パソコンで遊びたいなぁ~!

後日談

今回の旅での収穫は・・・?
やっぱり雪の兼六園かなぁ~~。

後、飛騨高山の高山まつりは日本三大美祭のひとつになっているので春か秋にはもう一度行って観てみたいとは思いますけど・・・・。

b0078675_1135066.jpg


b0078675_11351178.jpg


地元から出発する安いバスツアーだったので宿泊は富山のビジネスホテルで夕飯もバイキングでした。蟹の食べ放題とは言え、そんなに食べられる物では無く、私たちはせいぜい足2本。
意外と面倒なんですよね。(笑)
そこへお隣の70代のご夫婦、何と何十本もおじいさんがおばあさんのお皿に身をほぐしてあげているのです。この光景に私たち姉妹はビックリ!

所がビックリはその後も続き、何時でも仲良く手を繋いで歩いているのです。おまけにペアルックのダウンまで着て、なんと素敵な光景でしょう。
どうみても昔から美人と見えない(ごめん)おばあさんでバスの中では大きな口を開けていびきをかいて寝ていました。
とにかく妹はこのご夫婦の事が今回の旅の一番の印象らしく、未だに語り草になっています。

富山のホテルでは温泉と称してサウナつきのお風呂があったのですが、そんなに大きくはないので時間を見て入らないと満員になりそうなので早々に食事を切り上げて入って来ましたが、何てこと、どなたかが私の長靴型のブーツを間違えて履いて帰ってしまいました。
靴箱に入らないのでそのまま置いておいたのに・・・・。靴箱にはアンクルブーツが・・・・。
多分この人だと思うけど・・・。まさかそれを履いては帰れない。
フロントにその靴を預けてスリッパで帰って来ましたが、何とも不思議でしょう。靴が判らない?
それも普通の靴ではなくブーツなんですが・・・・。
フロントの対応もはっきりしなくって、店内放送なんかは緊急時以外は出来ないそうで、何とも答えが返って来ない。仕方が無いので次の日の朝まで待つ事にしました。何でも200人位のお客と言っていたので4~5組のツアーだと思うので添乗員さんに連絡してくれれば電話連絡くらい出来たのにね。

次の日の朝食は持参した雪靴を履いて行きました。
8時出発の7時半くらいにフロントから電話が入りブーツをお預かりしています。との事。
その方からのメッセージも無く、何とも後味が悪い一件でした。

妹は自分の靴をどこに置いたか判らないなんて信じられないと言っていましたが、私はむしろ長さの違うブーツを履いて分からないほうが気になって・・・フロントに「若い方でしたか?」と訪ねたら「いいえ☆☆☆☆」との返事。
あああ・・・(≧σ≦)しょっく!!( ・_・)*――――――∞C●~* ポイッ

何時、自分もそうなるか?!
今回の旅の教訓でした。もう一つ・・・実は妹が化粧道具を忘れて来て・・・・。これは荷物の入れ替えの時、床に置いてそのままだったらしいけど・・・・。
これも今までには無い事・・・。
気をつけなくてはねっ!
[PR]
by ma-kom | 2012-01-08 12:13 | 旅・お出かけ・ランチ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/17564553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 調子に乗って中欧へ 雪・雪・雪の白川郷 >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳