パソコンで遊びたいなぁ~!

お楽しみはこれから!?

朝のテレビ小説があるかと思って楽しみに飛び起きたけど、もう今年は終わったみたいです。
ゴールデンタイムも見たいものは全然なくて、ちと寂しい。

新聞の連載小説は今日も掲載されていたのでこれは嬉しかったです。
年齢を重ねた沢木耕太郎さんの「春に散る」はその後の男たちの話なので興味津々で読んでいます。

主人公・藤原は元プロボクサーで、若い時には大いに嘱望された。日本チャンピオンのタイトル戦で露骨な不当判定に泣かされ、渡米して雄飛を目ざしたが、ついに世界には手が届かなかった。アメリカの地でそれなりに生活をしていたが、思いがけず心筋梗塞を患うことになる。そんな形で老いを自覚させられた時、ふともう一度日本を見たくなった。40年ぶりの帰国をした。

 かつての所属ジムを訪れ、その近くにアパートを借り、それから彼がしたことは、かつての3人の僚友の消息を尋ねることだった。4人のうちの誰が世界チャンピオンになってもおかしくないと言われていた男たちは今、一人が傷害事件を起こして刑務所にあり、一人は山形の郷里で周囲と絶縁した貧窮生活を送り、一人は神奈川の下町で妻の喪から立ち直れずにいる。

なにかと世話を焼いてくれるのが不動産事務員の若い女性スタッフ佳菜子である。
 彼女と一緒に観た映画の次回作品で 老音楽家たちのための共同住居がそこに描かれていた。そうしたものがあるなら、老ボクサーたちの共同の住まいがあっても良いのではないか、そう藤原は考えた。この思いつきを佳菜子は手助け可能と請け合い、いわくつきの大きな家を手に入れる所までたどり着き、いよいよ共同住居が始まるかなぁ~と言う所まで来ています。


これはどう読んでも高倉健さんの主演映画の様です。

70歳近い精悍な初老を演じる人は他に想像できません。
素敵な話ですが春に散ってしまうのかとちょっと不安です。

深夜特急で多くの若者たちを勇気づけてくれたと思うので、今回も夢破れた初老の男たちを元気づけて欲しいですね。

b0078675_120201.jpg


先日一人旅専門の旅友が香港を旅し、こんな事を言っていました。
今回は沢木耕太郎氏の「深夜特急」にも出てくる、有名な重慶大履の格安ホテルに泊まってます。
やたらコンパクトだけど、リノベーションして清潔。
でも1階通路はインドやパキスタンあたりの人が多く、慣れないとちょっと・・・・(笑)


凄いですね。まだまだ影響力大071.gif071.gif071.gif
でも、私は「春が散る」の登場人物の行く末の方が気になっています。010.gif


さあ、今年もあと僅かです。

6つの内4つも切れてしまっていた電球の球を交換しました。

b0078675_1261255.jpg

今になって思えばもっと簡単な照明器具にすれば良かったと・・・・・。

後は結露だけが気になるけど、少しずつゆっくりと・・・・。

b0078675_1274633.jpg

[PR]
by ma-kom | 2015-12-28 12:13 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/25217638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< なんか、せっつかれますね。 宝の持ち腐れ >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
☆銀河☆さん こんにちは..
by ma-kom at 17:52
リアルタイムブログをずっ..
by ☆銀河☆ at 11:31
有難うございます。 病..
by ma-kom at 09:57
こんばんは、 風邪..
by risu777771 at 20:00
こんにちは♪ 入り..
by ma-kom at 09:54
メモ帳