パソコンで遊びたいなぁ~!

来年の話

b0078675_12134954.jpg



市川猿之助(39)が蜷川幸雄氏(79)演出の舞台「元禄港歌~千年の恋の森~」(来年1月、東京・渋谷シアターコクーン)に主演する。
 80年に帝国劇場で初演され、美空ひばりさんが劇中歌を歌った伝説の舞台。猿之助は、ごぜ(盲目の女芸人)の座元役で、年上の宮沢りえ(42)段田安則(58)の母親役に挑む。

 猿之助が蜷川氏と4度目のタッグ作品に選んだのが「元禄港歌」だった。舞台「近松心中物語」で成功した秋元松代氏の脚本、蜷川氏の演出という組み合わせの第2弾として80年に初演され、平幹二朗、太地喜和子さんが出演した。港町の大店を舞台に、結ばれない男女、悲しい秘密を背負う親子を描き、ひばりさんが猪俣公章さんが作曲した劇中歌を歌い、辻村ジュサブロー氏の人形が舞台を彩った。

 脚本を読んだ猿之助が蜷川氏に上演を直訴して実現したが、熱望した役は、初演で平が演じた大店の長男信助や、太地さんのごぜの初音でなく、故嵐徳三郎さんが演じたごぜの糸栄だった。98年の上演で、猿之助の伯父、先代猿之助(現猿翁)夫人の故藤間紫さんが演じた。猿之助は「憧れの作品の上演、蜷川さんが元気なこと、何よりうれしく思っています。徳三郎さん、紫先生、美空ひばりさんへの思いを胸に務めさせていただきます」と話す。

b0078675_12245654.jpg

太地喜和子さんが大好きだった。でも、今になってはこういう悲哀物はあんまり好まない。
ただ、蜷川さんも年を取り、これが最後にしても良いかなぁ~と言う思いで先行予約を申し込んだら当たりました。まだ取りに行っていないので席は判らないのですが13500円のS席です。良い席だと良いけどね。

妹はこれ以上散財は出来ないと一人で行きます。

私も、散財は出来ないと思うのだけど元気なうちにと思うとどうしても前倒しになってしまう。
でも、これって長生きの秘訣かもしれにですよね。辻村寿三郎さんの衣装も楽しみ016.gif

来年のお話です。
[PR]
by ma-kom | 2015-10-17 12:34 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/25001613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ☆銀河☆ at 2015-10-18 00:33 x
 このところ歌舞伎以外はずいぶん減らしているのですが、
これは行きたいですね~。
まだとってませんが・・・何とか頑張ります。

今日は後藤ヒロヒトの「ダブリンの鐘つきカビ人間」を見ました。
十数年前に上演した時にチケットを取っていたのに、
どうしても行けず悔しい思いをした作品です。
でも・・・・後藤さんの作品にしては私にはイマイチ。
最初に出てきた女性がアカペラで歌ったのですが、これが下手。
つい芝居への期待度が下がってしまい、寝てしまった~~~。
こんな事があるので、つい歌舞伎が多くなってしまいます。
Commented by ma-kom at 2015-10-18 12:55
☆銀河☆さん こんにちは♪

歌舞伎や宝塚は完成度が高いですから
ハズレは無いですよね。
だんだん年を重ねていくと目が肥えて(笑)
面白くないものは罪の様な気がします(ToT)/~~~
宝塚以外は妹のお供が期待できないので
ちょっと苦戦しています。
パルコ劇場は大好きな劇場ですが最近は行っていないですね。
とにかく年金生活者なのでもう大変です(*^^)v
名前
URL
削除用パスワード
<< 10月も半ばが過ぎました。 雨が降っている金曜日 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
本当に暑いですね。( ̄□..
by ma-kom at 07:08
東京方面から訪れると佐賀..
by kyonchan54 at 18:56
解決して良かったですね。..
by ma-kom at 06:24
(こんちわッ}(゚δ゚*..
by risu777771 at 15:49
risu777771さ..
by ma-kom at 08:25
メモ帳