パソコンで遊びたいなぁ~!

張り込み

昨日に引き続きまたまた市民ホールへ行って来ました。

b0078675_19311692.jpg
b0078675_1931338.jpg


川本三郎氏の「日本映画を歩く」の中では、「…映画の冒頭、二人の刑事は横浜駅を二十三時六分に出る鹿児島行きの夜行列車「薩摩」に乗り、佐賀に向かう。岐阜あたりで夜が明け、その日の夜に佐賀に着く。えんえん一泊二日の旅である。(ちなみに、当時は、東海道本線は電気機関車。山陽本線に入ってからは蒸気機関車)


とあるように最初のタイトルが出るまで延々12分くらいこの当時の満員列車風景が流される。
これを見て列車に乗って映画の街を歩く人がいたみたいですが、それもロマンですね。053.gif

昔懐かしい昭和の話題作ですが、特に私は主役を演じた大木実さんが大好きだったのです。これは大したわけがあったのではなく子供の頃に見た松竹の青春映画に出ていたからです。でも残念な事に2009年に亡くなっていました。86歳でした。
まあ、ものの見事に出演者のほとんどが故人です。

存命と言えば高千穂ひづるさんと菅井きんさんくらいしか思い浮かびません。
56年前の作品なので当然の事なのですが映画の中で美空ひばりさんの港町十三番地が流れていてそれがとっても古く感じなかったのは不思議です。

何だか、今回の映画鑑賞は作品を見ると言うよりも亡き名優たちの若かりし頃の名演技を改めて見ると言う楽しみもあって凄くお得感が強かったですが、2日間の鑑賞ですっかり昭和に浸り少しセンチになりました。

本当に長い間、映画に関わって来てくださった方々に感謝をしたいと思っています。

でも・・・映像ってある意味残酷ですね。002.gif002.gif002.gif002.gif



この方々と同じ世代を生きて来たメル友が最近亡くなったと言う連絡を頂きました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。



b0078675_755170.jpg

[PR]
by ma-kom | 2014-10-22 07:55 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/23603078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kyara at 2014-10-22 09:00 x
知ってる!知ってるよー。

大木実さんも高千穂ひずるさんも!
おまけに文野朋子さんんのお顔も浮かんできます。

昭和の映画って、なぜにセリフのトーンがが不自然ぽい?って思いません? 少々早口で。
昭和映画としてとらえると、それもノスタルジックな気がしますけど・・・。
Commented by ma-kom at 2014-10-22 18:59
わぁ~い!

同世代ですね、きっと!

セリフ回しはきっと録音技術が悪いのだと思いますよ。
多分昔の人が知ったら今の技術、ビックリすると思う。

昔の街並みもノスタルジックで懐かしい・・・・。('-'*)エヘ
名前
URL
削除用パスワード
<< シネマ歌舞伎ー法界坊 悪い奴ほどよく眠る >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
本当に暑いですね。( ̄□..
by ma-kom at 07:08
東京方面から訪れると佐賀..
by kyonchan54 at 18:56
解決して良かったですね。..
by ma-kom at 06:24
(こんちわッ}(゚δ゚*..
by risu777771 at 15:49
risu777771さ..
by ma-kom at 08:25
メモ帳