パソコンで遊びたいなぁ~!

3D映画は映画館へ

3D映画は映画館へ行くしかありません。
早起きして急行で1つ目の町へ「ヒューゴの不思議な発明」を見に行ってきました。
b0078675_10303033.jpg


アカデミー賞を沢山取ったし、何より古きよき時代のパリの物語です。映像も綺麗で久々に映画って感じでしたが、これってパリのある駅舎に住み着いた男の子の物語なのですが、もしかして、もしかして、この駅ってオルセーがモデル?

オルセー美術館は元々駅だったものを美術館にしたのですが、何だかそっくり。

b0078675_10392681.jpg
b0078675_1040778.jpg


映画では
b0078675_10411261.jpg
b0078675_10412474.jpg


これって、いよいよオルセーに来いって事かしら・・・・。(#^.^#)
[PR]
by ma-kom | 2012-03-17 10:47 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/17981361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ☆銀河☆ at 2012-03-18 01:09 x
 ↓ もう襲名披露の時期なんですね。
市川中車は香川照之ですね。
これは見ものと思いますが、あのごたごたでイマイチ乗り切れないです。
勘九郎襲名は、結局3回いく事になりそうですが・・・・・

ヒューゴ、面白そうですね。
これは絶対にオルセーがモデル!!
それだけでも見る価値がありそうです。

Commented by ma-kom at 2012-03-18 10:38
銀河さん 香川照之はどうして歌舞伎役者になるのでしょうね。
今のままで良いと思うけど・・・・。

このチケット取れるかどうか分からないので未定ですけど
勘九郎襲名には今だ行っていません。

勘三郎さんのおじいちゃん顔を余り見たくないので・・(笑)


それよりも
オルセーに行きたいですぅ。
Commented by naoママ at 2012-03-18 16:51 x
この映画、私も見ました。
パリの街の画像が本当に綺麗でしたね。
舞台になったあの駅のモデルは「オルセー美術館」?

私、パリにはまだ行っていないのでオルセー美術館は知らないのですが、
新国立美術館で一昨年開催された「オルセー美術館展」は行きました。

本家が大々的にリニューアルされるので、門外不出の作品も見られたようで
・・・
とても見応えがありました。

映画はファンタジーで、疲れた心が癒されましたが・・・
makoさんには「新しいおルセー美術館を見においで」との訓示だったかも
ですね。



Commented by mako at 2012-03-18 18:32 x
naoママさん、映画良かったですよね。

やっぱり、冬のヨーロッパは素敵!だと思いました。
パリには行ったのですが、エッフェル塔に昇って
「あれがオルセーだ~」と叫んだだけで
中に入る時間までは無かったのです。

それにここは比較的に新しい美術館なんです。
逆に建物の方が有名で、かつての駅舎。1900年パリ万博の際につくられたパリの終着駅オルセーでした。ベル・エポックの香り漂うこの優美な駅舎を、印象派絵画のための美術館とすることを思い立ったのは、1970年代の大統領ポンピドーだそうです。そして、1986年12月、印象派を中心に19世紀から20世紀初頭の芸術を集めたオルセーが開館したのです。
なんとも素敵でしょう。パリに行かれた時には是非是非・・・。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月は桜の園 猿之助襲名披露公演 >>



今年はどんな一年になるのかな?
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳