パソコンで遊びたいなぁ~!

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮

b0078675_17392926.jpg



『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズをはじめ、世界中の小説やフィクションに実名が登場し “世紀の天才”と称されるレオナルド・ダ・ヴィンチ。本作は、『岩窟の聖母』や最高傑作『最後の晩餐』を残すなど円熟期を過ごしたミラノの時代を中心に、ダ・ヴィンチ研究の第一人者ピエトロ・マラーニや各分野の専門家を迎え、レオナルドの偉業を作品解説を交えて紹介。再現ドラマでは、ミラノ公ルドヴィコとその妃や愛人、愛弟子のサライとメルツィまで、レオナルドを取り巻く人々の思いを綴りながら、彼らの目線から見たレオナルドの多才さと熱意、そして当時のミラノで最新テクノロジーを担った創作過程におけるメカニズムにも着目する。さらに、世界初の4Kスキャンで映した『最後の晩餐』をはじめ、『モナ・リザ』『ラ・ベル・フェロニエール』『白貂を抱く貴婦人』『ウィトルウィウス的人体図』『岩窟の聖母』『音楽家の肖像』『イザベラ・デステの肖像』(未完)『洗礼者ヨハネ』ほか、素描100点以上が圧巻の映像美で映し出される。



久々に会う友人との映画鑑賞はエゴン・シーレ 死と乙女かこれか?

妹とも共通の友人なので3人で会いたい。
妹はエゴン・シーレは見たくないと言う・・・・。

これはこれで面白かったです。小さな映画館で意外と混んでいました。
あ!金曜はレディスディと称して950円になるようです。でも、男性もいたけど・・・・。011.gif


徳島の大塚国際美術館には最後の晩餐の修復前と修復後のレプリカが展示されているのでとても興味深いです。


b0078675_1874043.jpg




交通費が映画代より高いのは仕方が無いかなぁ~。
こう言った映画はどこでもやると言うものでもないし・・・・。アンテナ張っていないと見過ごしてしまう。

舞台もそうだけど、映画も結構気にすれば面白そうなのが続々上陸しているのだけど・・・ね!


お昼にBlue Lily 青百合飯荘 銀座店に寄ったら貸切で入れなかったです。

ならば、ぴょんぴょん舎の冷麺か?

ハーフサイズがあったのでハーフサイズにしたのですが、700円だったら1000円にすれば良かったかも・・・。ちょっと歩いて汗をかいたのでとても美味しかったです。016.gif
b0078675_1823553.jpg


お店を出てお茶でも・・・063.gifと言っていたら雪が・・・・。

銀ブラ大好きな妹を残して、帰って来ました。


腕には火を使わないお灸を貼って出かけました。今からお風呂に入って温めます。
[PR]
by ma-kom | 2017-02-10 18:16 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/26622862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< あっという間に春が来る!? この日の思い出―ブタペスト >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
本当に暑いですね。( ̄□..
by ma-kom at 07:08
東京方面から訪れると佐賀..
by kyonchan54 at 18:56
解決して良かったですね。..
by ma-kom at 06:24
(こんちわッ}(゚δ゚*..
by risu777771 at 15:49
risu777771さ..
by ma-kom at 08:25
メモ帳