パソコンで遊びたいなぁ~!

生命の息吹

相変わらず寒いですね。
とにかく耳当てが欲しいくらい。
これからもっと本格的に寒くなって、雪の季節もやって来て春になるのでしょうけど・・・・・。
そう言えば沖縄で桜が咲いたとか。

数年前に沖縄の桜を観に行ったものですが、今年の桜前線はどんな感じでしょうね。
本当にこの旬と言うのが全く持って難しく、とくに地方だと宿の手配やなんやらで早くに申し込まなければならずそこにずれが生じると早かったり遅かったりとがっかりしたりして・・・・。

その点我がハイツでは毎日様子が分かるので、これは楽しみ。
今朝はこんな感じだったんだけど・・・・016.gif

3月末か?なぁ~・・・・・。

b0078675_10145557.jpg


こんな新芽でも嬉しくなりますね。
b0078675_10153259.jpg



今年はこの↓淡墨桜
を狙っているのだけど、どうなるかしら。
日本三大桜と言われている一つです。
山高神代桜は昨年行ったのですが、ぜんぜん早くって駄目でしたね。
後は三春の滝桜ですが、こちらが一番若く(笑)樹齢1000+α年と言われているので一番最後になるかもしれません。

とにかく神代桜は樹齢1800年~、淡墨桜は1500年~と言われているし、どちらもかなりの老木なので早く行ってみたいです。
b0078675_1022536.jpg


淡墨桜(うすずみざくら)とは、岐阜県本巣市(旧・本巣郡根尾村)の淡墨公園にある樹齢1500年以上のエドヒガンザクラの古木である。

淡墨桜は蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になり、淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色にちなむ。樹高16.3m、幹囲目通り9.91m、枝張りは東西26.90m、南北20.20m。樹齢は1500余年と推定され、継体天皇お手植えという伝承がある。

近年では幹の老化が著しく、幹内部にできた空洞も広がりつつあるが、樹木医や地元の人々の手厚い看護によって守られている。作家の宇野千代がその保護を訴えて、活動したこともよく知られる。苗木を分けて、岐阜県や愛知県内あちこちに子孫が植えられている。

日本五大桜または三大巨桜の1つであり、1922年(大正11年)10月12日には国の天然記念物に指定された。毎年の開花の季節には多くの観光客が訪れる。


飛鳥時代以前から咲いているなんて何かロマンを感じませんか?
[PR]
by ma-kom | 2013-01-07 10:45 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/19796528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 音のいない世界で 大好物の餅だけど >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
kyonchan54さ..
by ma-kom at 19:48
凄いお友達ですね。元気で..
by kyonchan54 at 15:14
☆銀河☆さん 同じ..
by ma-kom at 12:14
こんにちは。夏風邪で苦し..
by ☆銀河☆ at 11:33
yamamoto-45..
by ma-kom at 19:21
メモ帳