パソコンで遊びたいなぁ~!

劇団東京乾電池公演

劇団乾電池の芝居を見に行ってきました。

b0078675_94821.jpg
b0078675_9475117.jpg


ちょっと期待したのは柄本二世を見たかったのですが、残念な事にWキャストで別の方でした。

創立36年を迎えるそうですが、劇団経営も大変だと思いますよ。
初期の方々以外にスターが出て来ていないでしょう。
今回も柄本明さん・ベンガルさん・綾田俊樹さんと言ったベテランが中心と言う感じがしました。
若手のための舞台?そんな感じがして、私としては???????

座長の柄本さんのインタビューから
「初演には僕は関わっていなかったのですが、それを見た時『何だか良く判らない芝居だな』と思いました。それが面白かったのです。この作品に限らず、人の書くものなんってよくわからにですよね。良く判らないけど、面白いと感じたり、つまらないと感じたりするのが人間。人間の事なんって、分からない。わかりやすく愛や感動でくくろうとしている物語は多いけれどそんな簡単じゃないと思う」
そう語る本作はホラー的な要素を盛り込んだエンターティメントである一方、リアリズム演劇と不条理演劇の両方の要素を含んだ群像悲喜劇でもある。


確かに良く判らなかったけど、面白いと言う感情も湧いて来なかった。
これは年齢のせいだと思う。
若いときだったら、この手の舞台は分からないから面白い!と面白がっていたけど、何だかそんなはっきりしない闇のような感情は、もういらないかな~と思っています。

今頃になってお年寄り達が水戸黄門様のドラマを楽しみにしていたのが、何となく分かるような気がしますね。
今になってみたら平安が一番ね・・・・。
[PR]
by ma-kom | 2012-06-04 10:26 | 歌舞伎・観劇・美術館・映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/18391872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ☆銀河☆ at 2012-06-05 09:59 x
>そんなはっきりしない闇のような感情は、もういらないかな~

同感!!
勧善懲悪、血沸き肉躍る、あるいは単純に楽しい、可笑しい、美しい・・・・
自分のエネルギーになるような芝居しか見なくなりました。

東京乾電池、一度も見たことがありませんが、
こんななのですね。
Commented by ma-kom at 2012-06-05 18:08
昔は演じる側も見る側ももう少し若くって
受け入れ態勢もあったけど

みんな中年になってしまったからね・・・。
東京乾電池も次の世代が育っていないですね。

柄本2世に期待していたけど・・・・。
名前
URL
削除用パスワード
<< 六月大歌舞伎ー猿之助襲名興行 健康寿命 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
☆銀河☆さん こんにちは..
by ma-kom at 17:52
リアルタイムブログをずっ..
by ☆銀河☆ at 11:31
有難うございます。 病..
by ma-kom at 09:57
こんばんは、 風邪..
by risu777771 at 20:00
こんにちは♪ 入り..
by ma-kom at 09:54
メモ帳