パソコンで遊びたいなぁ~!

5日目ークアラルンプールにて

いよいよノートンの契約が終了するので新しいソフトを入れなければなりません。
一度やりだすと完全スキャンまで時間がかかります。
面倒なのですが2台一度にやり始めました。

やっぱりXPは延々に時間がかかりました。今回はとりあえず入れただけなので詳しい取り扱いは追々にね。
これって面倒ですよね。ネット決済保護と言う機能があって登録をすれば保護をしてくれるようですが後回しにしたらカード詐欺にあった夢を見ました。(笑)
120万円の損害。何であんな夢を見たのだろう!
120万円あったらベトナムでもKLでも一年は優雅に遊んで暮らせる。

と、いう事で5日目です。
5日目の朝はゆっくりで午前中フリーです。タワーに行かれた方、オプションに行かれた方、様々ですが、我々は街歩き、歩いてすぐにそごうデパートがあります。こちらの店開きはだいたい10:00なので。それまでブラブラしながら開店を待ちました。するとすぐ横に駅が・・・・。
ここから町の中心にも乗り換えですぐに行ける距離です。時間があればゆっくりモノレールにも乗ってみたかったけど、今回は歩きだけ・・・・。
ホテルの両サイドには地元の大型スーパーが・・・・。
あ~あ、もっと時間が欲しいです。


お昼は日本食です。ここに来て流石にKLです。美味しかったです。これで×30リンギット以内です。
感激016.gif016.gif016.gif
b0078675_10103877.jpg
b0078675_10102731.jpg

昼食後はセントラルマーケットを散策。
ここは各地のアジアンショップが入っている大きなマーケット。近くには中国人街もあります。
b0078675_10272389.jpg

果物は本当に美味しいです。毎回、あれもこれもと思うのですが、結局心を残して帰って来てしまいます。
今回もランブータンを食べ損ねた・・・。と、言うのもキロ売りなので一種類が山ほど来るからです。
結局今回の旅でドリアン・マンゴスティン・竜眼を購入してそれでお腹がいっぱいになりました。
b0078675_1027326.jpg


セントラルマーケットでは前にも来ているので目新しいものは無く、ドクターフイッシュを初体験して来ました。

b0078675_10165556.jpg

温泉に入ったヒトの古くなった角質を食べる習性があり、歯が無いため肌を傷つける事なくアトピー性皮膚炎・乾癬など皮膚病に治療効果があるとされ、「ドクターフィッシュ」の通称で知られる。ドイツやトルコではドクターフィッシュによる治療が保険適用の医療行為として認められている。ヒトの角質を食べるのは、温泉では他の生物があまり生息せず、他に食べるものが無いため、と考えられている。従って、えさが豊富にある環境下であれば人の角質を食べることはほとんどない。寿命はだいたい7年、角質を食べるのは生後2ヶ月から2年半ごろまでである。

近年、日本でも皮膚病の治療効果が注目され、日帰り入浴施設などで「フィッシュセラピー」としてのサービスが提供されているが、
イギリスでは英国健康保護局(Health Protection Agency)によりHIVやHCVなどの感染症が見過ごせない感染率であることから各施療所に指導を行なっている。

最近では、同様に古くなった角質を好むchin chinというアジア原産の魚を、その価格の安さから「ドクターフィッシュ」と称し、サービスに使用する悪質な業者も増えてきている。 この魚には微小な歯があるので、肌が傷つくというトラブルが報告されている。

もしかしたら、こっちの方かも・・・。でも短かったから・・・・ね!008.gif

こうして、久々のKLに別れを告げハノイへ向かいました。
ハノイのホテルは一級品との事でこちらでは19人がみんな同じホテルでしたが、夜遅くの到着と朝早くの出発でホテルライフはあまり関係なかったですね。
b0078675_10264732.jpg

[PR]
by ma-kom | 2012-11-24 10:40 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/19552373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 大門坊 at 2012-11-24 20:34 x
ドクターフィッシュについてお尋ねします。要するに足の温浴であり、温湯で飼っている魚に皮膚を舐めてもらって患部を治療するという寸法なのでしょうか?
Commented by mako at 2012-11-25 09:47 x
ヒトの古くなった角質を食べてもらうと言う事みたいですよ。
くすぐったかったです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 6日目ーハロン湾クルーズ 4日目ーマレー鉄道にてマラッカへ >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳