パソコンで遊びたいなぁ~!

事件です!

地域を管轄している警察署からのメール


b0078675_09292626.gif


【犯罪情報】
キャッシュカードを直接だまし取られる詐欺被害が急増しています。
手口としては、実在するデパート、百貨店の従業員を装い、「あなたのクレジットカードで買い物をしている人がいる。」と電話をかけ、偽の警察官、金融機関関係者がキャッシュカードを取りに行くものです。
キャッシュカードは他人に渡さず、暗証番号を教えないでください。
これは詐欺の手口ですので、注意してください。



恐ろしい世の中になったものだ。
組織ぐるみになると素人は敵わない。


更にこんな事も

 こう話すのは神奈川県内で1人暮らしをしている男性Aさん(68)。

「ことの発端は昨年12月に送られてきたレターパック。中にはキャッシュカードが入っていました」

 同封された「案内状」にはこう書かれていた。

〈IC対応の新型キャッシュカードをお送り致します。旧式のカードは15年1月1日よりご使用できなくなります。用紙に暗証番号を記入の上、旧キャッシュカードをご返送ください〉

 カードには、実際にAさんが口座を持つ銀行名が刻印されていた。


b0078675_09391729.jpg


 すっかり信用して、返信用の封筒にカードを入れて投函してしまった

 その後、“新しいカード”で銀行のATMから現金を引き出そうとした。が、機械が受け付けない。

「ニセモノだ。騙された」

 Aさんはすぐ銀行に連絡してカードの使用を中止する措置を取った。気づくのが1日遅ければ最悪の事態を招いていたはずだ。

「警察にも通報しました。警察官が自宅に来て、事情を話すとニセのカードや書類を証拠品として持って行きました」(前出・Aさん)

 聴取に訪れた警察官は、精巧に作られたカードを見つめ、こうつぶやいたという。

「ニセモノにしてはできすぎている。すでに被害は広まっているかもしれない」

 警視庁の発表によれば、特殊詐欺の被害者の8割近くを65歳以上の高齢者が占めている。

 詐欺犯罪に詳しいルポライターの鈴木大介氏が語る。

「体が不自由で外出できない高齢者は格好の標的。警察や弁護士事務所の人間をかたって自宅を訪れ、『あなたのカードが偽造されています。口座を凍結するために必要です』と、カードを預かる手口も増えています。被害者に対しては、現金を引き出したあとも、逐一経過を報告する。こうした“アフターフォロー”で被害の発覚を遅らせるのも最近の傾向です」

 さて、Aさんが送った本物のカードはどこへ行ったのか。彼がメモしていた送り先の住所を訪ねると、そこにあったのは私設の私書箱センター。郵便物の受け取りを代行する業者だ。

 

 高齢者だけではない。中高年層までもが小遣い欲しさにコロッと騙され、詐欺の片棒を担がされるケースもあるというのだ。

 犯罪者たちは「獲物探し」にも悪知恵を働かせている。

「ある詐欺集団はニセの不在配達票を大量に送りつける。郵送で届くわけがないのに、何の疑いもなくそこに記されたニセのドライバーの携帯番号に電話してしまう人は多い。電話を受けた詐欺集団は、声色から年齢や騙しやすさを推察して詐欺の標的リストを作り上げる。こうしたウラの名簿は、1件当たり500円以上で取り引きされることもあるんです」(前出・西島氏)

 誰もが被害者になりうるのだ。


早速妹に注意を促したけど、ここまで手が込んでいたら私でも騙されそう。


敵もさる者、あの手この手で迫ってくる。


まあ、例の金塊事件の様に普通のおばさんがお小遣い稼ぎで運び屋をやってしまうのだから、何を考えているのやら、これが麻薬だったら死刑になる国もあると言うのに・・・。

本当に無知だけでは済まない世の中になりました。160.png



[PR]
by ma-kom | 2017-06-06 09:54 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/26906140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 今日も平穏無事・・・・。 旅の思い出―カンボジア >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳