パソコンで遊びたいなぁ~!

通し狂言 仮名手本忠臣蔵【第二部】

忠臣蔵は嫌いと言っておきながらまたまた今月も出かけて来ました。


b0078675_11112559.jpg



暗い演目に隣の妹は睡眠タイム。。。。
それでも超満席の劇場にびっくりしました。やっぱり日本人に好きな演目なんでしょうね。それに50周年とあってキャストが豪華。国立としては異例です。
男性が多いのにもビックリ!隣の方は先月も一緒だった様な・・・・。一番端をゲットされて常連さんなんでしょうね。


来年三月のチラシも出来上がっていました。嬉しい様な・・・・これで意外と束縛されるんですよ。
b0078675_11153283.jpg



大星黒衣之助ですって!
b0078675_11173629.jpg



浄瑠璃 道行旅路の花聟 清元連中
五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
      同   二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
七段目 祇園一力茶屋の場


配役が変わるのはやはり長いせいなのか?
おかる役が菊之助だったのが七段目には 中村雀右衛門に変わっていました。ちょっとガッカリ。

更に五段目に出演している斧定九郎役の尾上 松緑は間違って殺されてそれで終わり。
山賊の斧定九郎がおかるを身売りした父与市兵衛を殺害し、五十両を奪います。その直後、定九郎は、勘平が猪を狙って放った銃砲に撃たれ、絶命します。暗闇の中、自分が撃ち殺したのが猪ではなく人間だと気付いた勘平は、動揺しながらも、亡骸の胸元にあった五十両を取り、その場を後にします。


これだけの役なんですが、何とも言えない凄味があって松緑好きだなぁ~。
この方のお父さんは辰之助と言って
当時三之助のひとりとして人気を集め(新之助=団十郎・菊之助=菊五郎)、父・二代目尾上松緑の後継者として期待されたが、1987年に40歳で早世しました。
とっても色気のある役者さんで、相当惜しまれましたね。
ただね~、今の松緑と・・・・顔がね・・・似ていないのよね。021.gif

今はそれぞれ倅の時代ですが、やっぱり親のいる人といない人では何だか違いがある様で・・・・・。
松緑に頑張ってほしい所ですが、最近になって15年くらい連れ添った元タカラジェンヌと離婚したんですよね。父親の辰之助も離婚したんだけど、この世界内助の功も大切なので、そのへんは心配だけど大丈夫なのかしらと思う。


今月の役に付いてこんな事を言っています。
好きな役だと言うのを舞台上で出さずに一ヶ月、いつも心にカラカラに乾いた隙間風が静かに吹き荒れんでいる気持ちで、空虚に淡々と演じたいものだ。

お父さんを12歳で亡くし、頼りになるおじいさんの松緑さんを14歳で亡くし、本当に孤独だったと思うと、あの凄味も何となく理解出来るし、これから凄い愉しみの役者さんです。
尚、息子さんは14年に尾上左近を襲名されました。




さて、昨日はあいにくのお天気でスパームーンは見られませんでした。
2013年のスーパームーンはこんな感じだそうです。

b0078675_1221199.jpg


b0078675_12211437.jpg


b0078675_12213051.jpg



その内昨日のスーパームーンも世界中から投稿されるでしょう。
[PR]
by ma-kom | 2016-11-15 12:28 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/26379814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 今日は病院day 10年ひと昔 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳