、やっぱり分からない事が多く、mmiさんのブログは大変参考になりました。ありがとう。

b0078675_23551130.jpg

(こうやって9コマを繋いでいきました。ところどころに切り替え効果を取り入れて)


そうしてこの日は足摺スカイラインを通ってあしずり温泉郷へと向いました。お宿はホテル足摺園でした。ここも修学旅行で泊まる宿みたいでしたね。
[PR]
by ma-kom | 2008-02-01 00:10 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/8002567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 管理人@しんじワールド at 2008-02-01 06:07 x
おはようございます、早速のドキュメンタリー動画、ぐふふですぅ。いや~、生々しいというかまるでツアーに同行してるかのように見てしまいました。ムービーメーカーはおまけソフトにしちゃぁ良くできたものでいろいろ楽しめますよね。
後半の投網のところ、サイコー、黒鯛のアップも見たかったなぁ(←釣りバカ)、がはは。
Commented by souu at 2008-02-01 08:05 x
ドガログに送るのは時間がかかりますので つい短いものになってしまいますが これだけ長く編集されると見応えがありますね。
ご一緒させてもらった気分で拝見しました。四万十川の水は豊かですね。
Commented by ma-kom at 2008-02-01 10:38
しんじ様 ようこそ!

ムービーメーカーの使い方もよく分からないので大部分ははったりですが、とにかく時間がなかったのであんなものでしょう(;^_^A フキフキ
ここではあかめが有名ですが、うなぎも大きいのは女性の腕くらいはあるそうですよ。(気味が悪いですが)
うなぎのこどもは一キロ45万円で取引されるみたいですが許可が必要で抽選だそうです。
Commented by ma-kom at 2008-02-01 10:43
Souu様 おはようございます。

ドガログも初めての体験でどぎまぎしましたが
何とかアップ出来ました。
ちょっと長いかとも思ったのですが
残っても使い物にならないので
つなげてしまいました。。
確かに自然がまだまだいっぱいの川でした。
Commented by ベランダ at 2008-02-01 14:36 x
しっかり楽しませて頂きましたよ、
美しい四万十川、
嬉しいですね、こうして動画で見れるなんて
行ったことのない私には最高の画像です。
青い海と、船窓から見る美しい景色、
挑戦したいけどなかなかむ難しそうですね。
Commented by ma-kom at 2008-02-01 21:06
ベランダ様 こんにちは♪

動画はデジカメについている機能なので
この程度なら簡単ですよ。
これがもう少し高度になるとお手上げですが・・・。
音声もしっかり入ってこちらもビックリしました。
使ってみるものですねぇ~~。
Commented by サチ at 2008-02-06 08:31 x
足摺苑は、岬に一番近いというので、予約した同じホテルですね、でも最上階の展望風呂は見ただけでやめました。
 がっかりでした、、、、

後継者がいないのか、銀行の融資がないのか、少々荒れが目立ちメンテの悪いのが残念な建築でした。

でも、お料理は美味しかった印象でした。綺麗な色の貝殻今もとっています、、、、
Commented by ma-kom at 2008-02-06 10:15
そうそう!

お料理はOKでしたね。

朝風呂に行ったらお遍路さん組みがまるで芋の子を洗うように何十人もいたので、一人こわごわ展望風呂に行きましたよ。6時前だったのでまだ真っ暗で早々に引き上げてきましたけど・・。

お遍路さんでもっているのではないでしょうか?
名前
URL
削除用パスワード
<< 誘遊四国号Dルートー足摺岬から 誘遊四国号Cルート >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳