パソコンで遊びたいなぁ~!

足跡姫~時代錯誤冬幽霊~

今日も早起きをして8:30からオープンする接骨医へ8:15分くらいに着いたらもう先客が4人いて次の会になってしまった。治療台が4つだからね042.gif


近場の人は診察券だけ出して家に戻っているみたいでしたが、そこまでするのはちと面倒なので少し待ちました。

結局注射で組織を傷つけてしまったので最初からやり直しと言う結果になってしまいましたが、今度は根気よく頑張りましょう034.gif




さて、昨日は池袋まで芝居を観に行って来ました。

b0078675_10594140.jpg



『「足跡姫」~時代錯誤冬幽霊~』は、NODA・MAPの新作公演。

2012年逝去した十八代目中村勘三郎に、病床で「俺が治ったら、この姿(医療器具でがんじがらめの彼の姿)を舞台にしてよ」と告げられていたという野田秀樹。『「足跡姫」~時代錯誤冬幽霊~』は野田が勘三郎にオマージュを捧げる新作となり、江戸を舞台にした物語が展開される。

出演者には宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太、佐藤隆太、鈴木杏、池谷のぶえ、中村扇雀、野田秀樹らが名を連ねている。


女歌舞伎が認められず、死に行く姉(宮沢りえ)に妻夫木扮する弟が最後のセリフで自分が猿若勘三郎(初代中村勘三郎)として、江戸の中橋南地(現在の京橋の辺り)に小屋を作り(1624年(寛永元年)、(これが江戸歌舞伎の始まりである。当初猿若座と称し、その後、中村座と改称された。)
代々継承していく。せめて18代目までは必ず伝承させていくと言うセリフで終わるのですが、そのセリフこそが勘三郎へのオマージュなんでしょうね。


2012年の3月の中村座公演の前に待乳山聖天で一人お参りしている勘三郎さんに遭遇しました。

こちらも一人だったので「これから拝見します」とご挨拶をしたら「お待ち申し上げています」とお返事をくださいましたが、その年のうちに亡くなるとは・・・・・。


b0078675_11192938.jpg



だから、この芝居は是非見たかったのです。
見て良かったと思いましたね。


それにしても芸術劇場は凄い人出でビックリしました・・・・・。
日曜日だったのですね。

日本人の文化水準にビックリしますが、妹に言わせると「私の友達に芝居も旅行もこんなに行く人は殆どいない。少しは老後の事を考えないと・・・」と言って最近は芝居にも旅行にも付き合ってくれません。(笑)


確かに芝居は高い・・・・。
病みつきになると怖いものがありますが・・・・・・。

031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif



破産しない様に気を付けよう・・・・・。013.gif
[PR]
by ma-kom | 2017-01-23 11:53 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/26577474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 千と千尋の神隠し ケ・セラ・セラ >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳