パソコンで遊びたいなぁ~!

音のいない世界で

今年2度目の観劇は新国立劇場小ホールで上演されている松たか子主演の
音のいない世界でです。

b0078675_1944959.jpg


作・演出→若手で有望な長塚圭史
振付→近藤良介、それにバレリーナーの首藤康之と松たか子の4人だけのお芝居

b0078675_1995059.jpg


素晴らしいダンサーが2人も登場するのでダンスシーンがあるのかと期待していたのですが、これとそれは別みたいで、動きはそれぞれ軽やかだったのですが、期待した分ちょっとがっかりしました。

子供も大人も楽しめると名うっているのですが、ちょっと難しいかも・・・・・。
その割には中高年の姿も多かったです。中には杖をついて来ていたおばあさんも。
この手の小演劇が好きなんでしょうね。

そう、最近は懐かしい小演劇でした。
これも観だすと大舞台と違った魅力があって癖になるかもしれませんね。

帰りにたくさんのチラシを頂いてきたけど、最近の舞台はお高くって・・・。

b0078675_19194452.jpg


b0078675_19202545.jpg


見たいと思っているけど任侠ものだしどうしょうかなぁ~。
もう少し安かったらね。でもこれだけの豪華キャストにする必要あったのかしら?
その分安くしてくれたら良かったのに。
b0078675_19222457.jpg

SS席→10500円・S席→9500円・A席→8000円・B席→6000円
この場合A席とB席は駄目です。
SS席かS席になりますがほとんどがSS席と思った方が良いかもしれません。

歌舞伎や宝塚のように形にこだわっている様式美の舞台だと遠い所から見てもそれなりに見ごたえがあるのですが、普通の心情劇は役者さん個人の魅力で持っているので、動きや顔色が見えた方が断然面白いのです。と、言うより見えないと面白くないのです。
良く出来ていますね。さあ、どうするかなぁ~。
生りえちゃんはきっと増々綺麗になっているでしょうね・・・・・。 
[PR]
by ma-kom | 2013-01-08 09:04 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/19798954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< ジノリ破産宣告 生命の息吹 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
☆銀河☆さん こんにちは..
by ma-kom at 17:52
リアルタイムブログをずっ..
by ☆銀河☆ at 11:31
有難うございます。 病..
by ma-kom at 09:57
こんばんは、 風邪..
by risu777771 at 20:00
こんにちは♪ 入り..
by ma-kom at 09:54
メモ帳