パソコンで遊びたいなぁ~!

ルーヴル美術館展

展覧会概要

この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」を開催いたします。 「風俗画」とは、人々の日常生活の情景を描いた絵画です。そこには、家事にいそしむ召使い、物乞いの少年、つましい食卓につく農民の家族、庭園に集う貴族の男女など、身分や職業を異にする様々な人々の日常がいきいきと描写されています。一方で、風俗画には必ずしもありのままの現実が描かれているわけではありません。日常の装いのなかに、複雑な道徳的・教訓的な意味が込められていることもあります。これらを読み解いていくことも、風俗画ならではの楽しみといえます。 本展には、17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、ドラクロワ、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が一堂に会します。 膨大なコレクションを誇るルーヴル美術館だからこそ実現できる、時代と地域を横断する、かつて例を見ない大規模な風俗画展。ヨーロッパ風俗画の多彩な魅力を、是非ご堪能ください。


今回はこのルーヴルと言う名に惹かれて行きましたが、それほどお気に入りの絵は無かったです。
まあ、風俗画と言うテーマなのでそんなものでしょうが、年を重ねてくるとお気に入りのものがはっきりして来て取捨選択をもっと自由にやっても良いものだと改めて感じました。

それでも500年前の絵画には時の流れを感じ作者の心情をはかり知ると楽しくもなりましたが・・・・。

視線の先には何が?真実をつかめ!

b0078675_13102519.jpg

この作品には5人もの人が描かれています。これぞ風俗画・・・・・・・・。

美女と男の秘密の関係を暴け!
ティツィアーノ≪鏡の前の女≫1515年頃

b0078675_13134181.jpg

いつの世にも男を惑わす美しい女はいますね053.gif
今となっては少々羨ましい010.gif


風邪はあと1~2歩ほどでしょうが久しぶりの歩きで両脚が筋肉痛になりました(笑)

危ない危ない!071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif
[PR]
by ma-kom | 2015-02-28 13:26 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/24187323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2015-03-03 15:19
タイトル : 過去に来日した作品も回顧してフェルメールの魅力を探る
フェルメール Johannes Vermeer 今年は昨年末から3月までBunkamuraザミュージアムで「フェルメールからのラブレター展」で3点のフェルメールの作品が来日しました。フェルメールは作品数が非常に少ないにも関わらず、日本でのフェルメールの人気が高く、最近は常にフェルメールの作品が1点でもあれば、その美術展の看板になっています。フェルメールの作品の魅力はどこにあるのかを、過去に日本に来たフェルメールの作品と美術展のカタログなど文献も参照しなが...... more
Commented by ☆銀河☆ at 2015-02-28 13:57 x
あら、もうルーブル美術館展始まりましたか!
行かなくては!!
でも、makoさん、それほどではなかったとは残念でしたね。

実際にルーブルに行っても、作品が多すぎて、
見てない作品も沢山あります。
そんな有名だけれど見ていない、感動的作品に
巡り合えると嬉しいな♪
Commented by ma-kom at 2015-02-28 15:05
金曜日の夕方は狙い目かもしれません。
やっぱりフェルメ-ルが一番人気でしたね♪
途中、もう少し座る場所があれば良かったと思いました。(>_<)
病み付きには(笑)きつかったのでゆっくり出来ませんでしだけど、たくさんの方が美術鑑賞出来る日本は幸せですね。
Commented by desire_san at 2015-05-21 08:10
こんにちは。
私も、東京の新国立美術館で、『ルーヴル美術館展』-風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄 – を見てきましたので、ご丁寧なご説明、ご感想を興味深く読ませていただきました。16世紀からの一般の人々の生々しい生活を生き生きと描いるのは素晴らしいと思いました。また、17世紀のオランダの不道徳な恋愛への警鐘など道徳的暗示を日常の生活の風俗画に込めて描いているのにも深く興味を覚えました。

私もルーヴル美術館展で鑑賞した風俗画などの絵画の特徴や魅力を整理し、自分なりの見解をまとめてみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見やご感想など何でも結構ですのでコメントいただけると感謝致します。


Commented by ma-kom at 2015-05-21 11:27
こんにちは♪

desire_sanさんの解説は何時も素晴らしく
本当に絵画がお好きなんだと感心いたしております。
今回も詳しいご説明大変参考になりました。
有難う(^_^)v
名前
URL
削除用パスワード
<< 今日から3月です いざ、乃木坂まで! >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳