パソコンで遊びたいなぁ~!

国立劇場ー新派公演

まあ、何と寒いのでしょうね。

ボッティチェリ展は前売りを購入していたのですが、国立劇場の3月公演の最後の金曜日に狙いを定めて一石二鳥の計画を立てていました。
これに桜が加われば一石三鳥と言う事になります。

b0078675_11212664.jpg

今月の国立は珍しく新派です。申し訳ないのですが昔からそれほど興味が無いのですが最初で最後の観劇と言う事で出かけて来ました。
案の定、新派の先行きは不安がいっぱい。2階席はガラガラで演技者もこれではやり難いでしょうと少々気の毒になりましたが、歌舞伎公演も人気者以外は空席が目立って、ここにも格差現象が現れています。


そう言えば全然関係ないのですが先日テレビ復帰した橋下徹氏の番組で出身校の早稲田を訪ねると言う企画の中で
現役の早稲田生が出ていたのですが、何と「青春の門」を知らないと・・・・。

『青春の門』は、五木寛之が1969年から『週刊現代』に断続的に連載している大河小説で、テレビドラマ化や映画化、漫画化もされた。1976年、「筑豊編」で五木は吉川英治文学賞を受賞した。

生まれ故郷の筑豊を後にした伊吹信介は、単身上京し早稲田大学に入学した。立川基地拡張反対運動が盛り上がり、混沌とした世相の中、信介はコッペパンを噛じりながら、下宿捜しに奔走する毎日だった。

構成[編集]
「第1部 筑豊篇」
「第2部 自立篇」
「第3部 放浪篇」
「第4部 堕落篇」
「第5部 望郷篇」
「第6部 再起篇」
「第7部 挑戦篇」
「第8部 風雲篇」


流石に私も全部は読んでいないのですが、映像でもたくさん世に出ているし、早稲田の学生が知らないと言う事にショックを覚えました。002.gif002.gif002.gif

これでは新派の世界はもう無理ですね。054.gif

衰退していく文化の寂しさを感じながら上野の森へ向かいましたが、さあ大変。
半蔵門から三越前で乗り換えて上野まで近いはずが地下道を延々と歩きます。
おまけに上野では出口が違うとこれまた目的地まで歩く歩く。
上野公園は広いのです。

おまけのこの寒さで桜は、まだこんな感じ

b0078675_1143239.jpg



b0078675_11434238.jpg



ボッティチェリ展は金曜日と言う事で20時までの開催。
そのせいか?そこそこに人は入っていましたがフェルメールの様に絵の前で止まらないでくださいと言う事は無く、美しいシモネッタの肖像を堪能することが出来ましたが・・・・・・・・。

もはや、腰が・・・・・。
観劇の時から尾骶骨が痛くなって歩き始めても腰全体に体の重みがかかるような鈍痛がして、途中で座らないと立っているのがとても辛い。

上野から新宿までは座る事は当然できません。
新宿からわが町までは始発で待てば座ることが出来ます。
昔は少しでも早く帰りたかったので一番早い電車に飛び乗ったのですが、今ではとても無理です。
2~3台は乗り過ごして待たなくてはいけないのですが、今になってやっぱり遠いと言う事を自覚しましたね。
地元の人には銀座や日比谷には何年も行っていないと言う人もいますが、判るような気がしますね。

そう言えば新宿駅が大幅に変わるとか・・・・。
ここも出口を間違えばたどり着けなくなるような・・・・・・。


そんな訳で腰痛の悪化状態で今日は動けませんが、これから先どうなるのかしら・・・・・。


b0078675_124165.jpg

[PR]
by ma-kom | 2016-03-26 12:09 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/25574236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by desire_san at 2016-03-28 04:01
こんにちは。
ボッティチェリ展、国立劇場の3月公演の最後の金曜日、そして桜と贅沢なにちでしたね。新派公演はしばらくご無沙汰していたので、かえって新鮮な気持ちで読ませていただきました。桜の花はきれいに咲き始めましたね。5部先くらいでしょうか。
ボッティチェリ展は、見たことのないボッティチェリの美しい作品が多くみらよかったと思いました。「書物の聖母)」「薔薇園の聖母」「美しきシモネッタの肖像」などはため息が出るほど美しく、「東方三博士の礼拝」、「書斎の聖アウグスティヌス」など充実したぞじゅ店でした。

私は今回の『ボッティチェリ展』から特に印象に残った作品を選んで少し掘り下げて感想などを書いてみました。またボッティチェリの師、フィリッポ・リッピと弟子のフィリッピーノ・リッピの画風の違いについても整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。
Commented by ma-kom at 2016-03-28 11:47
私はあんまり宗教画は好きでは無いのですが
今回は美しい絵が多く感動しました。
特に「美しきシモネッタの肖像」は企業が所有しているため
始めてみましたが美しかったですね。
これだけで充分と言う感じさえしました(笑)
と、言うのも腰痛が悪化してかなり急ぎ足で回ったものですから・・・。ブログを拝見に行きますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< ハイツの桜 上野の森の美術館 >>



今年はどんな一年になるのかな?
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ありがとうございます。 ..
by ma-kom at 19:39
はじめまして  突然の..
by 森のたぬき at 17:48
新しい事にチャレンジする..
by ma-kom at 09:19
U。・ェ・。Uノ~コンハ..
by risu777771 at 20:05
☆銀河☆さん 銀座..
by ma-kom at 09:29
メモ帳