パソコンで遊びたいなぁ~!

国立劇場3月歌舞伎

今日の天気は晴れですが、私の鼻風邪は相変わらず・・・・・。

b0078675_19341735.jpg



その中で昨日から始まった国立劇場3月歌舞伎公演「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)-髪結新三-」「三人形(みつにんぎょう)」に行って来ました。


b0078675_19364015.jpg

2日目と言うのに2階席はガラガラで何だか悲壮感がありました。


前に勘三郎さんの作品を見たことがありますが襲名披露のためか配役が豪華すぎてその印象が強すぎ、今回はちょっと物足りなかったですね。

小悪党・髪結新三には,もちろん中村勘三郎。乗物町の侠客弥太五郎源七には,片岡仁左衛門。白子屋の美人娘お熊には,坂東玉三郎。そして家主・長兵衛に中村富十郎。白子屋の手代・忠七に中村芝翫,下剃勝奴に市川染五郎と,はまり役の競演で,もう垂涎ものです。

また2012年の 平成中村座では
 出演:中村勘三郎、中村橋之助、中村勘九郎、片岡亀蔵、坂東新悟、市川男女蔵、市村萬次郎、坂東彌十郎、中村梅玉で上演されました。

どちらも見た記憶があるのですが(映像かもしれない)それに比べたら・・・・・やっぱり、スター級が少なすぎるからね・・・・。

国立劇場の運営も難しいところに来ているのかもしれませんね。
お客を呼べる役者は松竹が営業に忙しく、貸し出しはしたくないですものね。
そのお客を呼べる役者と言うのが本当に少なすぎて、酷使されています。

海老蔵や猿之助・勘九郎・七之助・もちろん玉三郎さんも見たことがありません。
ちょっと前まで出ていた愛ちゃんはもう来ないだろうし、尾上松也くんだってつい最近まで出ていたのにね~。

『三人形』は、若衆(錦之助)・傾城(児太郎)・奴(国生)の三体の人形に魂が入って、それぞれが踊りだすという趣向の歌舞伎舞踊です。夜桜が美しい吉原仲之町を舞台に、極彩色の美しい扮装の三人が廓の風俗を面白く表現します。古風でおおらかな味わいをご堪能ください。
と言うのだけれど、新人公演と思ったらそれなりに良いのだろうけど、高い料金を払うお客さんは納得できないでしょうね。

つくづく行く末を案じながら帰ってきました。

今日は母が一度も手を通していないと言うセーターを着て行きました。
本当は趣味が違うので絶対着ないタイプの物なんですが、新品を処分するのも気が引けるので一度くらいはと思って・・・・・・。

b0078675_2016021.jpg


もうすぐ一周忌になります。
[PR]
by ma-kom | 2015-03-05 20:24 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/24208044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2015-03-05 20:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma-kom at 2015-03-06 12:13
ありがとう♪
名前
URL
削除用パスワード
<< 金山康喜 なぜ揺らいでいるのか 当たり前だけどもう3月4日 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
私もそろそろ白内障みたい..
by ma-kom at 20:11
 咳が快方に向かい、良か..
by ☆銀河☆ at 17:48
kyonchan54さ..
by ma-kom at 19:48
凄いお友達ですね。元気で..
by kyonchan54 at 15:14
☆銀河☆さん 同じ..
by ma-kom at 12:14
メモ帳