パソコンで遊びたいなぁ~!

懐かしのウィーン少年合唱団

今朝になって妹が突然
ウィーン少年合唱団を聴きに行きたい。と言いだしビックリしました。

何でも映画オタクになった原点だそうです。

b0078675_1149423.jpg


まだ公演は続いているのですが、前売りの発売は1月なのでよい席は獲れないでしょう。
それでも一人でも行きたいとかなり積極的。
ネットで調べたら何とか獲れましたが前から気になっていたシステム利用料一件につき216円、発券手数料108円は仕方が無いとしてもこれが腑に落ちませんでした。
家から数分の所にセブンイレブンがあり、発券の用事もあったので出向いて、そこからゲットすると、なんとシステム利用料は請求されませんでした。

今まではネットが便利だと思っていたのですが、歩いて数分なのでこれからはこの手を使おうと思います。

でも、こんな事も妹には難しいらしく、おばさんは大変です007.gif007.gif007.gif


この映画の主役をやった2人の少年トニー少年(ヴィンセント・ウィンター)とピーター少年(ショーン・スカリー)は日本でも大人気になりショーン・スカリーは来日しましたが、ヴィンセント・ウィンターは50代で亡くなったそうです。


b0078675_1204928.jpg


ウォルト・ディズニーが1962年に制作した映画に、『青きドナウ(原題:Born to Sing)』があります。ウィーン少年合唱団の日常の生活を描きながら、少年たちの温かい友情とすばらしい演奏をおとな達の愛情で見つめた音楽映画です。配給は「日本RKO映画社」、配給会社の名前を見ただけでも懐かしくてドキドキしてしまいます。62年制作ですからおそらく日本公開は63年。


確かに幼いころの胸キュンの思い出です016.gif016.gif016.gif
[PR]
by ma-kom | 2015-05-19 12:05 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/24493114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 美女音楽劇「人形姫」 月イチ歌舞伎ー日本橋 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
本当に暑いですね。( ̄□..
by ma-kom at 07:08
東京方面から訪れると佐賀..
by kyonchan54 at 18:56
解決して良かったですね。..
by ma-kom at 06:24
(こんちわッ}(゚δ゚*..
by risu777771 at 15:49
risu777771さ..
by ma-kom at 08:25
メモ帳