パソコンで遊びたいなぁ~!

見てしまいました。点と線

普段はテレビをあまり見ないのですが病気をして家にいる時間が長かったせいかちょっと見るようになりました。
そうするとこれは癖になり、最近寒いせいもあってか、映画とかドラマを見るテレビっ子になってしまったようです。
昨日も見ましたよ。

テレビ朝日開局50周年記念作品 松本清張原作“点と線”

b0078675_13483172.jpg


懐かしい昭和がたくさんでて来て思わず、見入ってしまいましたが、残念なことにCMが多すぎて感情移入が出来ぬまま終わってしまいました。
これは問題です。せっかく豪華キャストを揃え、莫大な予算を使っての作品だと分かるのですが、こちら側に伝わる前に現実の世界に戻され、印象が残りません。スポンサーあっての大作なのですが、とっても残念!

こうなったら昔の映画で、もう一度見直したいものです。実は、昔々の大昔、一度見た事があるようです。と、言うのも祖父母が映画館をやっていたので、小さなころよく遊びに行っていました。全く記憶が無いのですが、南廣さんという役者が若い刑事役をやっていた事だけ、覚えているのです。
b0078675_13503811.jpg


たけしさんの役を加藤嘉さんがやったのでちょっと雰囲気がちがいますよね。
加藤嘉さんといえば砂の器の名演技が私の中では一番なのですが・・・・・。
「うぅ~ん、この映画は素晴らしかったですねぇ・・・・」

b0078675_10295522.jpg

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
殺されたのは人情ある元巡査だった。人に恨まれたことのない元巡査はなぜ殺されたのか……。監督に野村芳太郎、脚本は橋本忍と山田洋二という最高の布陣で作られた、松本清張映画の最高傑作で日本映画の金字塔。社会派推理というよりは、親子の人間ドラマに焦点を当てた作りになっている。映画のテーマともいうべき名曲“宿命”と映像だけで犯人の過去と謎解きをしていくクライマックスは圧巻。犯人の父親役の加藤嘉さん入魂の演技にただ涙。 (竹之内 円) --- 2005年12月号



今夜も後半がありますが、見終わった後に席を立てないほどの感動があるかないか、多分無いだろうなぁ・・・。

b0078675_1011462.gif

[PR]
by ma-kom | 2007-11-25 10:34 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/7744452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< テレビアニメの種明かし xmasがやってくる >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
歩かないと足が萎えてしま..
by ma-kom at 14:32
 最近はお散歩することが..
by ☆銀河☆ at 11:10
yamamoto-45..
by ma-kom at 16:21
はじめまして~! 脳ト..
by yamamoto-4599 at 20:58
kyonchan54さん..
by ma-kom at 12:35
メモ帳