パソコンで遊びたいなぁ~!

ヒッチコック マーニー

ヒッチコックシリーズ最後の作品は1964年のマーニーです。
これは当時あんまり評判が良くなかったみたいですが何ででしょうね。まあいろいろな捉え方があるのでしょうね。

何と言っても人気ナンバー1の ショーン・コネリーと"鳥"で主役に使ったティッピ・ヘドレン の共演映画です。
007 ドクター・ノオ(「007は殺しの番号」改題)Dr. No(1962年)
007 ロシアより愛をこめて(「007 / 危機一発」改題)From Russia with Love(1963年)
007 ゴールドフィンガー Goldfinger(1964年)

丁度この頃ですが、ショーン・コネリーが流石に素敵なのにはびっくりしました。ボンドシリーズの合間によくぞ出演したなと驚きですが、それだけ当時のヒッチコック作品は魅力的だったんでしょうね。

b0078675_1014328.jpg


この映画、私は見ていないと思い込んでいたのですが、ラストのシーンですっかり思い出したのです。
でも・・・でも・・・・ショーン・コネリーの事はまるで記憶には無かったのは何故?????。
こうやってシリーズ物を続けて見ても忘れているシーンがたくさんあって、人間の記憶もたいしたことがないと改めて感心したり、がっかりしたり・・・・・。ただ、この時代は今ではレトロなんだけど、古き良きアメリカと言う印象があって、私は大好きです。大きな旅行かばんも滑車が無く、さぞかし重たかっただろうなと余計な心配をしています・・・・(笑)

b0078675_10211352.jpg

(今回はしっかり体系が分かりますね。)



このお二人まだ現役なのでほっとしているのですが、昔の面影は・・・・・。
ちなみに88年、「ワーキング・ガール」でアカデミー主演女優賞にノミネートされたメラニー・グリフィスはティッピ・ヘドレン の長女。
[PR]
by ma-kom | 2010-05-07 10:40 | お気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mako3.exblog.jp/tb/13265158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 魔女の行方?? サイコ 最高~! >>



今年はどんな一年になるのかな?
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳