パソコンで遊びたいなぁ~!

月イチ歌舞伎ー野田版ー研辰の討たれ

今月初めてのお出かけは
シネマ歌舞伎でした。

b0078675_2044191.jpg


こちらは相変わらずの猛暑なので久しぶりにワンピースとサンダルで高原のおばさんファッションで行って来ました。

木村錦花原作の歌舞伎狂言「研辰の討たれ」を、野田秀樹が新しい視点で書き直し、演出した舞台。平成13年8月の納涼歌舞伎で初演され、大ヒットとなりました。平成17年5月歌舞伎座において、十八代目中村勘三郎襲名披露狂言として再び上演された舞台が、シネマ歌舞伎としてよみがえります。

【あらすじ】

赤穂浪士討ち入りのニュースは、江戸から離れたここ近江の国、粟津藩にも伝えられ、剣術の道場はその話題で持ちきりです。しかし一人だけ、赤穂浪士を馬鹿にする人物がいました、もと町人、研屋あがりの守山辰次です。仇討ちなんて馬鹿馬鹿しい、武士といえども潔い死を望まない武士もいる筈だと言い出す辰次を、家老の平井市郎右衛門が叱り付けました。すると現実的で抜け目ない辰次はすぐに態度を変え、剣術に優れた市郎右衛門に剣術を学びたいとお追従を言う始末。主君の奥方、萩の江の前で、市郎右衛門に散々に打ち据えられて、辰次は仕返しに一計を案じますが・・・ただ脅かす為だったのが不幸な事に市郎右衛門はショック死してしまう。それでは藩として恰好が悪いと周りの画策で闇討ちに合ったと言う事になってしまった。
辰次も逐電・・・・。


勘三郎さんの熱演がひときわ目立つ作品ですが、最後はどう言う訳か仇討される側になってしまって、とうとう今で言う冤罪なんですが、討ち取られてしまいます。
その際、「死にたくない、死にたくない」と汗と涙の大熱演場面が、クローズアップされて、何だか涙を誘いましたね。この場面だけでも目に焼き付けておきたいと思いました。
こういう演出は舞台では無理かもしれない。かぶりつきで観てもここまで見えるかどうか・・・。
シネマ歌舞伎恐るべし・・・・。
それにつけても何度も言うように勿体ない人を失ってしまった・・・・。



[PR]
by ma-kom | 2013-09-03 21:06 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/20946310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ☆銀河☆ at 2013-09-04 00:32 x
 こんばんは。

研辰の討たれ、私も今日見てきました。
義母が小康状態なので
それっと見に行ってしまいました。
勘三郎、あんなに動き回って喋り倒して・・・・・・
天才の全力投球は、余人の追随を許さない、凄まじい迫力がありますね。
いつも書きますが、もっともっと彼を見たかった!!
Commented by ma-kom at 2013-09-04 09:47
☆銀河☆さん

本当に
勿体ないですね。
あの役を今後誰が代役するのかと
想像しても思い当たりません。

残念で残念でなりません。(泣)
名前
URL
削除用パスワード
<< 10月国立劇場 懐かしい秋川溪谷の黒茶屋 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
歩かないと足が萎えてしま..
by ma-kom at 14:32
 最近はお散歩することが..
by ☆銀河☆ at 11:10
yamamoto-45..
by ma-kom at 16:21
はじめまして~! 脳ト..
by yamamoto-4599 at 20:58
kyonchan54さん..
by ma-kom at 12:35
メモ帳