パソコンで遊びたいなぁ~!

淋しいのはお前だけじゃない

健さんの追悼番組がたて続けに放映されている中、東映の2枚看板スター菅原文太さんの訃報が届きました。
「仁義なき戦い」は好みに合わなかったのでこの方の映画は殆ど観ていませんが、この方のご子息が亡くなった踏切がよーく知っている小田急線の開かずの踏切で何となく気になっていました。

最近ようやく電車が地下を通るようになりこの開かずの踏切は解消されましたが、私も何度か遮断機が降りた所を通った事が有ります。
最近は俳優業を引退されたようですが、これで
そして誰も居なくなったって感じですね。

淋しさだけが残ります。
そう言えば昔淋しいのはお前だけじゃないと言うドラマが有りました。結構面白かったので楽しみに観ていましたけど、脚本家の市川森一も今はいません。

b0078675_11132414.jpg
b0078675_11134360.jpg


取り立ての名手のわりにウダツが上がらない沼田(西田敏行)は、妻のよし江(泉ピン子)とほそぼそと暮らしていた。ある日、太陽ローンズの影のオーナー・国分(財津一郎)からお声がかかり、面倒を見ていた女(木の実ナナ)が旅役者(梅沢富美男)と駆け落ちしたので、慰謝料2000万円を取り立てて欲しいと頼まれる。さっそく沼田は、四万温泉にある演芸場へ向かうが、ふとしたことから旅芝居の一座へ足を踏み入れることになる。義理と人情が時代を超えて呼吸している大衆演劇の世界で、沼田はやがて少しずつ変わっていく…。



昔はテレビドラマでも向田邦子さんとか倉本聰さん等の見るに堪えるドラマがありましたよね。
何度も何度も繰り返して鑑賞に堪ええるドラマや映画って少なくなってきたと思いませんか?
これって受ける側の感性の問題でしょうか?


b0078675_11272812.jpg

合掌


b0078675_1128846.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-12-02 11:33 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/23820918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< p(*^-^*)q がんばっ♪ 忘れられない瞬間 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳